スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!

やっと低電圧化に成功!!!!!といっても今回使用したパッチはPHCというもので別物です。
何気にフォーラム見てたらこんな情報が
* [Howto]JauntyJackalope(9.04) betaにPHCを導入する
これは今までの雪辱を晴らす大チャンス到来!?

早速http://www.linux-phc.org/viewforum.php?f=13からAMD用phc-k8_v0.0.92.tar.bz2をDLして開始。
http://www.linux-phc.org/viewtopic.php?f=13&t=67とくっついてくるREAD MEを参考に。

つかREAD ME見たらそのままインストールでおk?というわけで

$ cd DL/phc-k8_v0.0.92
$ make clean && make
$ sudo make install


しかし!
$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
でそんなファイルないよって怒られちゃいましたw

ここでファイルの中身と/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreqを見比べてpowernowdが必要なことにやっと気づきますww
powernowdに追加機能をつけるパッチなのね。そして9.04ではデフォルトでpowernowdじゃなくカーネル組み込みの機能で制御してるのね。だからカーネル再構築が必要なのね。
気づくのおせえよ俺・・・OTL。
気を取り直して・・・再構築。

$ sudo apt-get install build-essential kernel-package fakeroot makedumpfile linux-source ncurses-dev


あれ?前とちょっとパッケージ違うみたい。けどいいやw

解凍→リンク作成→configファイルパクってくる

$ cd /usr/src
$ sudo -s
# tar xvjf ./linux-source-2.6.28.tar.bz2
# ln -s ./linux-source-2.6.28 ./linux
# cd linux
# cp /boot/config-2.6.28-11-generic ./.config



モジュールで制御するようにカーネルの設定変更

# make oldconfig
# make menuconfig
Power management and ACPI options --->
CPU Frequency scaling -->
*** CPUFreq processor drivers ***
に移動

<*> ACPI Processor P-States driver
 変更  ACPI Processor P-States driver
 変更 自分の使ってるCPU以外の*外す


AMDを選択でM。他のとこはSpace押して空欄に。

# export CONCURRENCY_LEVEL=3


マルチコアならこれで再構築早くなるとのこと。2コアだから3に。

# fakeroot make-kpkg --initrd --append-to-version=-phc001 kernel-image kernel-headers


爆速で再構築完了。マジかよ。。。これ前から知ってれば・・・
ものの10分ほど?(ちゃんと測ってないけどw)
/usr/srcにdebパッケージが二つできるのでインストール。
なぜかkai-01になってる。。。前に作ったのの影響?大丈夫か??とおもいつつ先に進みます。
インストール

# cd ..
# dpkg -i ./*.deb


なんだけど・・・「Gdebで開く」でやっちゃいましたw

しかしここで問題発生。imageのほうがインストール失敗。またかよ!
エラーメッセージをよく読むと/ver/lib/dpkg/info/linux-image-2.6.8.9.postinstの1186行がおかしいらしいです。またpostinstか!!
開いてみてみると。。。

if (-d "/etc/kernel/postinst.d") {
print STDERR "Examining /etc/kernel/postinst.d.\n";
system ("run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version "<ここ
    "run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version " .
"--arg=$realimageloc$kimage-$version " .
"/etc/kernel/postinst.d") &&
die "Failed to process /etc/kernel/postinst.d";
"run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version "


うーん。よくわからんけどifついてるし・・・削除してしまえw(大丈夫かどうかは知りませんw)
"run-parts --verbose --exit-on-error --arg=$version "を削除して再インストール。成功です。
Grubのmenu.list見るとちゃんと追加されてたので手動で書き加えるのは必要ありませんでした。
というわけで新カーネルインストールは完了したので再起動で新しいカーネルで起動。

改めてPHCインストール。

$ cd DL/phc-k8_v0.0.92
$ make clean && make
$ sudo make install


You may want to edit /etc/modprobe.d/phc-k8 to let the driver use direct_transitionsとか書いてあるので見てみると・・・
デフォルトで使うには/etc/modprobe.d/phc-k8の

# To use the direct_transitions functionality of the phc-k8 driver,
# uncomment the next line:
options phc-k8 direct_transitions=1<ここ


3行目の最初の#を外して保存。
そして再起動。

これでやっと設定できるようになりました。設定開始!と思ったら・・・

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
cat: /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls: No such file or directory


うおい!!なぜ?ってpowernowdインストール忘れてたああああああああ!!!
新カーネルで起動したとこで入れとくべきです。が、ここでインストールw
入れるとすぐに動き出すのでそのまま設定開始(もう無茶苦茶w)

READ MEを見ると設定方法が書いてあるんですが、
frequency = 800MHz + (100MHz * fid)
fid = (frequency/100MHz) - 8
AMD X2 processor:
vid = 16 => voltage = 1550 - 25 * 16 = 1150mV
Vid = 24 => voltage = 1550 - 25 * 24 = 950mV
とのことで。1550mvを基準に25*設定した数字分引いたのが設定電圧になるらしいです。

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
17:10 16:11 14:13 12:15 10:17 2:18


でクロックが2.5 2.4 2.2 2.0 1.8 1.0(Ghz)で動いてるのでWindowsのCPUIDの設定を思い出しつつ(ほんとはテストしないとダメ)

# cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
10 11 13 15 17 18
# echo '12 14 16 18 24 28'> /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids


これで2.5G-1,25v 2,4G-1,2v 2,2G-1,15v 2G-1,1v 1,8G-0,95v 1,0G-0.85vになるはず。
て設定するとすぐ反映されるのね。

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +75.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp: +35.0°C
Core0 Temp: +24.0°C
Core1 Temp: +28.0°C
Core1 Temp: +18.0°C <この辺の温度かなり落ちてます

it8716-isa-0228
Adapter: ISA adapter
VCore: +0.86 V (min = +0.00 V, max = +4.08 V) <ちゃんと電圧落ちてます
VDDR: +3.42 V (min = +0.00 V, max = +4.08 V)
+3.3V: +0.00 V (min = +0.00 V, max = +4.08 V) ALARM
+5V: +5.11 V (min = +0.00 V, max = +6.85 V)
+12V: +12.42 V (min = +0.00 V, max = +16.32 V)
in5: +0.00 V (min = +0.00 V, max = +4.08 V) ALARM
in6: +0.00 V (min = +0.00 V, max = +4.08 V) ALARM
5VSB: +4.95 V (min = +5.99 V, max = +6.85 V) ALARM
VBat: +3.26 V
fan1: 1776 RPM (min = 3245 RPM)
fan2: 0 RPM (min = 3245 RPM)
fan4: 0 RPM (min = 0 RPM)
temp1: +26.0°C (low = -1.0°C, high = +127.0°C) sensor = thermal diode
temp2: +47.0°C (low = -1.0°C, high = +127.0°C) sensor = thermistor
temp3: +25.0°C (low = -1.0°C, high = +127.0°C) sensor = thermistor
cpu0_vid: +1.550 V


うーむ。快適快適。
途中力技が多々あったので不具合でないか多少心配ではありますがw
いざとなったら前のカーネルで起動すればよかろう。

これもしかしてクロックもいじれそう?ちょっとしばらく様子見ながら色々設定してみよう。


追記
どうやら昨日の時点ではmake cleanしてなかったので以前の残骸の影響が出てしまってたみたいです。
まともにコンパイルするとやっぱり一時間くらいかかりますね。。。再挑戦・・・


関連記事(かなり前の記事はなにやってるのかわかりませんがw)
UbuntuでC'nQ
UbuntuでCn'Qの続き
UbuntuにC'nQの続きの続き
UbuntuでCnQのさらに続編
懲りずにLinuxでCn'Q 9.04で再挑戦
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
Ubuntuで古いカーネルとかコンパイル失敗作のカーネルを削除するには
UbuntuServerの方のPHCカーネルでやはりpostinstエラー。復旧を試みる。
というわけでカーネルコンパイルツール(?)kernlcheckを試そうか
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
LinuxでPhenomのPStateを読み出すhw_pstate_ctrl.py
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
Debian squeeze にPHC導入してAthlon64x2 低電圧化
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。