スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Linuxにコマンドはほんとに必須なの?

少なくともUbuntuに関しては「使った方が便利な時もあるが必須ではない」と感じている。

「Linuxって端末開いてコマンド打たなきゃいけないじゃない」という誤解 その1
1年前の記事だが最近読んできた。また、著名なUbuntuユーザーの方々のなかにも「Ubuntuを広めるためには極力コマンドを使わないべき」との主張は多い。
で、自分で使ってみて少し考えてみた。

Windowsにもコマンドプロンプトというものがあり、これがLinuxでいう端末に当たる。使ったことのある人は少ないだろう。例えば自分のIPを確認したいとき、ネットワークからインターネットオプション開いて・・・という手順がARP /A(/V)と打ち込めば一瞬で表示される。これはLinuxにおける端末と同じだ。
だがWindowsではGUIが発達しているため、ほとんどすべての操作をGUIで行えるようになっている。たとえそれが深いところの設定、例えばレジストリの編集であっても、レジストリエディタというものがあり、これをさらにわかりやすくするソフトもいくつか出ているため、GUIでの操作が可能になっている。

Linuxではよく手順をコマンドで解説される。しかし、そこにコマンドが必須かというとそうではないと感じる。説明も、その手順も、「コマンドなら一行で終わるからコマンドを使ってる」というのがほとんどだ。よく使われる「sudo apt-get install」とは「synapticで探してインストール指定して適用」という手順とまったく同じだし。

さて、このブログでも初心者のくせにたくさんコマンド使って、挙句に失敗している試みは多いわけだが(笑)、それぞれをよく考えると「日常用途においてコマンドが必須」な場面は少ないこともわかった。
各記事の試みにおいてコマンドを必須とする(もしかしたらGUIで迂回する手段はあるかもしれないが)のは、およそ普通の人々が「日常用途に限ってPCを使用するにあたっては必要としない」操作がほとんどだ。
具体的には、「公式にサポートされていない最新のドライバを適用する」、「ハードウェアのデフォルトの設定を変更する」といった試みばかりである。
確かにこれらの操作もWindowsなら「メーカーサイトからDLしてきてインストーラー起動してインストール」というGUI操作で終わるが、これはメーカーが圧倒的多数であるWindowsユーザーに環境を整えているからできるのであって、圧倒的少数でかつデストリビューションも多いLinuxにたいして同じだけのサポートを求めるのは難しい。RED HATのFEDORA向けパッケージはあるのにDebianのUbuntuのパッケージはない(変換なりコンパイルなりが必要)となっているだけの話だ。
そして、これらのことは少なくとも「通常のPCユーザーが日常的に必要とする操作」ではない。
Windowsですら、標準のドライバを使い、WindowsUpdateで通常ユーザーには事足りているはずだ。

さらにこれらの部分も今後変わってくると俺は見ている。
Windowsでレジストリエディタをさらにわかりやすくするための「いじくるつくーる」というフリーソフトがあるように、Linuxにおいても、今後ニーズが増えれば例えば「GUIで操作できるコンパイラアプリ」なんてのが生まれる可能性は高いと思っている(もうあったらすいません)。むしろこのあたりは、オープンソース・フリー・たくさんの人が自由に開発に携わっているといった面からもむしろ有利かもしれない。

通常用途として例えば「古めのノートPCにUbuntu入れてセカンドマシン」という使い方がある。
こういった用途を想定すると、普通に使うアプリは「追加と削除」から可能だし、「システム>設定」からほとんどの設定が可能である。synapticですら必須ではないとさえ思えてくる。
Linuxのハードウェア検出能力は高く、最初のインストールでほとんどのハードウェアは正しく認識され、サポートされる公式のドライバが適用され、あとはアップデートマネージャーからのアップデートで事足りる。
ここで多少のトラブルがあったとしても(わりとよくあるわけだがw)ここも「システム>設定」や各アプリの設定で何とかなることがほとんどだ。

つまり、「自作PCで最新機能や最大パフォーマンスを求める」「より素早く、軽く大量の処理を行う(大量のテキスト処理など)」といった用途ではコマンドが必須となる場面は多いが、「日常用途に限っては必須とはいえない」というのが現状正しい認識ではなかろうか?
そして「コマンドは使えると便利な場面は多いが、必須ではなく、使えなくとも何とかなる」といったところだと思う。

ならば、「興味ある人は覚えればいいし、ない人は無理して覚える必要はない」というのが結論だろう。つまり、コマンドに敷居の高さを感じてLinux導入にしり込みする必要はまったくないわけだ。

俺はいじり倒したいから覚えたいけどねw

関連記事
うぃん君とうぶん君が言い争ってます
今更コマンドを擁護してみるなど
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。