スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

自動車関連工場派遣ですが何か?

タイトルに反して真面目にかきますw

とうとう俺の派遣先でも週休3日の話が持ち上がってきました。
とはいえ問答無用で切られている他の派遣先よりは相当マシ方。
そして一応有休ある人は有休扱いにできるということなんで有休あまりぎみな俺はその中でもかなり恵まれているんでしょう。
また、小さいとこなんで結構融通を聞かせてくれてます。ありがたいです。
大きい派遣先では現場以外の人に裁量があるとこ多いので「この部署では派遣0でいこう」ということが上の方の人だけで決められちゃいます。これじゃあほんとに頑張ってきた人も適当にやってた人も一緒に切られてしまう。企業側としては仕方ない面もありますが残念な話ですね。

「派遣切り」というととても非道な扱いのように感じますが、とりあえずいろんな現状を知ってほしくてこのエントリ書いてます。反論もあるかと思いますが興味ある方は取り合えず最後まで読んでいただけるとありがたいです。また、俺の経験とまわりの派遣や正社員の話がもとなので、違う状況の人も多いかもしれません。そして、俺は実家暮らしなので危機が迫ってないというのもありますし、前職が管理職だったことから(といってもたいしたものではないですがw)雇用する側の視点も混じってます。

そもそも「派遣」というのは企業側の「とりあえず一時しのぎでも作業者が欲しい」と言うニーズと、派遣される労働者の「とりあえずただのバイトより安定した働き口が欲しい」と言うニーズが一致したからこそ生まれ、続いてきた制度です。ゆえにちょっと訳ありの人、数年間のつなぎとして働く人なんかが多いです。かく言う俺も、前職を退職したのち、多重債務からの脱却のため始めたのであり、(ほぼ)脱却した現在、将来の資格取得のためとその他諸々の準備や身辺整理のため常昼で残業少なめのとこにちょっと前に移動したという経緯です。
なぜこのような状況になってたかという詳しい経緯は伏せときますが、前職の待遇がかなり厳しいものだったということだけは言っときます。(ただ自己責任な部分がほとんどです)

さて、前に述べたように、「企業と派遣労働者のニーズが一致していた」と言うのは重要なポイントと俺は考えています。そして実際、2年前くらいは企業側は見込みある人の正社員登用に割と積極的でした。(企業にもよりますが)。俺もこの頃何度かお誘いがかかりましたが断っています。
つまり、今現在派遣の人というのは、このころに正社員になれなかった、なろうとしなかった、もしくは最近始めたという人が多いのではないでしょうか。(これも一概には言えません。状況にもよるのであくまで「多いだろう」ということです)
さらに企業としては利益を上げることというのは重大なテーマです。無理に雇用を保証して会社を潰しては元も子もないし、潰れなくとも多大な損害を出せば株主から責任追及されるでしょう。
つまり、単純な2択として「派遣切り」をする企業をせめるのは間違いであると言うことです。

ただ、派遣社員の現状として、「寮費が高く、また仕事がないなら寮を出なくてはならない」というのは重大なことです。自己責任な部分がある人も多いとはいえ、住居と職を同時に失えば、次の仕事も選択肢が非常に狭くなります。また、寮費が高いが故、そしてちょっと訳ありの人なら余計に「貯めるほどの収入がなかった」ということもあります。数ヶ月失職するのは致命的です。

ここで派遣の収入についても少し。実際の手取り月収というのは結構なもんです。派遣先の平正社員とさほど変わらないどころか、それより多いときもあります。基本日給月給です。日給x稼働日数+残業代・深夜手当てです。昼夜2交代、残業60時間くらいで手取りは25~30万くらい(派遣元・派遣先にもよります)。ボーナスがないというのが痛いとこですがw。あと昇級もないとこがほとんどです。
ちゃんとした派遣元なら雇用保険も一応あります。正社員と違うのは管理職になれない、昇給がない、責任も薄い、各種手当てが少ないといったとこでしょうか。作業者としてする基本作業は平正社員とほとんど変わりません。

これを踏まえて話を戻します。しかしこの収入があっても、寮費で5万以上とられるとこがほとんど。出稼ぎとしてやってる人には痛い話ですね。この状況でいきなり収入が途切れるというのはかなりきついことでしょう。俺も返済に追われてた数年前にこの状況になったらかなりきついことだったと思います。

しかし、選り好みしなければ働き口は結構あるというのも事実です。前職から派遣として働き始めるまでの間、工事現場系の仕事を数ヶ月やってました。不安定ですが仕事多い月は40万近く稼いだときもありました。今働き口がないのは工場です。他に目を向ければけっこうあります。バイト掛け持っても当面の生活費+αくらいは頑張ればいけますし。また、自己責任な部分がある人が多いというのも事実。全員をずっと支援するって言うのは無理だしすべきではないと思います。

ここで問題なのが、「住所不定無職」になってしまった人です。働き口探せばあるといっても「住所不定」で雇ってもらえるとこはほとんどありません。さらに、寮を出て自分で住むとこ探すとなると、敷金・礼金・保証人などの問題が出てきます。つまり、一度ここに落ちてしまうと這い上がるのが非常に困難と言うことです。(とはいえ、リゾートバイトや住み込みのパチンコ店、タコ部屋的な工事現場系の仕事は探せばないこともないですが)
このことが、派遣難民、ネットカフェ難民にとって最大の問題だと思います。
さらに年齢制限にかかる人の苦労は半端ないと思います。

俺が言いたいのはここです。「失職した人で働く気がほんとにある人に当面の住居と当面の仕事を提供する」システムが必要だと。雇用側でも自治体でも国でもいいと思います。
例えば人が欲しい雇用側が期間限定でもいいので寮(アパートとかでも)提供する条件で募集をかけ、その経費を全部ないし一部国や自治体が援助すればいいんではないかと。(企業側も中小はきついと思うんで)
ほんの数ヶ月の住居と最低限の収入があれば労働者側も考え方に余裕が出来、まともに自分の過去と未来を考えられると思います。
また、派遣として働いてきて、「周囲に仕事としての自覚がない」派遣社員も多々見ました。平気でしょっちゅう突発欠勤をくりかえし、仕事を覚える姿勢もない人たち。これは今後支援を充実させすぎてもつけあがるのみで本人にも社会にもためになりません。

本当に働く気がある失業者が職を見つけるための支援。これこそが求められてるものだと思います。
各々に状況があります。一概に企業を責めるのも派遣労働者を責めるのも間違いです。
大事なのは今何ができるか。

現状が一部でも伝われば幸いです。


追記として
一部自治体や一部企業などで支援が始まっているようです。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないととてもうれしく、有難く思ってます。
今後さらに広がってくれることを願ってます。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。