スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debian Server (Squeeze)にXoops2.2.0

以前途中放置になってたXoopsに再挑戦。
XoopsをDL。http://xoopscube.jp/
今の最新は2.2.0みたい。

必要パッケージ
# apt-get install php5 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql php5-sqlite phpmyadmin postgresql php5-pgsql phppgadmin

多分以前途中で止まっちゃったのはいくつか足りなかったっぽい。
Debian ServerにLAMP&DrupalインストールでDrupal入れたのと同じ。

MySQLのデータベース(ここではXoops)を作成
# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 40
Server version: 5.1.49-3 (Debian)

Copyright (c) 2000, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
This software comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY. This is free software,
and you are welcome to modify and redistribute it under the GPL v2 license

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> create database xoops;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on xoops.* to xoopsuser@localhost identified by 'xoops' with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

DLして解凍したXoopsのパッケージr2_2_00を/var/www/に配置。ここでは/home/publicで解凍してたのを移動。
# mv /home/public/r2_2_00/ /var/www/

ブラウザでhttp://サーバーIP/r2_2_00/html/にアクセス。
で、インストール画面になるのでそのまま従ってけばおk。
しかしながら、言語がEnglishしか選べない。その上ReadMe見ても2.1.8のページに飛んじゃう。

ちょっと調べてみたらデフォルトの Xoops cube legacy では、日本語化関連の設定ファイルは適用されていない状態で、ちょっと小細工が必要らしい。
わかりやすかったのはここ。
Windowsに開発用Xoops(日本語環境)をセットアップする

/extras/extra_languages/ja_utf8/に入ってる3つのディレクトリを全て、html を展開したのと同じディレクトリに追加する。
改めて入れなおし。
Xoops-ja.pngjaが選べるようになってる。

で、このまま進む。
Screenshot-XOOPS Cube Install Wizard - Iceweaselさっきと同じように権限間違ってる時はこのように警告が出るので従う。
# chmod 777 /var/www/r2_2_00/html/uploads/
# chmod 666 /var/www/r2_2_00/html/mainfile.php
# chmod 777 /var/www/r2_2_00/xoops_trust_path/cache/
# chmod 777 /var/www/r2_2_00/xoops_trust_path/templates_c/

で、インストール終わったらinstallディレクトリが残ってるよ!!って警告が出るのでこれを削除。
# rm -rf /var/www/r2_2_00/html/install/
Screenshot-XOOPS Cube Site : 管理メニュー : ??????? - Iceweasel管理画面にログイン。
しかしまた一部文字化けてる。うーむ。。。

そう言えばだいぶん前にこんなとがあったなー。
Xoopsの文字化けを直そう。しかし結局再インストール
/etc/mysql/my.cnf に追記。
[client]に

default-character-set=utf8


[mysqld]に

default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake


# /etc/init.d/mysql restart


前はこれでいけたが、上の方のサイトではもう少しやってるみたい。そっちに従おう。

[client] 行の下
default-character-set=utf8

[mysqld] 行の下
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysqldump] 行の下
default-character-set=utf8

[mysql] 行の下
default-character-set=utf8



# /etc/init.d/mysql restart
Stopping MySQL database server: mysqld.
Starting MySQL database server: mysqld.
Checking for corrupt, not cleanly closed and upgrade needing tables..

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 184
Server version: 5.1.61-0+squeeze1 (Debian)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show variables like "char%"
-> show variables like "char%";
ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near 'show variables like "char%"' at line 2
mysql> show variables like "char%";
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

mysql> quit
Bye
root@tmin-server:/home/tmin# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 186
Server version: 5.1.61-0+squeeze1 (Debian)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> quit
Bye

たぶんおっけー?
で、結局もう一度インストールしてみたのだが・・・
Screenshot-XOOPS Cube Site : 管理メニュー : ??????? - Iceweasel変わらず・・・

ま、大体のとこ日本語化されてるからいいけどね。
どっかでEUC-JPじゃないとって記述を見かけたような気も・・・

関連記事
UbuntuにXoopsをインストール
Debian ServerにLAMP&Drupalインストール
sshでデフォルトポート変更& ssh-keygenで鍵生成
Debian ServerにXoops(途中
Debian ServerにJoomla!インストール
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debian ServerにLAMP&Drupalインストール

サーバー機がSambaだけじゃ寂しいので、まぁ練習というか趣味というか。
CMSでなんかいいのないかなーと思って探してて、Drupalというのを見つけたので入れてみた。

DLは↓
http://drupal.jp/core_download
前にやってたXoopsもCMSだしカスタマイズ性高いんだけど。再インストールで全部消しちゃったしw

という訳でまずは準備。
LAMP環境を整える。とはいえApacheはすでに入ってたんだけど。
Apache2、MySQL、PHPだけインストールした状態でやってみてたんだけど、データベースが対応してないとか何とかエラーが出て先に進めなかった。
のでちょっとググってちゃんと必要パッケージ入れてみよう。

# apt-get install php5 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql php5-sqlite phpmyadmin postgresql php5-pgsql phppgadmin
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
mysql-server はすでに最新バージョンです。
libapache2-mod-php5 はすでに最新バージョンです。
php5 はすでに最新バージョンです。
php5-mysql はすでに最新バージョンです。
php5-sqlite はすでに最新バージョンです。
以下の特別パッケージがインストールされます:
dbconfig-common libgd2-xpm libjs-mootools libltdl7 libmcrypt4 libpq5 libt1-5
libxpm4 php5-gd php5-mcrypt postgresql-8.4 postgresql-client-8.4
postgresql-client-common postgresql-common postgresql-doc postgresql-doc-8.4
提案パッケージ:
libgd-tools libmcrypt-dev mcrypt slony1-bin oidentd ident-server
以下のパッケージは「削除」されます:
libgd2-noxpm
以下のパッケージが新たにインストールされます:
dbconfig-common libgd2-xpm libjs-mootools libltdl7 libmcrypt4 libpq5 libt1-5
libxpm4 php5-gd php5-mcrypt php5-pgsql phpmyadmin phppgadmin postgresql
postgresql-8.4 postgresql-client-8.4 postgresql-client-common
postgresql-common postgresql-doc postgresql-doc-8.4
アップグレード: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 1 個、保留: 0 個。

やはりいくつか足りなかったらしい。

MySQLのデータベース作成&ユーザー作成。
# mysql -u root -p
mysql> creat database drupal;
mysql> grant all privileges on drupal.* to tmin identified by 'drupal' with grant option;
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| drupal |
| mysql |
| phpmyadmin |
| xoops |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

DLしたDrupalはDrupal 6.25 Drupal Japan 日本語ディストリビューション。
解凍してサーバーにアップ。で、とりあえず/var/www以下に配置。/var/wwwに移動してlsでディレクトリやらファイル確認しながら作業。
基本的にはDrupal 6 クイックスタートのページの通りに進んでけばおk。

# cd/var/www
# cd drupal-6.25/

sites/default/settings.php を PHP から書き込み可能にします。(例: 666)

sites/default/files ディレクトリを PHP から書き込み可能にします。(例: 777)

sites/default/files 以下にある全てのディレクトリ(color, css, js, languages, pictures, tmp)を PHP から書き込み可能にします。(例: 777)

その他のファイルやディレクトリは読み込み可能であればよいため、大抵はアップロードしたままの状態から変更する必要はありません。


とのことなので権限変更

# chmod 666 sites/default/settings.php
# chmod 777 sites/default/files

http://サーバーIP/drupal-6.25/ にアクセス。
drupal.pngうまくいってればこのようにインストーラーが。
日本語選んで進む。
drupal2.pngデータベースはmysqli。
データベース名にさっきMySQLで用意したdrupal。ユーザーとパスワードもさっき用意した・・・と思ってたんだけど、なぜかroot、MySQLのRootパスワードじゃないと拒否られてしまった。何か設定ミスってんだろう。MySQLまだいまいちわかってないですし。

drupal3.pngインストール完了。

drupal4.png管理ページヘ。

Drupal 6 インストール - ステップ2にこうあるので

ここで /sites/default/settings.php の書き込み権限を取り除くようにメッセージが表示されている場合、指示に従ってパーミッションを 0644 などの読み込み専用権限に変更してください。 また、 install.php ファイルと profiles ディレクトリは、もはや不要ですのでついでに削除しておくとよいでしょう。



言われたとおりに
# chmod 644 sites/default/settings.php
# rm -rf install.php
# rm -rf profiles/

これでとりあえずインストールは完了。
cronでなんかエラー出てるけど、とりあえず手動で実行したりなんかして。

パッと見のカスタマイズはぶっちゃけXoopsのほうが簡単そうな感じ。
しかしまぁ、こちらもモジュールもテーマも豊富なようなので、ちょっとばかりいじってみないとわからんね。

それよりMySQLの使い方ちゃんと覚えなきゃなー。

関連記事
UbuntuにLAMPをインストール
UbuntuにXAMPPをインストール
UbuntuにWordPressをインストール
UbuntuにXoopsをインストール
sshでデフォルトポート変更& ssh-keygenで鍵生成
Dbian ServerにXoops(途中
Debian ServerにJoomla!インストール
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Gentoo→Archbang→LinuxMint

DebianのSqueezeはまぁ安定してるんだけど、ちといろいろ試していた。

選択に当たっての条件は、fglrx(ATIドライバ)がまともに動くこと、Mikutterの最新版がまともに動くこと、楽しそうなこと。
しかしながら最近忙しくてそうそう毎日がっつり試せるわけでもなく・・・

まずはGentoo。
これは上級者向き。
GUI環境を作る、というかその前のインストール段階でかなり苦労はする。
設定ファイル自分でいじらなきゃいけないし。
一度環境できてしまえば非常にいいのだろうけど、俺はフラグの管理で挫折。
で、環境壊して再インストール、ってことになったときにカーネルコンパイルからやらなきゃいけなくて・・・
再インストール自体がかなり骨。
ちなみにドキュメントは非常に充実している。日本語訳もほぼできてる。
http://www.gentoo.org/doc/ja/index.xml
ので、見ながらインストールから環境整えるまで、この親切なドキュメントを見ながらいけるんだけど、いかんせん敷居は高め。
結局俺は面白さがわかるとこまで行けなかった気がする。
そのうちまとまった時間できたら再挑戦してもいいかもとは思ってる。

で、次に目を付けたのがArch。
しかしながらArchBangというものがある。
Arch Linuxの機能性を面倒なインストールなしで使えるLinuxディストリビューション『ArchBang』
で、まぁ使ってみたわけだ。
見た目は非常にかっこよく、インストール自体はDebian,Ubuntuのテキストモードでのインストールより若干わかりにくい程度。まぁ、慣れてれば大体わかると思う。
デフォルトはOpenbox。
Gnome環境なども入れられる。というか、インストール後は基本的にノーマルArchと一緒なので、トラブルもTipsもArchのものがほぼそのまま使える。
Updateでgpgkeyエラーとかはあったけど、Archのフォーラム漁って解決策探して何とか乗り切った。

なにでこけたかというとATIドライバ。現在のプロプラドライバがこのArchのXのバージョンに対応してない。
ArchのXは1.12.Catalystの対応は1.11まで。
https://wiki.archlinux.org/index.php/ATI_Catalyst
一応1.11のリポジトリもあるらしく、これ使えば行けたんだろうけど、いかんせん初Archでまともに設定ファイルの意味が分かってない俺にはうまくできなくて挫折。
ちなみに解像度がおかしいままだったが、それさえ我慢すればまぁ使える状態に持ってくのは小一時間くらいだった。

で、LinuxMint。
最近人気急上昇中らしいね。
Unityになじめなかった人のためのGUI、って話。
Ubuntuベースだけあってインストールは非常に楽。んでいきなり使える。パッケージも新しい。
しかしこちらもfglrx入れるといきなり不安定になる。文字化けやらアイコンが砂嵐状態になったりやら。
最新のMikutterは苦も無く動いた。
取材日誌(仮): mikutterをインストール?
さて、fglrxで不安定になるのはまぁいいとして(よくねぇw)、Conky入れて気づいたのだがCPUクロックが3.5Ghz固定になってる。それらしきFirmware探して入れても、cpufreqd入れていろいろいじってみてもダメ。
挙句にカーネル再構築とかやってみたけどやはりだめ。
今ここで挫折。

DEがどうかってのは、どうでしょうね?俺には微妙に感じた。
Gnome2系の魅力って少なくとも俺にとってはパネルカスタマイズの容易さと幅広さであって。
その点Mintは左下にKickoffみたいなメニューつけてるんだけど、「ならKDEでよくね?」とか思ってしまうのよね。
まぁ、画面はきれい。んで、デフォルトで使うには楽だとは思う。
左下メニューとかもWindows移行組にとってはなじみやすいと思うし。


しかし、最近あんまりいじれてないなー。。。
結局まとまった時間なくて、すぐ使えるようにってなるとDebianのままでいいじゃん、ってなるんだけど、これ、最新のMikutterがRubyのバージョンのせいで動かない。ここだけが問題。

ちっとまたいろいろ試してはみるつもり。GentooとかArchbangとかなんか不完全燃焼感たっぷりですし。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。