スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Catalyst9.4 on Ubuntu9,04

9.04ではハードウェア・ドライバから導入できるVer.でいこうかと思ってましたが、結局誘惑に負けて最新版のCatalyst入れちゃいました。

インストール手順は以前と変わらないんですが一応
http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspxからLinux用CatalystをDL。
先に入っているドライバを削除(この手順はいらないかもですが、トラブル避けるために一応)

$ sudo apt-get purge xorg-driver-fglrx
$ sudo apt-get autoremove


(万全を期すならここで再起動した方がいいかも)
これで以前のCatalyst、ドライバ、関連パッケージは削除されるのでDLしたCatalystをインストール。
DLしたati-driver-installer-9-4-x86.x86_64.runを置いてあるディレクトリに移動して

$ chmod 744 ati-driver-installer-9-4-x86.x86_64.run
$ sudo ./ati-driver-installer-9-4-x86.x86_64.run


でGUIのインストーラーが起動します。
ccc.pngInstall Driver・・・を選択
ccc2.pngライセンス同意
ccc3.pngAutomaticを選ぶと関連パッケージも自動で入れてくれます。
ccc4.pngExitで終了して再起動。

うまく行ってればアプリケーションにATI Catalyst Control Centerが普通のとSuper Userの二つ追加されてるはずです。
Screenshot-Catalyst Control Center#160;ちょっと項目増えたかな?
とりあえず発色が若干よくなった感じ。
あと俺の環境ではログイン後デスクトップが立ち上がる時間が早くなりました。でもこれは再構築したカーネル使ってるから出てた症状だったしなぁ。

以前8.10で最新のCatalyst使っててXがまともに起動しなくなることが何度かありましたので、ご利用は自己責任で。不具合出る確率はかなり高くなります。たいていはドライバ削除して再起動してからCatalyst再インストールで復帰できるとは思いますが。

関連記事
UbuntuにCatalyst2 ~Catalyst8.12にVer.up~
Catalystトラブる→フォーラムに助けられる→Xfixに助けられる
またATIか!! Ubuntu9.04βのX.org Crush&Recovery
RecoveryModeからCatalyst再インストール
なぜか安定してきてたUbuntuだったけどPPAの最新のX関連パッケージを試す
Ubuntu9.04にCatalyst9.7入れてはみたものの・・・
Ubuntu9.10にCatalyst9.12
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。