スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

というわけでBackTrack3のブートUSB作成

すごくてこずったわりにほんとはすごい簡単な事だった。。。
まずBackTrack3_USBってのをDL。通常のLiveCDとちょっと違うらしくISOファイルが750MBくらいあって微妙にCD-Rに収まりきらない・・・OTL

ということでUNetBootinってのを使おう。
こいつはLiveCDに焼かずにHDDとかUSBに保存したのからLiveCDと同じように起動できるようにしてくれるって優れもの。
http://unetbootin.sourceforge.net/
Windows版もLinux版もあります。

よくよく調べてみるとブートローダーがいじられるようなので今回はDL先をUSBに。
こいつは要はブートローダーインストールして保存したISOの中身から起動できるようにするってことみたい。
なので起動後そのままHDDにインストールしてデュアルブートにするならHDDに保存でOKでしょう。たぶん。(OSインストール時にGrubなりLiloがインストールされるから)
俺はHDDのほう今の環境キープしたかったのでUSBに保存しただけ。
Screenshot-UNetbootin-1.pngOS選んで下の方で保存先選択。

Screenshot-UNetbootin.pngDLが初めります。

一応ネットインストールなんかもできるらしいけど先にDLしといた方が色々後で楽かも。

まあDLは時間かかるのでまったりと・・・
で、1Gの方のUSBに保存したのでこいつからブート。BiosでRemovableを1stBootに選択して・・・
あれ?普通に起動しやがったぞw
Removableの中の優先順位の問題化思ったが、ここFDDしかないぞ。。。

いやいや、よくよく見てみるとUSBはHDDと同じとこで認識されてるじゃん。。。何たる初歩ミスw

ということでHDDの起動順位でこのUSBを1stに持ってきて起動。OK.
この時点でこのUSBがLiveCDと同じ中身になってて、LiveCDから起動したのと同じ状態になってる・・・はずです。


さて、次は4Gの方にBackTrackをインストールします。
BackTrackのパーティショナーで4GのUSB(sdd)を2つに分けます。
sdd1 1,5G をFAT32でフォーマット
sdd2 残り2Gちょいをext2でフォーマット。最初ext3でやっちゃったら認識してくれませんでしたw
このsdd2にchangesってフォルダ作成。
boot>syslinux>syslinux.cfgを編集。

LABEL pchanges
MENU LABEL BT3 Graphics mode with Persistent Changes
KERNEL /boot/vmlinuz
APPEND vga=0×317 initrd=/boot/initrd.gz ramdisk_size=6666 root=/dev/ram0 rw changes=/dev/sdd2 autoexec=xconf;kdm


これでBackTrack上の変更保存フォルダができて変更が保存されるようになるってこと。

で、システムの方。BT3とBootをsdd1にコピーしてBootinst.batを実行して・・・とかなんとか英語サイト見ながらBackTrack上でやってたんですが何やらよく分からないエラー。
http://uploads.blip.tv/file/594903
ここ見てたんだけどね。。。あ、当然その時のFireFoxといったらもう文字化けするわFlash見れねえわw

いつものごとくエラーを気にせずリブートしてみてもやはりダメ。。。
で、Windows起動して調べてたらどうやらそんな難しいこといらないみたい?
FAT32のsdd1にISOの中身(今回は1GUSBの中身)をコピーしてbootinst.batを実行するだけ?
まあとりあえずやってみようか。と/boot/bootinst.batをダブルクリックで実行。
ほぼ一瞬で終わり。というか、え?これってもしかしてBootフラグ立てただけ?

ということは・・・最初からパーティション切ってUNetBootinでDLの保存先ここにしとけばそれでOKだったってこと??
なんという無駄努力・・・OTL


はい。結果的にリブートしてUSBから起動するとちゃんとできました。そしてさっきの1Gからブートしたときと同じ画面。
やっぱりそういうことか・・・
結論、BackTrackのブートUSBはISOの中身コピーしてブートフラグ立てるだけ。
パーティションさえちゃんと切れてれば簡単みたいです。
結局LiveCDの延長みたいなもんなので起動も時間かかります。
パフォーマンス追求して本格的に使うならHDDにいれたほうがよさげ。
でも今の環境変えずに気軽に試すにはUSBブートは結構いい感じですね。

起動はUSBメモリーをBIOSで選択
Boot画面での選択でBT3 Graphics mode with Persistent Changesを選ぶ
これでsdd2にhomeなどが作られて保存が可能になります。


関連記事
VMwarePlayer on Vistaで遊ぶ ~BackTrackインストール~
というわけでVMware on VistaのBackTrackのFireFoxの日本語表示
USBメモリ買ってきたのでとりあえずhdparmで速度測定
セキュリティツール満載のnUbuntuってのがあるらしいのでVirtualBoxで試してみた
Gmount-ISOでISOイメージファイルをマウントして普通のファイルみたく扱う
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが
liveCDの部屋でbt3-final-jpが出てた
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
Metasploit FrameWorksが怖すぎる件
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
BackTrackは決してLinux入門には適さない。



関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

886:Re: No title
>最初に1GのほうにUNetbootinをDLして・・・それからどうすればいいんでしょう・・・orz
この状態で1GのUSBがすでにブート可能なUSBになりますよ。
ただし、この状態ではブートするだけ。変更が保存されないのですね。

で、変更保存を可能にするには・・・
8Gのほうを2つのパーティションに分けます。1.5/6.5くらいでいいかと。
で、先頭の1.5GのパーティションをUnetbootinで指定して、ここにISOをインストール、というか焼きます。
2つめの6.5Gなパーティションはext2でフォーマット→これを保存用領域に当てます。

で、このUSBから起動して、
boot/isolinux/isolinux.cfgを開いて、LABEL BT4を探して
root=/dev/ram0 rw quietってとこにchanges=/dev/sdx2ってのを足せばいいらしいです。(このsdxってのは環境に応じて、sdbなりsdcなり、この8GのUSBの二つめのパーティションを指定。
で、うちの環境では
MENU LABEL BT4 Beta - ConsoleとMENU LABEL BT4 Beta - Console no FB両方同じようにchanges=っての足したら解決しましたよ。

http://www.infosecramblings.com/backtrack/backtrack-4-usbpersistent-changesnessus/
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0002?skip
基本的にはPersistenceという機能を使うことになるのかな?ご参考までに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。