スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

SeaGate一部製品はもうファームウェア出てるよ

ちょww俺のHDD SeaGateなんだがwwの続きです。

SeaGateのHPにて製品毎のファームウェア公開されてます。
製品を選んでDownLoad。
俺のはST3500320ASなんで、選択したらなぜか2つ落ちてきましたw
MooseDT-32MBーSD1A.ISOとMooseDT-SD1A-2D-8-16-32MB.ISO。
違いがよく分からないんですが、2chでの情報では初期に公開されたファームはそれはそれで問題有&MooseDT-SD1A-2D-8-16-32MB.ISOで問題なくいけたって人が何人かいたみたいなんでこっちでw

とりあえずこれをCDに焼いて・・・できれば該当以外のドライブは外した方がいいとのことでしたがそのまま行っちゃいました。
怖い人はちゃんと外して、あと該当ドライブのバックアップもとっといた方がいいと思います。
まあ俺の場合最悪Ubuntuが死んでVistaオンリーになるだけなのでさして気にもせずww
SATAのモードをAHCIにしている人はIDE互換モードにしてから行うこと。とのことです。

CDからブートすると何か説明がたくさんでるけどF10でスキップできます。
その後A・B・Cで型式番号聞かれるのでA:ST3500320ASを選択。(違うモデルなら当然変わります)
で、ちょっと待つとPress any key なんたらかんたらと言うメッセージと電源入れ直してねみたいなメッセージが出るのでこれで再起動して終了。

Ubuntuでデバイスマネージャーで確認すると
Screenshot-Device Manager-1ん。ちゃんとSD1Aになってる。

ためしにHDDチェックツール smartmontools 使ってSMART情報を確認。

$ sudo /usr/sbin/smartctl -a /dev/sda



=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Seagate Barracuda 7200.11
Device Model: ST3500320AS
Serial Number: 9QM5HD6E
Firmware Version: SD1A
User Capacity: 500,107,862,016 bytes
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: 8
ATA Standard is: ATA-8-ACS revision 4
Local Time is: Thu Jan 22 18:36:00 2009 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

General SMART Values:
Offline data collection status: (0x82) Offline data collection activity
was completed without error.
Auto Offline Data Collection: Enabled.
Self-test execution status: ( 25) The self-test routine was aborted by
the host.
Total time to complete Offline
data collection: ( 634) seconds.
Offline data collection
capabilities: (0x7b) SMART execute Offline immediate.
Auto Offline data collection on/off support.
Suspend Offline collection upon new
command.
Offline surface scan supported.
Self-test supported.
Conveyance Self-test supported.
Selective Self-test supported.
SMART capabilities: (0x0003) Saves SMART data before entering
power-saving mode.
Supports SMART auto save timer.
Error logging capability: (0x01) Error logging supported.
General Purpose Logging supported.
Short self-test routine
recommended polling time: ( 1) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time: ( 113) minutes.
Conveyance self-test routine
recommended polling time: ( 2) minutes.
SCT capabilities: (0x103b) SCT Status supported.
SCT Feature Control supported.
SCT Data Table supported.

SMART Attributes Data Structure revision number: 10
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME FLAG VALUE WORST THRESH TYPE UPDATED WHEN_FAILED RAW_VALUE
1 Raw_Read_Error_Rate 0x000f 104 099 006 Pre-fail Always - 6816437
3 Spin_Up_Time 0x0003 094 091 000 Pre-fail Always - 0
4 Start_Stop_Count 0x0032 100 100 020 Old_age Always - 365
5 Reallocated_Sector_Ct 0x0033 100 100 036 Pre-fail Always - 1
7 Seek_Error_Rate 0x000f 069 057 030 Pre-fail Always - 8606539175
9 Power_On_Hours 0x0032 098 098 000 Old_age Always - 2165
10 Spin_Retry_Count 0x0013 100 100 097 Pre-fail Always - 6
12 Power_Cycle_Count 0x0032 100 100 020 Old_age Always - 303
184 Unknown_Attribute 0x0032 100 100 099 Old_age Always - 0
187 Reported_Uncorrect 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 0
188 Unknown_Attribute 0x0032 100 090 000 Old_age Always - 864
189 High_Fly_Writes 0x003a 100 100 000 Old_age Always - 0
190 Airflow_Temperature_Cel 0x0022 070 063 045 Old_age Always - 30 (Lifetime Min/Max 29/30)
194 Temperature_Celsius 0x0022 030 040 000 Old_age Always - 30 (0 6 0 0)
195 Hardware_ECC_Recovered 0x001a 021 019 000 Old_age Always - 6816437
197 Current_Pending_Sector 0x0012 100 100 000 Old_age Always - 0
198 Offline_Uncorrectable 0x0010 100 100 000 Old_age Offline - 0
199 UDMA_CRC_Error_Count 0x003e 200 200 000 Old_age Always - 0

SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged

SMART Self-test log structure revision number 1
No self-tests have been logged. [To run self-tests, use: smartctl -t]


SMART Selective self-test log data structure revision number 1
SPAN MIN_LBA MAX_LBA CURRENT_TEST_STATUS
1 0 0 Not_testing
2 0 0 Not_testing
3 0 0 Not_testing
4 0 0 Not_testing
5 0 0 Not_testing
Selective self-test flags (0x0):
After scanning selected spans, do NOT read-scan remainder of disk.
If Selective self-test is pending on power-up, resume after 0 minute delay.


エラー数はほとんど変わらないのね・・・

うーむ。。。近いうちに買い替えたほうがいいかもですね。。。



PCパーツ通販 e-tokka ドスパラソフマップクレバリー
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

30:海門タンは...
お互い海門製で苦労しますね...
うちはファーム対象外のCC1Gなので何もできない&それでも動作がおかしいので結局日立製1Tを買い直すはめになりましたよ。
やっぱりHDは信頼性が一番ですよね~
んでは~
31:Re: 海門タンは...
CC1Gは・・・ご愁傷さまです・・・
情報が錯綜してて公式からいまいちちゃんとした発表ないですしね。
これで海門信用失っちゃいましたねー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。