スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04

Ubuntu9.04がどうもちょっともっさりしてるというか操作が反映されるのに微妙に間がある感じ。
アプリ起動時とかにちょっと遅れてクロックが上がってるみたいなので、powernowdの設定でレスポンスいじれないかと思って調べてみました。

powernowdの設定 老眼palmさんを発見。けっっこういじれるっぽいです。

とりあえず-hでオプション確認。

$ sudo -s
# powernowd -h
PowerNow Daemon v1.00, (c) 2003-2008 John Clemens
Daemon to control the speed and voltage of cpus.

This is a simple client to the CPUFreq driver, and uses
linux kernel v2.5+ sysfs interface. You need a supported
cpu, and a kernel that supports sysfs to run this daemon.

Available Options:
-h Print this help message
-d Don't detach from terminal (default is to
detach and run in the background)
-v Increase output verbosity, can be used more than once.
-q Quiet mode, only emergency output.
-n Include 'nice'd processes in calculations
-m # Modes of operation, can be 0, 1, 2, or 3:
0 = SINE, 1 = AGGRESSIVE (default),
2 = PASSIVE, 3 = LEAPS
-s # Frequency step in kHz (default = 100000)
-p # Polling frequency in msecs (default = 1000)
-c # Specify number of threads per power-managed core
-u # CPU usage upper limit percentage [0 .. 100, default 80]
-l # CPU usage lower limit percentage [0 .. 100, default 20]



この-uがクロックアップの負荷率、-lがダウンの負荷率みたいです。
この辺をいじってやれば好みの設定に変わってくれそうです。
-u default 80はデフォルトじゃ80%の負荷率で上がるってこと。
まずはここをちょっと下げ。

# powernowd -u 60


ConkyとパネルのCPU周波数モニタでのクロック変化と体感レスポンスを見ながら。
ウェブブラウジング・動画再生・アプリの立ち上げなんかが普段の用途なのでこれらを適当に繰り替えしてみます。
これでサクッとクロック上がるようにはなったけど上の方のクロックに張り付いてしまう感じが・・・

そこでダウンの方の負荷率をちょっと上げ。

# powernowd -l 30


お、かなりいい感じになってきました。

さらにレスポンスを高めるため秒数を縮めてみます。

# powernowd -p 500


こ・れ・はwwちょっとめまぐるしくクロック変化しすぎw

# powernowd -p 700


これでかなり俺好みになりました。サクッと最大まで上がって負荷落ちればすぐ下がり、かつ動画再生時は中間クロックでほぼ安定という感じ。
逆にクロック変化を少なくしたいって人は-uを上げ、-lを下げ、-pを大きくの方向でいじってやればよいかと。

起動時というかpowernowd起動時にこの設定を読み込んでくれるように設定ファイルに書き加えます。

# gedit /etc/default/powernowd


OPTIONS="-q -u 60 -l 30 -p 700"
これで起動時にそのままオプション設定でpowernowdが動いてくれます。

ほんとはそれぞれのステップごとにちょっと設定変えたかったんですがそれは無理っぽい感じなので、これで行くことにしましょう。

追記
/etc/default/powernowdにオプション入れても起動時に読み込んでくれない?
どうやらログイン後に# /etc/init.d/powernowd restart すると反映されるっぽいです。


関連記事
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
8.10でconky起動
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。