スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入

Gitとは分散リポジトリという形のものらしいです。
ぶっちゃけ調べてみたもののいまいちよく分かりませんでしたw
たぶん1ユーザーレベルじゃ大して変わらないのかな?パッケージ管理者にはメリットありそうな感じも。
Gitの解説はここがわかりやすそうでした。(でもいまいち分からんかったけどw
http://b4.x0.com/hiki/?Git

なぜこれを?というのは、PHCの存在を知ったフォーラムのトピックでこちらのカーネルソース使ったら少し起動早くなったよーと教えていただいたので。
手順的にはほぼ前回と変わらず。取り寄せるとこと使うツールがちょっと違うだけですね。

まず必要なツールとカーネルソース取り寄せます。

$ sudo apt-get install build-essential kernel-package fakeroot makedumpfile git git-core ncurses-dev
$ git clone git://kernel.ubuntu.com/ubuntu/ubuntu-jaunty.git jaunty


ここでカーネルのDLに結構時間がかかりました。home/jauntyにDLされます。(2行めの最後変えれば任意のとこにDL)

移動してコンフィグファイルパクってきてmenuconfigでCPU制御モジュールにして再構築してインストール

$ cd jaunty
$ sudo -s
# cp /boot/config-2.6.28-11-generic ./.config
# make oldconfig
# make clean
# make menuconfig 

→ここでPower management and ACPI options --->
CPU Frequency scaling -->
*** CPUFreq processor drivers ***
に移動

<*> ACPI Processor P-States driver
 変更  ACPI Processor P-States driver
 変更 自分の使ってるCPU以外の*外す

# export CONCURRENCY_LEVEL=3
# fakeroot make-kpkg --initrd --append-to-version=-phc001 kernel-image kernel-headers
# cd ..
# dpkg -i ./*.deb



で、再起動。ここでまたもやfglrxの暴走でデスクトップ立ち上がらずw
RecoveryModeからRootで削除してログインしてCatalyst再インストールという(いつもの)トラブルがあったものの、何とか取り直してPHCインストール

$ cd DL/phc-k8_v0.0.92
$ make clean && make
$ sudo make install
$ sudo gedit /etc/modprobe.d/phc-k8

# To use the direct_transitions functionality of the phc-k8 driver,
# uncomment the next line:
options phc-k8 direct_transitions=1<ここの頭の#を外す


で、再起動。
うーむ。カーネル再構築も若干なれてきたぞ。

しかしこれでもBootChartの時間は大差なく・・・けどxconfigやってなくて同じならデバイス削れば早くなるんじゃね?
ということで
# make menuconfig のとこを
# make xconfig にして・・・
前回のごとく分からないなりにいくつか削除して再構築してみる。

結果・・・変わらず・・・OTL。
俺のとこじゃこれ以上はきついのか?
tmin-desktop-jaunty-20090429-2.png          tmin-desktop-jaunty-20090501-8.png          tmin-desktop-jaunty-20090501-11.png
前回のカーネル  Gitのカーネル  Gitのデバイス削ったの

微妙に変わってるけどこれくらいは誤差範囲だと思うしなー。。。
まぁ、今回は失敗っつーか成果なしということでw
xconfigの内容がもっと理解できるようになったらもう一回やってみよー。

関連記事
Boot chartでUbuntuの起動時間を測ってみる
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
Ubuntuで古いカーネルとかコンパイル失敗作のカーネルを削除するには
というわけでカーネルコンパイルツール(?)kernlcheckを試そうか
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。