スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

UbuntuでC'nQの続きの続き

8.04同じエラー

解凍からやり直し
で、usrを管理者として開く>srcを端末に開く

/usr/src/linux# ln -s /usr/src/linux-source-2.6.24 /usr/src/linux


なぜかエラーでず

cp/boot/config-2.6.24-22-generic.config


がエラー。手動でファイラからコピーw

root@tmin-desktop:/usr/src/linux-source-2.6.24# patch -p1 < powernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patch


patching file arch/x86/kernel/cpu/cpufreq/powernow-k8.c
Hunk #2 succeeded at 50 with fuzz 1.
Hunk #4 succeeded at 95 with fuzz 2 (offset -19 lines).
Hunk #5 succeeded at 620 (offset -21 lines).
Hunk #6 succeeded at 644 (offset -21 lines).
Hunk #7 succeeded at 662 with fuzz 2 (offset -21 lines).
Hunk #8 succeeded at 698 (offset -21 lines).
Hunk #9 succeeded at 825 (offset -21 lines).
Hunk #10 succeeded at 919 (offset -31 lines).
Hunk #11 succeeded at 965 (offset -31 lines).
root@tmin-desktop:/usr/src/linux-source-2.6.24# patching file arch/x86/kernel/cpu/cpufreq/powernow-k8.c
bash: patching: command not found

??

root@tmin-desktop:/usr/src/linux-source-2.6.24

# patch -p1 < powernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patch
patching file arch/x86/kernel/cpu/cpufreq/powernow-k8.c


Reversed (or previously applied) patch detected! Assume -R? [n]

y


Hunk #2 succeeded at 49 with fuzz 1.
Hunk #4 succeeded at 79 with fuzz 2 (offset -19 lines).
Hunk #5 succeeded at 598 (offset -21 lines).
Hunk #6 succeeded at 621 (offset -21 lines).
Hunk #7 succeeded at 635 with fuzz 2 (offset -21 lines).
Hunk #8 succeeded at 650 (offset -21 lines).
Hunk #9 succeeded at 777 (offset -21 lines).
Hunk #10 succeeded at 868 (offset -31 lines).
Hunk #11 succeeded at 908 (offset -31 lines).

# make oldconfig


# gedit Makefile


EXTRAVERSION=.6-kaiに書き換え

# make-kpkg clean


# make-kpkg -initrd --revision=custom01 kernel_image


arch/x86/kernel/acpi/boot.c: In function ‘acpi_scan_rsdp’:
arch/x86/kernel/acpi/boot.c:611: 警告: '0' flag ignored with 精度 and ‘%X’ printf format
arch/x86/kernel/acpi/boot.c:611: 警告: format ‘%0.8lX’ expects type ‘long unsigned int’, but argument 2 has type ‘unsigned char *’

arch/x86/kernel/kprobes_32.c: In function ‘longjmp_break_handler’:
arch/x86/kernel/kprobes_32.c:729: 警告: 型が全く異なるポインタの比較でキャストを欠いています

block/cfq-iosched.c: In function ‘cfq_insert_request’:
block/cfq-iosched.c:1803: internal compiler error: Segmentation fault

kernel/power/console.c:15: 警告: ‘orig_fgconsole’ defined but not used
kernel/power/console.c:15: 警告: ‘orig_kmsg’ defined but not used

完全なバグ報告を送って下さい。
適切ならばプリプロセス後のソースをつけてください。
を見れば方法が書いてあります。
For Debian GNU/Linux specific bug reporting instructions,
see .
make[2]: *** [block/cfq-iosched.o] エラー 1
make[1]: *** [block] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-source-2.6.24' から出ます
make: *** [debian/stamp-build-kernel] エラー 2

うーむ。。。。。。。。。。。。。。

パッチ当てずXconfigもいじらずでも同じくここでエラーでした。
パッチが問題じゃないっぽいです。
8.10でも同じというとカーネルのVer.も関係ないのかな?

もうお手上げ・・・・・・・・・・!?




追記(11/30)
Biosの設定デフォルトに戻してやってみたらパッチ当てずに再構築はいけました。
これからパッチ当てて再構築&インストール&電圧設定・・・
明日か明後日には結果報告できるかも?です。



さらに追記(12/1)
コンパイル&インストールはとおり起動もOK。しかし一部起動時に謎のエラー?(起動自体は可能)
そして肝心の電圧調整は・・・反映されてません・・・・・・・・OTL
あぁ、もうちょいカーネルの知識つけたら再挑戦するかも?

↑は8.10。そして8.04がなぜかとても不安定に。。。
これを機に64Bit版でも入れてみようかな・・・


前記事
UbuntuでC'nQの続き
UbuntuでCn'Q
UbuntuでCnQのさらに続編
懲りずにLinuxでCn'Q 9.04で再挑戦
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。