スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Vistaでも仮想デスクトップ導入 ~WinDeskWide~

久々にVistaを起動したのでついでにVistaでも使える仮想デスクトップのフリーソフトを探してみました。
候補に挙がったのはVirtual DesktopWinDeskWide
両方機能は似てます。まだ使い始めたばっかなんでもしかしたら設定次第でもう少し使いやすくできそうな気もしますが。

最初に入れたのはVirtualDesktop。インストールして起動するとタスクトレイにアイコンが。
で、アイコンにカーソル合わせると今あるデスクトップ全体がポップアップされてそこから切り替えが可能。
タスクが仮想デスクトップごとに別々になっちゃうのね。。。
option.jpgoptions2.jpg
オプション設定でいろいろ変えれるんですが・・・・ここでホットキー設定しようとしたらなぜかエラー。。。
うーむ。。。
http://e405.net/blog/?itemid=447
ここ見るとほんとにCompizみたいに使ってるのに。。。

というわけで1回アンインストールしてもうひとつのほうWinDeskWideを入れてみました。
こっちはインストール不要。ZipをDLして.exeクリックでそのまま起動。
タスクトレイに1ってあるアイコンが出てきます。
で、Wide.jpg右下に小さく切り替えボタンが出てるのわかるでしょうか?
これかタスクトレイのアイコンクリックで簡単に切り替え可能。
残念ながらこっちもデスクトップごとにタスクは別々。Compizみたいにウィンドウ引っ張ってって移動するみたいな使い方できれば最高なのに。。。

でもやっぱ単純な分こっちのほうがエラーが出ないし切り替えも楽です。
まあこのあたりは慣れとか普段使いの癖次第で使いやすさが変わってくると思うのでどちらを選ぶかはほんとに好みの問題だと思いますが。

いやいややっぱ仮想デスクトップあるとないとじゃ大違い。
Compizがよくできてたぶんどうしても比べちゃいますがその辺も慣れの問題だと思います。
いくつかのウィンドウ同時に開いてデスクトップ狭いなーと感じる方にはかなりおすすめ。
あ、当然どちらのソフトもフリーで、仮想デスクトップの数も設定可能です。
あと俺の環境じゃPCWizardとRainmaterがどこにも表示されるようにデフォルトでなってたのでこれも便利。サイドバーも大丈夫みたいです^^

関連記事
VistaのCatalystでCompizっぽく仮想デスクトップを作ってみる
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。