スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

BackTrack4 ブートUSBの変更保存

花粉症がひどすぎてここ最近何もする気が起きなかったす・・・

すいませんがちょっと前にやってみたこれ。3の方は記事にしてたけど4の方は何も書いてなかった?
ま、3も4も大して変わらないんだけどねw

参考にしたのはここ。
http://www.infosecramblings.com/backtrack/backtrack-4-usbpersistent-changesnessus/

とりあえずUbuntuからの作業。(Winでもいけるとおもいます)
まずはUSBを2つのパーティションにわけます。
4GのUSBを1.5Gと残りくらいにしときました。
で、1つ目をFAT32でフォーマット→システム用
2つ目をext2でフォーマット→保存用

で、UnetBootinで1つ目のFAT32なパーティションにBT4.isoを入れます。
これでUbuntu上での作業は終わり。で、USBからBackTrack4を起動。

boot/isolinux/isolinux.cfgを開いて・・・
LABEL BT4を探せって書いてあったけどそれしかねえじゃん。。。
root=/dev/ram0 rw quietってとこにchanges=/dev/sdx2ってのを足せばいいらしい。

root=/dev/ram0 changes=/dev/sdc2 rw quiet

 (cってのは俺の環境なんで自分の環境にあわせて割り振ってください)
んでext2な2つ目のパーティションにchangesってフォルダ作ればおk。
んー。BT3と変わらないですね。

しかし再起動かけたら保存されてねえ・・・sdc2にできるはずのシステムファイルのコピーみたいのもできてねえ・・・なぜだ!!
とりあえずこれはMENU LABEL BT4 Beta - ConsoleとMENU LABEL BT4 Beta - Console no FB両方同じようにchanges=っての足したら解決できました。
最後の方はよく分からないことになってしまいましたがとりあえず成功っと。

関連記事
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが
liveCDの部屋でbt3-final-jpが出てた
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
Metasploit FrameWorksが怖すぎる件
BackTrack 4 Pre Final が出てたし。
成功!BackTrack4 PreFinal 変更保存できるUSBはPersistenceの機能でおk。
BackTrackは決してLinux入門には適さない。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。