スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

970BE載せ替え&兜クーラーIYH&K10Stat(適当

先月965BE中古で買ったのはずして以来棚上げになってたCPUを。
とはいえ965BEもう流通止まってんのか?うちの近くのショップでは「在庫切れ」ではなくもうPhenomIIのラインナップから消えてた。
というわけで仕方なく(?)970BE。
ついでに兜クーラー
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

いや最近CPUクーラーの音が気になってましてね。
まぁ、970が価格改定はいったのか12000円台で買えちゃった上に兜クーラー特価で2980で出てたのでつい。
ま、CPU自体は変える気満々だったのでIYHとは言えないか。
 

さて、なぜ今更970か、というと。
今なら6コアに行くか迷うところだと思いますが。Windowsだけならまた迷い方が違ったのでしょうが。
Debianだと、いや、Linuxだとかな?マルチコアの使い方って割と下手なんですね。
720のころから思ってたんだけど、Windowsでは各コアに負荷を分散させて中間クロックでほとんど賄えてしまうようなことも、Debian使ってると1コアだけフルロード、ほかのコアには負荷かからず、という場面が多く。
まぁ、これはカーネルの具合なのかアプリの最適化の問題なのか、その両方なのか知らないですが。

さらには俺の使い方では全コアフルロードになるような状況はほとんどなく、たまになんかビルドするときとか、あとは瞬間的なものだったりして。
しかし3コアという中途半端な、しかも2.8Ghzという今となってはビミョーなクロックがそろそろ・・・というわけで720BEはそろそろ・・・
しかし6コアも使う場面がそうそうあるのか?と。
すると4コアでちょっとクロック上がったほうがよさげ。さらにBEなら0.2Gくらいはそのままの設定で上がっちゃったりするし、そうすると別にデフォルトでの高クロックにもこだわる必要はない。(Debian上でOCするとCnQが効かなくなったりすることがなくもないが
さらにはちょっと前の価格改定でもう1万前半まで落ちてきてるのは知ってたので、まぁあるうちに4コア、と。

Fusion行かなくてすみませんすみません。結局ネタ的に微妙だな。今更970。

まぁいい。
とりあえず付け替えるだけ・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ってたのが甘かった・・・・

まぁ前回の組み直しでMBはきっちり対応のものに変わってるし、CPU自体は挿し替えでおk。
クーラーがね。
2011-10-09 13.35.04右がリテールクーラー。
店で見たときは思わなかったがまぁでかいわ。

で、これ、グリスとリテンションキットはついてたので、そのままいけるんだけど、取り付けがまぁ固い固い!!
AMDのはかーなーりー強力に抑えつけてやらないとブラケットに引っかからず。いや、MBによるのか?
というわけで結局MB外して外で作業。ケースの中狭いからね。横着して壊しても仕方ないし。(前科あり

で、配線繋ぎ直して起動・・・しない・・・
MemOKボタン押しても点滅が止まらない・・・
またメモリか
しかし結局これは特定のスロットに特定のメモリを挿すとダメということが差し替えの結果判明。
この間にクーラーの取付左右間違えてヒートパイプ側がメモリ側に張り出してきてて邪魔で仕方ないことも判明したけど取り付け直しめんどくて放置。

ま、メモリの問題が解決してみたら無事起動。
特に問題なく、Debian、Windowsともに。
さて、Debianはfglrxが依存関係で吹っ飛んでドライバ入ってない微妙な感じなので放置して・・・
Windowsの方はとりあえずK10Statとその他少々。

環境はWindows8 Developer Preview x64。
エクスペリエンスインデックスは6.9(720BE@3.0Ghz)→7.4(970BE@3.5Ghz)
970Mark.pngCrystalMarkではこんな感じ。

K10Stat
970k10stat.png
意外とすんなりと言うか。ほとんど720BEの時と同じ感じで安定。
P0 3500 1.2500v
up 80 down 60
P1 2800 1.1250v
up 70 down 50
P2 2200 0.9750v
up 60 down 40
p3 800 0.7875v
up 300ms down 500ms
ほとんどそのまま。結構定電圧耐性は高いんじゃないかな?
P1 P2はもう少しクロック下げてもいいかなとは思ったり。
大体中間クロックで普段使いはまかなえてるけど、今のところ(半日)落ちてない。ほんとは各ステップでPrimeでも走らせて検証すべきなんだろうが、そこまでやってないしやる気もry

ま、暇ができたらOCはちょっと行こうかなと。
とはいえ、3.5Ghzで基本的に満足してるので、まぁ、デフォルト電圧で盛らずに行ける範囲で、となると3.7~3.8くらいかなとは思ってますが。
というか、720BEから替えて、そこまで劇的に速くなったって感じはしないかも。ま、ログイン直後とかに引っかかりは少なくなったようには思うけれども。ま、速くなったってのは体感は当てになりませんけどね。遅くなったのは気になるくせにね。

あぁ、そうそう、兜クーラーの方。
これはねー、静かですねー。リテールから乗り換えると断然違いが分かりますねー。
今500rpm前後だもの。
スペック的には0~1300rpm、0~26.5dBa。
なんだけど、多少の時間負荷かけても800rpm前後まで。
というわけでいきなり今の構成で一番うるさいのは電源のファン(?)になりました。
これには大満足。そもそも冷却性能より静音求めてたわけですし。
んー、Athlon64x2 4800の方のリテールクーラー運用とさして変わらん騒音レベルになったんじゃないかな?

さて、OCと電圧設定はも少し検証して詰めてけると思うんだけど、なかなか時間がry

関連記事
せっかくデュアルプレーンのMBになったことだしK10Statを少し攻めてみようか
K10Statのコマンドラインオプション追加方法
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

         
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。