スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

BackTrack4を(少しでも)使いやすくしてみる

BackTrack4を少しでも使いやすくする設定とか不具合回避とか。

初期ではgeditも入ってないのでファイルの編集にはviしかないんですがこれは使いにくいというか慣れが必要。
ConsoleModeのときにまんま編集するにはいいんですが。

root@bt:~# apt-get install gedit



Ubuntuの/homeからconkyの設定ファイルをパクってきて同じ表示にしたところでCPUクロックが変わってないことに気づく。Powernowdが入ってないのでクロック制御してなかったっぽいです。

root@bt:~# apt-get install powernowd



インストール時にコピーし忘れたのか仕様なのかストレージは手動マウントが必要です。
/mntがないので作成。

root@bt:~# mkdir /mnt


/mnt/に各デバイスのマウントポイント作成

root@bt:~# mkdir /mnt/sda*


実際にマウント。

root@bt:~# mnt /dev/sd* /mnt/sd*


起動時に勝手にやってほしいときは/etc/fstabに書き加えればおk。

root@bt:~# gedit /etc/fstab
/dev/sda1 /mnt/sda1 ext3 auto,noatime,users,suid,dev,exec 0 0 # AutoUpdate
/dev/sda2 /mnt/sda2 ext2 auto,noatime,users,suid,dev,exec 0 0 # AutoUpdate
/dev/sda5 /mnt/sda5 ext3 auto,noatime,users,suid,dev,exec 0 0 # AutoUpdate
/dev/sda6 none swap auto,defaults,pri=1 0 0 # AutoUpdate
/dev/sdb1 /mnt/sdb1 ntfs-3g auto,noatime,users,suid,dev,exec,locale= 0 0 # AutoUpdate
/dev/sdb2 /mnt/sdb2 ntfs-3g auto,noatime,users,suid,dev,exec,locale= 0 0 # AutoUpdate


俺の場合は。

ネット接続に毎回ログイン時に/etc/init.d/networking startがめんどいのでこれも勝手にやってくれるように

root@bt~# update-rc.d networking defaults



で、前回BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したりでドハマったUpdate。
とりあえずアップデートエラー
W: GPG error: http://ppa.launchpad.net intrepid Releaseで鍵がどうこう言われるエラーについてはUbuntu8.10と同じ回避方法。
http://ubuntu.studiomohawk.com/400/quickpost-gpg-error-ppalaunchpadnet-intrepid-release/でZipでスクリプト配布してくれてるのでDL。
解凍

root@bt:~# unzip launchpad-update.zip
Archive: launchpad-update.zip
inflating: launchpad-update


実行

root@bt:~# ./launchpad-update
Please select one of the following:
--
- hardy
- intrepid
- jaunty
--
Example: sudo ./launchpad-update intrepid


と言われてしまったのでオプションで。BT4は8.10ベースだし。

root@bt:~# ./launchpad-update intrepid
Release: intrepid
Please Wait...
OK



で、/etc/apt/sources.listの先頭に#ついてるリポジトリを片っ端から#削って解除w

root@bt:~# apt-get update


エラーが出たものだけ#つけなおし。(こんな適当でいいのかな?

root@bt:~# apt-get update
root@bt:~# apt-get upgrade
root@bt:~# apt-get autoremove


絶対KDEが壊れるので先にFixスクリプトDLしておく。

root@bt:~# wget www.offensive-security.com/fix-kde.sh



で、リブート。案の定startxすると砂嵐のようなw
Alt+Ctrl+Backspaceで一旦ログアウト

root@bt:~# cat fix-kde.sh
root@bt:~# bash fix-kde.sh
root@bt:~# startx


どうやら今回はうまく行ったらしい。

でもKDEがUpdateされたらいくつかの項目がメニューから消え去ってしまいました・・・
あと端末からinnstall -f &&autoremoveしても解決しなかった保留がSynapticでやったら解決とか。
うーむ。よく分からない・・・
使いやすさならUbuntuにパッケージ追加した方がいいかもですね。NessusとかSnifferとか簡単にインストールできるしMetasploitもLinux用配布してるし。
BT3に変えようかな。Slackware難しいけど。

関連記事
liveCDの部屋でbt3-final-jpが出てた
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したり
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
BackTrack 4 Pre Final が出てたし。
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
BackTrack4の日本語環境のためにUbuntu8.10の日本語セットアップヘルパ
BackTrack4 Pre Finalの日本語入力やらサウンドやら
BackTrackは決してLinux入門には適さない。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。