スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

CakePHP2.6の初期エラーいろいろ解決

LMDEのlocalhostで動かしてた(そして放置していた)CakePHP2.6 をコンソールからあれこれしたりbakeしたりしようとして、新たにnginxのrootディレクトリにcakePHP配置して動かしたらエラーでまくり。

・今までおいてた/usr/share/nginx/html/においてたcakephpはディレクトリごと削除
・新たに/homeに解凍だけしておいてあったcakephpをcp-r
・新たに/usr/share/nginx/html/cakephp を chown -R www-data:www-data
・ついでにいじるとき管理者権限とかめんどいので chmod -R 777
・localhost/cakephpで動くようにしてたのでそのまま動くはず

とか思ってたら動くには動いたけどエラーでまくり。
1.Warning: SplFileInfo

Warning Error: SplFileInfo::openFile(/usr/share/nginx/html/cakephp/app/tmp/cache/persistent/myapp_cake_core_file_map): failed to open stream: Permission denied in [/usr/share/nginx/html/cakephp/lib/Cake/Cache/Engine/FileEngine.php, line 356]

Warning Error: _cake_core_ cache was unable to write 'file_map' to File cache in [/usr/share/nginx/html/cakephp/lib/Cake/Cache/Cache.php, line 328]


ブラウザからアクセスするとこのエラー。
原因はパーミッションとか何とか
CakePHP2.4.0からデバッグモードならファイルキャッシュ用フォルダを作る様になった
CakePHP2にあげてから度々目にするWarning: SplFileInfo::openFileの対処法

生成されたcacheの権限を確認してみると

$ ls -la tmp/cache/persistent/
合計 32
drwxrwxrwx 2 www-data www-data 4096 3月 29 12:30 .
drwxrwxrwx 5 www-data www-data 4096 3月 29 12:21 ..
-rwxrwxrwx 1 www-data www-data 0 3月 29 12:21 empty
-rw-rw-r-- 1 tmin tmin 43 3月 29 12:30 myapp_cake_core_cake_console_eng
-rw-rw-r-- 1 tmin tmin 43 3月 29 12:30 myapp_cake_core_cake_dev_eng
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 43 3月 29 12:37 myapp_cake_core_cake_dev_ja
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 4455 3月 29 12:37 myapp_cake_core_file_map
-rw-rw-r-- 1 tmin tmin 449 3月 29 12:30 myapp_cake_core_object_map


www-dataじゃなくてユーザー所有のファイルがいくつか生成されているようです。これが原因っぽい。
とりあえずの解決策1
cacheが生成されたあとでもっかいwww-data(CentOSならnginx)にしてやる

$ sudo chown -R www-data:www-data /usr/share/nginx/html/cakephp/
$ ls -la tmp/cache/persistent/合計 32
drwxrwxrwx 2 www-data www-data 4096 3月 29 12:30 .
drwxrwxrwx 5 www-data www-data 4096 3月 29 12:21 ..
-rwxrwxrwx 1 www-data www-data 0 3月 29 12:21 empty
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 43 3月 29 12:30 myapp_cake_core_cake_console_eng
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 43 3月 29 12:30 myapp_cake_core_cake_dev_eng
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 43 3月 29 12:37 myapp_cake_core_cake_dev_ja
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 4455 3月 29 12:37 myapp_cake_core_file_map
-rw-rw-r-- 1 www-data www-data 449 3月 29 12:30 myapp_cake_core_object_map


これでブラウザ上ではエラーが消えるけど、ユーザー権限で./Console/cakeとか走らせるとエラーが出ます。

$ sudo chmod -R 777 /usr/share/nginx/html/cakephp/


777多用が正しい対処とは思えないけどとりあえずこれで回避。

ちゃんと回避したいなら、上記リンクのようにキャッシュの設定時にmaskを066に設定とかしたほうがいいと思いますが、ローカルで立ち上げてていじってる分にはこれでも充分かと思います。サーバーに上げてて、ssh接続とブラウザからいじってるならばsu してcakeコンソール使えばいいのか?

2.タイムゾーンでエラー

It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /usr/share/nginx/html/cakephp/lib/Cake/Cache/CacheEngine.php on line 60


おっかしーなー、php.iniは編集してたはずなんだけどなぁ。
/etc/php5/fpm/php.ini

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = Asia/Tokyo


tyなんと設定されてるけどエラーが出てるので、cakePHPの設定のほうで何とかしてみましょ−。
CakePHPのダウンロードとインストール
上記リンクでは45行目とありますが、うちの環境(cakePHP2.6)では60行目でした。
「(CakePHPをインストールしたディレクトリ)\lib\Cake\Cache\CacheEngine.php」を開き60行目に「date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');」を追加

このへんにdate_default_timezone_set('Asia/Tokyo');」を追加します。


3.security.soltどうのこうの

Notice (1024): Please change the value of 'Security.salt' in app/Config/core.php to a salt value specific to your application [CORE\Cake\Utility\Debugger.php, line 807]


これは初回インストールと同じですね。
app/Config/core.php の223行目辺りから。

Security.saltの後の文字列、Security.cipherSeedの後の文字列をそれぞれ適当な文字列、数字列に変更すればおっけー。めんどかったら一文字変えるだけでもいいっぽいです。

4.これでcakeコンソール実行

/usr/share/nginx/html/cakephp/app$ ./Console/cake
Welcome to CakePHP v2.6.1 Console
---------------------------------------------------------------
App : app
Path: /usr/share/nginx/html/cakephp/app/
---------------------------------------------------------------
Current Paths:

-app: app
-working: /usr/share/nginx/html/cakephp/app
-root: /usr/share/nginx/html/cakephp
-core: /usr/share/nginx/html/cakephp/lib

Changing Paths:

Your working path should be the same as your application path. To change your path use the '-app' param.
Example: -app relative/path/to/myapp or -app /absolute/path/to/myapp

Available Shells:

[CORE] acl, api, bake, command_list, completion, console, i18n, schema, server, test, testsuite, upgrade

To run an app or core command, type cake shell_name [args]
To run a plugin command, type cake Plugin.shell_name [args]
To get help on a specific command, type cake shell_name --help


エラー消えてスッキリしました!!

関連記事
LMDE(Linux Mint Debian Edition)でローカルにサクッとLEMP(Nginx+MySQL+PHP)
LMDEにLEMP(Nginx+MySQL+php−fpm)でConcrete5.7β
LMDEのLEMPでCakePHP
Nginx+php-fpmで502とか504とかのエラーをなんとかしよう
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

CentOS7サーバー(さくらVPS)でssh公開鍵認証を使う

CentOS7に入れ替えていきなりLEMP環境整えたりCMS入れたりなんやかんややってましたが、最低限のセキュリティ対策はしときたいですよね(いまさら

というわけで、ssh接続を公開鍵認証に変えて、ユーザーの制限かけて、あとポートも変更してみましょう。ちなみにクライアントの方はLMDE201403。なので普通に端末からssh するとつながる感じですね。






1.パスワード認証をやめて公開鍵認証に変更する
何度かやってるんだけどいつもやってるわけじゃないので忘れちゃいますね。
sshでデフォルトポート変更& ssh-keygenで鍵生成
さくらVPSの初期設定

SSH接続の設定変更方法
鍵認証~公開鍵の登録とsshd_configの設定

・鍵ペアは接続側、サーバー側どちらで生成してもよし。
・id_rsaは接続側、id_rsa.pubをサーバー側のそれぞれ~/.ssh以下に配置して権限設定。
・ /etc/ssh/sshd_configを書き換えて公開鍵認証にする。

1−1.鍵ペア生成
今回はクライアントの方で生成。

$ ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/tmin/.ssh/id_rsa): /home/tmin/.ssh/sakura_id_rsa
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/tmin/.ssh/sakura_id_rsa.
Your public key has been saved in /home/tmin/.ssh/sakura_id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
b4:bd:1d:09:47:7a:72:5d:88:83:e4:bc:cf:04:1f:1c tmin@tmin-pc
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
| ...E. ..|
| o.+oo.. |
| . B *.. |
| . o X o |
| S o = |
| * . |
| . + |
| |
| |
+-----------------+


id_rsaは他の差バーへの接続で作っちゃってたので、ここでディレクトリと鍵の名前打ち込んで別名で作りましたが、初めてやる人は普通にそのまま作ればいいと思います。

1ー2.id_rsaの権限変更とpubの転送と権限変更
まずはクライアント側。

$ chmod 600 .ssh/sakura_id_rsa
$ scp .ssh/sakura_id_rsa.pub サーバーIP:~/


サーバー側にログインして.sshディレクトリ作って鍵の名前変えて権限かえて

$ mkdir .ssh
$ mv sakua_id_rsa.pub .ssh/authorized_keys
$ chmod 700 .ssh
$ chmod 600 .ssh/authorized_keys


クライアントの~/.ssh/(700)にid_rsa(600)、サーバーの~/.ssh(700)にid_rsa.pub(600)があるはずです。
これで鍵使う準備が出来ました。

1−3.sshの設定ファイル書き換え
サーバー側のsshの設定ファイルを書き換えて、パスワード認証から公開鍵認証にかえます。ついでにポートの変更とか、rootログイン禁止とか、ユーザーを指定するとか色々やってみます。

$ sudo emacs /etc/ssh/sshd_config


Port 22 →Port 22022 (ポート変更)

PermitRootLogin no (rootログイン禁止)

PubkeyAuthentication yes (公開鍵認証を許可(ssh2のみ))

AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys (公開鍵のファイルへのパス)

PasswordAuthentication no (パスワード認証拒否)

PermitEmptyPasswords no (空パスワード禁止)

AllowUsers tmin (接続許可ユーザー指定)

最後のやつだけ書き加えでしたね。ポートのところに注意書きとして

# If you want to change the port on a SELinux system, you have to tell
# SELinux about this change.
# semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp #PORTNUMBER


などと不安げなことが書いてあります。ので安全に行きたい方は、ポート変更は後回しにして他の設定だけ書き換えて鍵認証できること、rootログインできないこと、パスワードログインできないことなど、設定項目がちゃんと反映されてるのを確かめてからのほうがいいかもです。
sshd再起動

$ sudo systemctl restart sshd



2.ポート変更とかSELinuxのアレとかfirewallとか
ポートの変更自体はさっきの /etc/ssh/sshd_config でまず指定します。22じゃなければ大分減るらしいんだけど、10000南蛮までがポートスキャン対象って話も色々調べてたら見かけたので10022は避けてみました。いやーでもポートスキャンかけるくらいならけっこうな範囲調べられそうな気もするけど。

設定ファイルでのポート変更

$ sudo emacs /etc/ssh/sshd_config


Port 22 →Port 22022 (ポート変更)

# If you want to change the port on a SELinux system, you have to tell
# SELinux about this change.
# semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp #PORTNUMBER


もしSELinux使っててポート変えたいなら、 semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp #PORTNUMBER 走らせてSELinuxに変更をおしえてあげなきゃいけないよ、って。

$ sudo semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp 22022
sudo: semanage: コマンドが見つかりません


入ってないじゃん。。。
CentOS 7 で sshd のポートを変更する(firewalld, SELinuxの設定)
CentOS 7 で sshd のポート番号を変更する
semanage自体は policycoreutils-pythonというパッケージに入っているのでインストール。

$ sudo yum install policycoreutils-python


改めてsemanageでポート変更をおしえて(一応ここでsshd再起動して)確認。

$ sudo semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp 22022
$ sudo systemctl restart sshd
$ sudo semanage port -l |grep 22022
ssh_port_t tcp 22022, 22


もう一個確認

$ ss -t -l -n
State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port
LISTEN 0 100 127.0.0.1:25 *:*
LISTEN 0 128 *:22022 *:*
LISTEN 0 50 *:3306 *:*
LISTEN 0 128 *:80 *:*
LISTEN 0 100 ::1:25 :::*
LISTEN 0 128 :::22022 :::*


一応これでつながるはずだけど・・・Firewall有効にしてる場合はさらに設定が必要。

3.Firewallがなんかしてるかも
まだFirewallがあるんですね。
まずは現状確認。iptablesが動いてたら止める、自動起動からも外す、firewalldの状況を確認。

$ systemctl |grep iptable
$ systemctl |grep iptables
$ systemctl list-unit-files -t service | grep iptables
$ systemctl |grep firewalld
firewalld.service loaded active running firewalld - dynamic firewall daemon


うちの環境ではiptables関係はなんも入ってなかったっぽいです。firewalldは動いていますね。
/usr/lib/firewalld/services/以下にxml形式でサンプル設定ファイルがあり、これを/etc/firewalld/services/以下に配置することにより設定が可能とのこと。

$ sudo cp /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml /etc/firewalld/services/
$ sudo emacs /etc/firewalld/service/ssh.xml



<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<service>
<short>SSH</short>
<description>Secure Shell (SSH) is a protocol for logging into and executing commands on remote machines. It provides secure encrypted communi\
cations. If you plan on accessing your machine remotely via SSH over a firewalled interface, enable this option. You need the openssh-server pac\
kage installed for this option to be useful.</description>
<port protocol="tcp" port="22022"/>
</service>


ポートが22になってると思うので、今回は22022に書き換えて保存。
firewalldは設定読み込んで--list-allで確認。あと一応sshd再起動。

$ sudo firewall-cmd --reload
$ sudo firewall-cmd --list-all
public (default, active)
interfaces: eth0
sources:
services: dhcpv6-client http ssh
ports:
masquerade: no
forward-ports:
icmp-blocks:
rich rules:

$ sudo systemctl restart sshd.service



4.動作確認
基本的には $ ssh -p 22022 IPでパスワード無しでつながればそれで良いのですが。
オプションに-vつけるとpublickey使ってるか出してくれます。
サーバをセキュアにするために最低限やっておくべきOpenSSHの設定

$ ssh -p 22022 -v IP
OpenSSH_6.4, OpenSSL 1.0.1j 15 Oct 2014
(中略)
debug1: Authentications that can continue: publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic
debug1: Offering RSA public key: private2
debug1: Authentications that can continue: publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic
debug1: Offering RSA public key: tmin@tmin-pc
debug1: Server accepts key: pkalg ssh-rsa blen 279
debug1: Authentication succeeded (publickey).

(後略)


debug1: Authentications that can continue: publickey
ってのがあればとりあえずおっけー。
あとは

$ ps aux |grep sshd


とか

$ netstat -an|more


とか使ったりしてちゃんと設定が反映されていることを確認しときましょー。

最後になりましたが、この設定変更作業を行っている間に全部のリモート接続端末切っちゃってつながらないー、ってなるとかなり悲惨なことになるので、作業用に必ず一つ以上はずっとsshログインしたままで作業して、接続確認は別端末でやりましょう。
なんかSELinuxとかfirewalldとか結構めんどかったけど、おかげで少しネットワークに詳しくなれたような気がします。

関連記事
sshでデフォルトポート変更& ssh-keygenで鍵生成
さくらVPSの初期設定
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMPにconcrete5&baserCMS

先日CentOS7に入れ替えてみたさくらVPSでconcrete5とbaserCMSを動かしてみます。





Nginx 1.6.2 PHP 5.4.16 MariaDB 5.5.41
LEMP環境にてWPは動作済み。Nginxのrootは/var/www/に変更済み。

1.concrete5はどうか
現行最新は5.7.3.1ですね。
http://www.concrete5.org/get-started
1−1.本家のDLページからwgetで取ってきて解凍、/var/wwwにcpして所有者とパーミッション変更。

$ wget http://www.concrete5.org/download_file/-/view/74619/
$ unzip index.html
$ sudo cp -r concrete5.7.3.1 /var/www/
$ sudo mv /var/www/concrete5.7.3.1/ /var/www/web/
$ sudo chmod 755 -R /var/www/web/
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/web/


concrete5.7.3.1とか長いのでwebにリネームしちゃいました。このへんはお好みで。

1−2.DB作成
concrete5は空のDBをひとつ使うので、MariaDBでDBを一個作っときます。

$ mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 2
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database web;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


データベース名もお好みで。先日WP入れた時にこのサーバーのMariaDBのユーザーはtminを全権限持ちで作成してるのであれですが、専用のユーザーとか作りたい人はここでユーザー作ってconcrete5用のDBへの権限設定しときましょ−。

1−3.Nginxのリライト設定とかうんたらかんたら
前の焼き直しですがこれで動きました。

server_nameとかディレクトリ構成とかは適宜書き換えたら行けるんじゃないかと思います。24〜31行目あたりがconcrete5用のrewrite設定。
設定書き換えたら $ sudo systemctl restart nginx でNginx再起動。

1−4.インストールっ
http://サーバーIP/web でブラウザからインストール画面にたどり着くはずですね。
http://IPアドレス/web でアクセスするとブラウザからインストール画面にたどり着けるはずです。
しかしここで問題発生。「アップロードファイルと設定ファイルのディレクトリに書き込み可能」の項目で引っかかっちゃいます。「お使いのサーバー設定で「/config」「/packages」「/files」ディレクトリーへの書き込みを許可する必要があります」と言われるので、仕方なくchmod 777 したりしてもダメ。ここで数時間はまったり悩んだりした挙句、SELinuxが怪しいとか。
CentOS7 + nginx + wordpress
そういえばWPのインストール時にもconfig.php作れないから手動で作ってね、とか言われて手動でコピペして作りましたね。

$ getenforce
Enforcing


こいつか・・・

$ sudo setenforce 0
$ getenforce
Permissive


これで再起動もなく、インストール画面で「再チェック」したら行けるようになりました。
ま た お ま え か S E L i n u x

今回はこれで行けたけど、セキュリティ的にとりあえず無効にするとかいう対処はいかがなものかと思っていたりもするので、そのうち暇なときにSELinuxについては調べてちゃんと設定しよう。ちなみにおうちサーバーのCentOS6.6は緩くしてあって、さくらのVPSのデフォルトのCentOS6系では最初から無効にしてあるとか何とか聞いたような気がします。

ともあれここまでの設定がちゃんと出来てれば、あとはブラウザ上で入力項目ポチポチ埋めていけばconcrete5.7はインストールできるはずです。大分なれたけど、最初はなんだかんだでNginxがちゃんと設定できてなかったことばっかだったですね。 $ sudo cat /var/log/nginx/error.logとかするとヒントが落ちてたりするかも知れません。

2.baserCMS行ってみましょー。
2−1.baserCMS DLして解凍してcp、あと権限設定とか
現行最新は3.0.7ですね。

$ wget http://basercms.net/packages/download/basercms/3.0.7
$ unzip 3.0.7
$ sudo cp -r basercms /var/www/
$ sudo chmod -R 755 /var/www/basercms/
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/basercms/


これでブラウザからアクセスすると、インストール画面が見られるのですがいつものごとくCSSなんもあたってない残念な感じになってますね。

2−2.必要ファイル書き換えとNginxの設定
環境別インストール対策
core.phpの書き換えと、Nginx側でrewrite有効にしとくのが必要です。
core.phpの書き換え

$ sudo emacs /var/www/basercms/app/Config/core.php
117行目 Configure::write('App.baseUrl', $_SERVER['SCRIPT_NAME']);
Configure::write('App.baseUrl', '');


Nginxの設定。

はい。concrete5の設定そのまんまディレクトリを書き換えただけですね。
Nginxは再起動しときましょ−。

$ sudo systemctl restar nginx



2-3.MariaDBの文字コード設定
はい。またやっちゃいました。インストールしてから文字化けに気づくなど。
MariaDBの設定ファイルってどこなんだろ−って思いましたが、/etc/my.cnf.d/server.cnfらしいです。
CentOS7に移行してみる

$ sudo emacs /etc/my.cnf.d/server.cnf

# this is only for the mysqld standalone daemon
[mysqld]
character-set-server = utf8 ←ここ書き加え


一応再起動してutf8になってるか確認しときましょ−。
元々はDB名baserで作ったのですが、latinになってますね。

MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | latin1 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | latin1 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show create database baser;
+----------+------------------------------------------------------------------+
| Database | Create Database |
+----------+------------------------------------------------------------------+
| baser | CREATE DATABASE `baser` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET latin1 */ |
+----------+------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> drop database baser;
Query OK, 29 rows affected (0.03 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


一応再起動して・・・DB作りなおして再確認。

$ sudo systemctl restart mariadb.service
$ mysql -u root
MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> create database baser;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show create database baser;
+----------+----------------------------------------------------------------+
| Database | Create Database |
+----------+----------------------------------------------------------------+
| baser | CREATE DATABASE `baser` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8 */ |
+----------+----------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


無事UTF8になりました。

2−4.インストールっ
ここまで設定できてインストール画面もCSSや画像ちゃんとあたってる状態なら、効かれたことにポチポチ答えてくだけでインストールは完了します。

2−5.しかしフロントでまた画像が読み込まれない。。。
Screenshot from 2015-03-17 17:49:52 えぇ。これも前回と同じですね。
Nginxの設定にalias を足してみましょー。

location /basercms/theme/ {
alias /var/www/basercms/app/webroot/theme/;
}


この部分ですね。これ書き加えてNginx再起動して・・・
Screenshot from 2015-03-17 17:49:59 どうやら成功です。

まだWPもconcrete5もbaserCMSも入れたばっかで、深くいじってくとプリティーURLとかでもしかしたら上記設定では不具合出るかも知れませんが、とりあえず動きました。
CentOS7 Nginx MariaDB PHP-FPMな環境はとりあえずできましたね。
しかし今までずっと6系(とDebian系)いじってたから、色々変わってるのにいちいちちょっとちょっと戸惑いますね。まぁ一つ一つの違いは大したことないんですが、一気に環境整えようって時とかにはビミョーにパッケージ違ってたり、コマンド違ってたり、管理方法が違ってたり、設定ファイルが違ってたりとすることはしばしばあるみたいでちょっと手こずりました。
まぁ、このへんは慣れでしょうけどね。

あと4Gプランすげー。concrete5の編集画面がかなりさくさく。

関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
Drupal Coreの手動Update(7.30→7.31)
CentOS6.5でNFS Serverでファイル共有
CentOS6.5+Nginx+php-fpm+MySQLでConcrete5.7
Concrete5.7.0が正式にリリースされたので早速CentOSサーバーに入れて動かしてみたよ
さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMP
CentOS7サーバー(さくらVPS)でssh公開鍵認証を使う
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。