スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)

UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!ではかなり強引かつアバウトな部分が少なからずありましたのでw

手順などはそのままですが、カーネル再構築しなおして設定し直してみました。

まずカーネル再構築時に
# make xconfig
これで不要なデバイスを削除していきます。
俺の場合はIntelのCPU系いくつかとワイヤレスLAN(有線LAN オンリーなので)
ここの設定項目は膨大な数があるんですが、8割がたよく分かりませんww
詳しい方はもっと攻められるんでしょうが、分からない項目はいじらないのが無難です。
実はこれ、# make menuconfig のGUI版なだけです。menuconfigだと端末上で設定するんですが、GUIの方が色々分かりやすいので、いじりたい方はxconfigの方がいいかも。

で、コンパイル&インストール。
ここで出てたエラー↓

しかしここで問題発生。imageのほうがインストール失敗。またかよ!
エラーメッセージをよく読むと/ver/lib/dpkg/info/linux-image-2.6.8.9.postinstの1186行がおかしいらしいです。またpostinstか!!
開いてみてみると。。。

if (-d "/etc/kernel/postinst.d") {
print STDERR "Examining /etc/kernel/postinst.d.\n";
system ("run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version "<ここ
    "run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version " .
"--arg=$realimageloc$kimage-$version " .
"/etc/kernel/postinst.d") &&
die "Failed to process /etc/kernel/postinst.d";
"run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version "


うーん。よくわからんけどifついてるし・・・削除してしまえw(大丈夫かどうかは知りませんw)


これはまたもや出てた訳ですが、こいつのせいで後々のUpdateにも悪影響が・・・
そしてこの部分全部削除したら今度はXが立ち上がらなかったりカーネルパニック起こしたりとww

というわけでさらにエラーメッセージをよく読むと、インストールしてGrubも設定してから/etc/postinst.dを読みに行ってるみたい。
そしてこの中のnVidiaなんちゃらってファイルが(スイマセンwエラー名コピるの忘れてました)/ver/lib/dpkg/info/linux-image-2.6.8.9.postinstを読みに行ってそこでエラーが出てると。
つか、俺のATIだしこのプロセス自体いらなくね?
というわけでもうnVidiaなんちゃらを削除。本当にこれでいいのかは知りませんw

で、これでエラーなくインストールは無事完了し、再起動し、PHCインストールして設定。
設定は仮ですが。
まずデフォルト。マイAth64x2 4800+は・・・

# cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
17:10 16:11 14:13 12:15 10:17 2:18


表示はクロック:電圧です。
電圧については前の記事に書きましたが、クロックが17 16 14 12 10 2となってます。
Read meによると frequency = 800MHz + (100MHz * fid) とのことで、
800Mhz+ (100Mhz x17)=2500Mhz という感じ。

というわけでとりあえず6段階のままやってみましょう。
段階数は増減してる記事があったので変えられるかもですが、WindowsのRMで不安定になった経験があるのでちょっとビビリ気味ですw
# echo '17:12 14:16 12:18 10:24 6:26 2:28'>/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls

これで2,5G:1.25v 2.2G:1.15v 2.0G:1.10v 1.8G:0.95v 1.4G:0.9v 1.0G:0.85v
となるわけです。
ちなみに0.8G駆動できないものかと試してみましたが範囲外とのことでエラー。範囲内なら自由に設定できそうです。
HTlinkを800Mhzに変えれば設定効くかも?
また、Black EditionならこいつでOCできるかもな感じですね。

個人的に負荷が高い作業時にはサクッと上まで回ってアイドルはガッツリ省電力ってのが好みなのでこんな感じで行ってみようかと。
これはいいものが手に入った。
カーネルコンパイル後のトラブル&リカバリーも大体分かってきたし(dpkgなら結構楽)、しばらくいじりたおすつもりです^^

追記
6段階もいらないので
# echo '17:12 14:16 10:24 2:28'>/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
にて運用中。安定してればしばらくこれで・・・



関連記事
UbuntuでC'nQ
UbuntuでCn'Qの続き
UbuntuにC'nQの続きの続き
UbuntuでCnQのさらに続編
懲りずにLinuxでCn'Q 9.04で再挑戦
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
Ubuntuで古いカーネルとかコンパイル失敗作のカーネルを削除するには
UbuntuServerの方のPHCカーネルでやはりpostinstエラー。復旧を試みる。
というわけでカーネルコンパイルツール(?)kernlcheckを試そうか
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
Debian squeeze にPHC導入してAthlon64x2 低電圧化
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。