スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

CentOS6.5+Nginx+php-fpm+MySQLでConcrete5.7

Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完

の続き。やっとこさ動いた。結局ハマってたのはNginxの設定。
どうでもいいんですが、カテゴリCentOSサーバーにしてるけど最近NginxとCMSばっかですね。
はい、ほんとにどうでもいいですね。
環境はいつものCentOS6.5 Nginx 1.6 PHP5.3 MySQL5.1

事前に
1.LEMP環境構築
Nginx,php-fpm,MySQL入れてちょこちょこ設定
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる

2.Concrete5.7インストール環境作る

インストール方法

1. ショートタグを有効にしたPHPの動作環境を用意します。

2. concrete5-5.7.0 リポジトリからクローンします。
$ git clone https://github.com/concrete5/concrete5-5.7.0.git

3. concrete ディレクトリに移動します。
$ cd concrete5-5.7.0/web/concrete/

4. Composerをインストールします(グローバルでインストール済みの方は不要)
$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

5. composer install コマンドで依存パッケージをダウンロードします。
$ php composer.phar install


Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完

ここでサーバーIP/concrete5.7ディレクトリにアクセスしてもPage not foundになってたのが前回迄。
ちなみに同じサーバーで同じ環境でWordPress&Drupalが動いてるのでなるべく消したくないにゃー。

3.Nginx設定しなおしー
Nginxのrootは/var/www
2でビルド済みのwebディレクトリを/var/www/concrete57としました。
/var/www/にはWP2つ、Drupalが同時に動いてます。ほぼ動いてるだけ(何もしてない作ってない)ですが。
serverセクションはこんな感じ。ディレクトリ構成とか違う人はテキトーに直してください。

27行目から30行目の記述がないとConcrete5は動かないとか何とか。

4.インストール!!
http://サーバーIP/concrete57でアクセス。
やっとインストール画面にたどり着きました。
OSC京都でのセミナーで一目惚れして以来、足掛け一ヶ月弱。
あ、ちなみにConcrete5.7の正式版は9/12にリリースだそうです。


意外と早かった。

閑話休題。
インストール最初の画面では環境チェックしてくれてます。エラーが出てたらそこ直しましょう。
なければ続ける。
Screenshot from 2014-08-30 18:37:41 サイト名、メールアドレス、Serverはlocalhost、あとMySQLのユーザーとかパスワードとか
Screenshot from 2014-08-30 18:40:12 インストールっ!!

この間エラーが数回。NginxのError.log見てねとか言われる。

$ sudo cat /var/log/nginx/error.log

[error] 26339#0: *1 upstream timed out (110: Connection timed out) while reading response header from upstream,


nginx.confでタイムアウト時間を伸ばしてみる(デフォルトは65)

$ sudo nano /etc/nginx/nginx.conf

keepalive_timeout 1065;


Concrete5は「空のDatabase」が必要なので、MySQLのdatabase作り直し。

$ sudo mysql -u root
> drop database concrete57;
> create database concrete57;
> quit;


Nginx再起動

$ sudo service nginx restart


気を取り直してもう一度インストールっ!!
同じとこでエラー。

nginx でupstream timed outエラーが発生した時の対処
fastcgi_read_timeout の値だそうです。
というわけで120秒に・・・といってもけっこうインストール時間かかってて、120秒じゃ心もとないので1020秒にしました(ぉ

fastcgi_read_timeout 1020;


のとこですね。

さて、Concrete5は「空のDatabase」が必要なのでry

$ sudo mysql -u root
> drop database concrete57;
> create database concrete57;
> quit;


Nginx再起動

$ sudo service nginx restart


気を取り直してまたもう一度インストールっ!!

5.やっとこさ通ったよ。
Screenshot from 2014-08-30 18:50:59 Continue to your site の輝かしいボタンが><;

Screenshot from 2014-08-30 18:51:11 ぱっと見5.6と似てますが、Edit Modeにした時に真価が!!

Screenshot from 2014-08-30 19:11:31 枠線の点線が出ないでいきなり編集できます。
触りたいとこクリック>Editでそのままエディタが開いてそのブロックを編集できるという何と言う直感的。
ちなみにエディタが重いことを心配してましたが、少なくとも僕には気になりませんでした。Drupalのなんか読み込みよりよほど早い。打ち込んでてもね。

Screenshot from 2014-08-30 19:14:14 Dashboard>Backup & Restore>Update concrete5
左右のPage Setting、Dash boardは、上の方のボタンをクリックすると横から飛び出てくる感じです。
ヒジョーに派手で今どきな感じですが、少なくとも僕の環境では読み込みが遅いとか、重いとかいうのは感じないで使えてます。

ちなみに今回、gitで https://github.com/concrete5japan/concrete5-5.7.0.git
つまり本家でなくjapanの方からcloneしてるんですが、ほとんどのメニューはデフォルトで英語です。
だからといって困ることもとりあえずはないですが。
しばらく最新機能で遊んでみよー。

追記
日本語化はインストール前にするそうです。やっちまったなぁ。
5.7.x 専用フォーラムについて

────────────────────
■ 5.7.x 日本語ファイル使用方法
────────────────────

インストール前に行ってください。

1. 5.6.3.1.ja の日本語ファイルを入手する
2. /language/ フォルダーをコピー
3. 5.7.x の /applications/ フォルダーに /language/ フォルダーを貼り付け



関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
LMDEにLEMP(Nginx+MySQL+php−fpm)でConcrete5.7β
Concrete5.7.0が正式にリリースされたので早速CentOSサーバーに入れて動かしてみたよ
concrete5.7.0→concrete5.7.0.1 upgrade(CentOS6.5+LEMP)
concrete5.7をCentOS ServerのLEMP環境でコア共有して複数サイト動かしてみる
CentOS+LEMPでbaserCMS
Nginx+Wordpressで固定ページをTOPにしたら403になった件
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

いまさら始めるGithHub & GistでFC2にソースコード貼り付け

GitHub登録&Gistにファイル記述してFC2ブログでキレーにソースコードとか表示してみよーの試み。
いくら俺はなんちゃってIT系だからといって、今まで実はHTMLコードやらスクリプトやら端末出力やらをとりあえずblockquoteタグやらpreタグでごまかしてきたけど、いくらなんでもそりゃーないだろーと常々思ってました。
実はSyntaxHighLighterを導入しようと多少格闘したことはあったけど、すぐに諦めてしまったなど。
最近端末出力やタグ貼り付け多いなーと思ってたし、そういやみんなGitHubけっこう気楽に使ってるよね。
ってことでやってみましょう。うまく表示されてたら今後は使うかも。(過去記事までは直さない

参考
【github:gist】ブログやホームページでソースコードを綺麗に見せる方法【綺麗なソースコードを目指す】
『「Github」のアカウントは登録するけど「Github」にはちっとも触らない』ちょっとおバカなGithub「超『超』入門」

1.GitHubにアカウント作る
https://github.com/
ユーザー名、メールアドレス、パスワード入れるだけ。
何を今までためらっていたんだというあっけなさ。
ユーザー名はかぶってたら警告が出るので変えるなり-とか入れるなりして試してみましょー。
プラン選択は当然デフォルトの無料で。「Finish sign up」。

2.上の方のGistからファイル上げてみよー(Text)
git cloneくらいしか使えていない僕にはgitで開発とかブランチとかpullとかpushとかよくわかりませんね。
まぁソースコードだけならそんな知識もいらないようです。
とはいえいざ何か書くって言うとビミョーなネタしかないのでCentOSサーバーのNginx設定ファイルとNginxのデフォルトのindex.htmlをコピペしてみました。
Screenshot from 2014-08-22 23:31:22 ファイル名の拡張子とその右のファイル形式プルダウンで選びます。
SecretとPublicを選べます。
今回はブログにはるのが目的なので公開。

右側にEmbed URLって出るのでそれをコピペ。Javascriptのようですね。


3.Gistからhtmlファイル上げてみよー
ファイル名適当につけてたらtxtにしかならなくておっかしーなーと数分悩んだ結果、ファイルの拡張子の問題であることに気づいたなど。
.htmlをつければ自動的にhtmlに切り替わってマークアップもしてくれる。多分他の言語でも拡張子ちゃんとつければ大丈夫なんでしょう。
Screenshot from 2014-08-22 23:44:40 (画像はtxtファイルと判断されてます)



4.うまく表示されてる?
されてなかったらこの記事ソッコー消す。

表示されてるみたいですね。消さなくて済みそうです。(過去記事は直しません
Gist上のファイルいじったら連動してくれるので、ちょっと注意が必要そうですがそれはそれで便利です。

関連記事
WindowsでGitHubのリポジトリ管理(Windows10 TPでgit)
いまさらながらLinux上(LMDE)からGitHubを使ってみよう
Gitのエラーを直そう object is empty →refs/remotes/origin/master does not point to a valid object!
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LMDE(Linux Mint Debian Edition)でローカルにサクッとLEMP(Nginx+MySQL+PHP)

サーバー入門のその前にローカルでテスト環境ほしいよね。
というわけでCentOSサーバーで作ってたNginx+MySQL+PHP環境をLMDE201403でやってみました。
ちょっとパッケージ名が違ってたのとデフォルトのファイル配置が違ってたのに戸惑ったけど、慣れれば数十分でできそう。

参考
How To Install Linux, Nginx, MySQL, PHP (LEMP) Stack on Debian 7
Debian Squeeze に nginx + php-fpm な Web サーバーを構築する

1.必要パッケージインストール

$ sudo apt-get install nginx php5 mysql-server php5-fpm php5-mysql php5-cli


MySQLのインストール時にパスワード設定が必要だけど基本これだけのよう。
CentOSと違ってたのはphp5じゃないと「パッケージが見つかりません」って怒られる。

2.MySQL設定
rootで入ってDatabase test1 User tmin password を設定。

$ sudo mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 43
Server version: 5.5.33-1 (Debian)

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> create database test1;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all on test1.* to tmin@localhost identified by 'passwd';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
| test1 |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

mysql> select user from mysql.user;
+------------------+
| user |
+------------------+
| root |
| root |
| |
| debian-sys-maint |
| root |
| tmin |
| |
| root |
+------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

mysql> quit;
Bye



3.phpとphp-fpmの設定いじる

$ sudo nano /etc/php5/fpm/php.ini


cgi.fix_pathinfo=1 って記述探して1を0に変更。

$ sudo nano /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf


listen = 127.0.0.1:9000を探してlisten = /var/run/php5-fpm.sock に書き換えって書いてあったけどうちの環境では最初からlisten = /var/run/php5-fpm.sockになってました。

$ sudo service php5-fpm restart
[ ok ] Restarting PHP5 FastCGI Process Manager: php5-fpm.



4.Nginxの設定ファイルいじる

$ sudo nano /etc/nginx/sites-enabled/default

location ~ \.php$ {
fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
# NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini

# # With php5-cgi alone:
# fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
# With php5-fpm:
fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
fastcgi_index index.php;
include fastcgi_params;
}



location に始めからphp5-fpm用の記述があるので#外しただけ。
ドキュメントルートとか変更したい人はserverセクションでいじればおっけー。

$ sudo service nginx restart
[ ok ] Restarting nginx: nginx.


ここで何度かエラー吐いてたんだけど、

$ cat /var/log/nginx/error.log


するとエラー吐いてた場所がわかります。
というか単純な記述ミス&設定被り&コピペミスだったりなんだったり。

6.動作確認
http:localhostにブラウザでアクセス。

Screenshot from 2014-08-15 19:04:52 Welcome to nginx!の画面が出ればおっけー。

echoかtouch→nanoでphpの動作確認するあれを作る。

$ sudo touch /usr/share/nginx/html/info.php
$ sudo nano /usr/share/nginx/html/info.php

<?php
phpinfo();
?>


もしくは

$ sudo echo '<?php echo phpinfo(); ?>' > /usr/share/html/info.php


ブラウザからhttp://localhost/info.phpにアクセス。
Screenshot from 2014-08-15 19:05:19 あれが表示されればおっけー。

お疲れ様でした。実際は言うほどさくっとできませんでした。
LMDEだけどDebianも基本同じで行けるはず。UbuntuだとPPAとかあるかも。
Nginxが1.4.4とちと古いんですよね−。

関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
LMDEにLEMP(Nginx+MySQL+php−fpm)でConcrete5.7β
Concrete5.7.0が正式にリリースされたので早速CentOSサーバーに入れて動かしてみたよ
LMDEのLEMPでCakePHP
LMDE2014からLMDE2(Besty)にupgrade
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。