スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが

4になってもあいかわらず難しいです。Ubuntuベースとか言う話だったので親切設計になるのかと思いきや全く・・・。いや、ベースが同じとは思えないです。
まあそれが面白いところではあるんですが。
とりあえずLiveUSBで起動からネット接続まではできるようになったのでその辺を。

イメージはここからDL。BackTrack4のブログ。
http://backtrack4.blogspot.com/2009/02/backtrack-4-beta-public-released.html
英語得意な人はここの他の記事見てけば普通に使えるかも?俺の乏しい英語知識じゃ部分部分しかw

ISOが854MBと微妙にCD-Rに収まらないです。なんだよこの微妙なサイズ・・・
なのでというわけでBackTrack3のブートUSB作成で使ったUnetBootinを使って1GのUSBメモリをLiveCD代わりに使うことにしました。(もちろんDVDに焼けば普通にLiveDVDができます)

UnetBootinはここからDL。
http://unetbootin.sourceforge.net/
Linux上で使うにはファイル右クリック→プロパティで「アクセス権」のとこの「プログラムとして実行可能にする」にチェック入れればおk。($ chmod +x ./unetbootin-linuxでもいいと思います。たぶん)
で、ダブルクリックで起動します。管理者パスワードは必要です。

つか前回の記事でちゃんと使い方書いてなかったのね。。。俺。。。

Screenshot-UNetbootin.png今回はあらかじめDLしたISO使うのでDiskimageにチェックしてファイル参照でBackTrack4.isoを選択。

Screenshot-UNetbootin-1.pngCD-Rの代わりに使うUSBメモリ選択。あとはOK押せば書き込みが始まります。
前回はDLもこれでやったんですが、DL済みのISO使うとあっけないほど早いです。

終わったらReboot。で、BIOSでこれ入れたUSBを1st bootに持ってきてF10。
これでUSBがLiveCD代わりになって起動するはず!

起動画面はあまり変わってませんでした。選択肢が減ってるけど普通にDefaultでOKです。
起動自体は3に比べて驚くほど早くなってました。
しかし困難はこの後に・・・

snapshot4_convert_20090313184048.png3の時と同じくユーザーroot パスtoor #startxでログイン。デスクトップの動作はサクサクです。

だけど・・・ネットにつながらない。。。FireFox全くダメ。せっかく3.0.5になってるのに・・・
再起動でUbuntuで調べるとネットワークマネージャーがどーのこーのという記述があったので再挑戦。
# /etc/init.d/NetworkManager start
これで右下のネットワークマネージャーがアクティブになって・・・という話でしたが
snapshot5_convert_20090313184113.pngわけがわかりません><

もう一回Ubuntuのほうで調べてみると
# /etc/init.d/NetworkManager startは無線LANのセットアップのとき?みたいです。
# /etc/init.d/networking start
こっちでネットワーク接続してくれるらしい。

というわけで再々チャレンジ。ログインしてコンソールから
# /etc/init.d/networking start
お、DHCPがなんちゃらmacがなんちゃらと表示されてます。これはいけたっぽいぞ。

snapshot7_convert_20090313184153.png成功でした。FireFoxは無事表示されました。ちょっと表示が重いか?まあその辺は本格インストールするなら後でどうにでもなるか。

snapshot6_convert_20090313184242.pngBT4で使えるようになるということだったsynaptic。
コンソールで# synapticで起動。
Slaxのアプリ管理はかなり難しくて(lzmをコピーとか何とか)よくわからなかった俺にはsynaptic使えるはかなりありがたいです。

こうしてみるとLinuxのなかでもUbuntuがすごく親切設計だということをひしひしと感じます。
BT3は普通に起動するだけでネット接続OKだったのになぜ変えたのだろう?
ちなみにHDDインストールはあいかわらずGUIなんか用意されてはおらずコマンドラインからHDD切ったりディレクトリ作ったりブートメニュー書き換えたりしなきゃいけないらしいです。
http://backtrack4.blogspot.com/2009/02/release-in-321.htmlにインストールガイドは用意されてました。英語だけど。

うーむ。もうちょっといじってみて俺でも使えそうな感じならHDDに入れてみるのも面白いかも。


関連記事
VMwarePlayer on Vistaで遊ぶ ~BackTrackインストール~
というわけでVMware on VistaのBackTrackのFireFoxの日本語表示
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
liveCDの部屋でbt3-final-jpが出てた
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
Metasploit FrameWorksが怖すぎる件
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
成功!BackTrack4 PreFinal 変更保存できるUSBはPersistenceの機能でおk。
BackTrackは決してLinux入門には適さない。


関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。