FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Catalyst 11.7 Released

Catalystの更新きましたー。ちょっと記事にするのは出遅れたw
Linux板はいつものPhoronixで解説が。
AMD Catalyst 11.7 Driver For Linux Brings...

Well, it does bring support for the Linux 2.6.39/3.0 kernels. The Linux 2.6.39 kernel is at least being reported to work with Catalyst 11.7 driver after in previous releases needing to apply a patch for the kernel.


どうやら2.6.39、3.0に対応してる模様。
とはいえ俺、Debianは最近Non-freeのリポジトリから入れちゃってるんだよなぁ。
さて、SUSEの方をどうするかと。

Windows板はこちら4Gamer。
Windows 7向けバグ修正が主な「Catalyst 11.7」。性能面での最適化が図られた「Catalyst 11.8 Preview」も同時公開に
どうもVistaで5670な俺には今回はほとんど関係なさそう。
しかし11.8Previewの方はちょっと興味が

●Catalyst 11.8 Previewにおけるパフォーマンス向上

Radeon HD 6000およびATI Radeon HD 5000シリーズ搭載環境において,「Crysis 2」のDirectX 11モードをアンチエイリアシング無効で実行したとき最大10%
Radeon HD 6000およびATI Radeon HD 5000シリーズ搭載環境において,「F.E.A.R.3」のDirectX 11モードをアンチエイリアシング有効で実行したとき最大8%
Radeon HD 6000およびATI Radeon HD 5000シリーズ搭載環境において,Morphological Anti-Aliasing(MLAA)を適用したとき最大30%


ま、特定タイトルでのパフォーマンス向上なので普段使いではどうかってとこだろうけど。
こっち入れてみようかなぁ。

関連記事
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive
AMD Catalyst 11.1 released
Catalyst 11.2 Released
RecoveryModeからCatalyst再インストール
RecoveryModeからCatalyst再インストール
Catalyst手動アンインストール on Linux
Catalyst 11.5 Released
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

過払い請求第1R終了~プロミス、CFJ(旧アイク)、アペンタクル(旧ワイド)~

とりあえずひと段落、ということで第1R終了ということにした。
結果的にはプロミス提訴→利息込み60万強請求→第1回公判前に50万、10月頭支払いで和解成立
CFJ提訴なし→元本2万強、利息込み3万弱請求→電話にて3000円(笑)9月支払いで和解成立
アペンタクル→話しにならず、提訴するかどうかビミョー
あとは前回のまま。

まずは提訴して意外とすんなり行ったプロミス
ま、個人での提訴無しは5割まで、という噂だったので訴状作成だけ書士さんに頼んで本人訴訟、ってとこまでは前回書いたと思うけど。
提訴したのが7月頭、第1回公判が7月末、えぇ。ついさっき終わったってかんじですが。
まずは提訴して2週間弱で相手方から裁判所通して答弁書が届く。
これはこちらの訴状の内容に対する相手の回答というか主張で。
内容は以下の通り

第1 請求の趣旨に対する答弁
1.原告の主張を棄却する
2.訴訟費用は原告の負担とする
との判決を求める

第2 請求の原因に対する答弁
調査の上、追って認否する

第3.被告の主張
1.「金40万を平成24年01月31日限り原告指定口座に振り込む」との内容で和解に代わる決定を希望します。
2.都合により弁論当日は出廷が出来ないため擬制陳述を希望する



で、第1回前なので全く期待してなかった(第2回前になってようやくまともな和解案を出して向こうから折れてくるとの噂だったので)が、この答弁書が届く寸前、とりあえず提訴して2週間くらいのところで電話してみた。
このときこの答弁書はまだ届いてなかったが、電話の後、夕方に届いたというタイミングの悪さなんだか良さなんだか。

まぁ、いつものごとくフリーダイアルにかけて「この前過払い金の件で連絡させて頂きましたtminですけど担当者の方お願いします」といってつないでもらう。
で、担当部署につないでもらえるので
俺「何度もお電話して申し訳ないですtminですが、先日提訴させていただいたんですが、その後どのような対応をお考えですか?」(答弁書まだ届いてないしざっくり進展を伺おうと思ってた
プロミス「あ、tmin様の件は、こちらより答弁書をお送りさせていただいたんですが、まだ拝見されてないですか?」
俺「あ、まだ届いてないですね。で、今どのようなお話の感じかと思いまして」
プロミス「答弁書の内容としては40万円を1月末支払うという和解案を提示させていただいてます」
「もしよろしければ、和解の内容についてお話されます?ならばまた別の担当になるんですけど、おつなぎしますよ」
俺「あ、そうですね。早くお話まとめられればそのほうがいいので、お願いします」
というわけでまた別の部署の担当者に代わる。
俺「えっと、進展をお伺いしようと思ったんですけど、先程和解案の内容を教えて頂きまして」
プロミス「あ、はい。どうもお手数おかけします。一応答弁書は40万円、1月末支払いということで和解案提示させていただいてお送りしたんですが、どうですかね?」
いきなり交渉できそうだ。
俺「いやー、ちょっと1月末ってのは遠すぎますねー。ぶっちゃけ利息分はどうでもいいといえばどうでもいいんですけどねー」
プロミス「では、10月頭に50万、ということでどうですか?」
(おいおい、いきなり一気に折れてきたぞw
俺「え?えぇ。えっと・・・はい。50万というのは納得です。(元本は50弱)期限は・・・」
(ぶっちゃけここまで折れてくると思ってなかったので意表をつかれたw
プロミス「期限はこれ、かなり早いほうだと思うんですよねー」
俺「そうですねー。第2回までもつれたとして、すると8月末にまとまって、それからっていうともう少し遅くなりますよね?」
プロミス「そうですねー。」
俺「えぇ、じゃあそれでいいんですが、9月末とかにはならないんですか?」
プロミス「9月はちょっと申し訳ないです。上期決算があるので・・・」
俺「あぁ、そういうことですか。どうしても9月は勘弁して欲しいので10月頭と。」
プロミス「はい。すみません。過払い請求も多いので、ちょっと決算前はすみません」
俺「そういう事なら、まぁ、いいですよ。10月頭で」
プロミス「どうもありがとうございます。ではこの内容で裁判所の方には和解案送っておきますので、当日は申し訳ございませんが欠席致しますので、tmin様の方で出席されてですね、そうしないと和解が成立しないものですから」
俺「あぁ、はい。で、その内容で和解調書作ってもらえばいいんですよね?」
プロミス「はい。左様でございます。一日だけ、お手数おかけしますが裁判所の方へはお願い致しますね。」
「あ、あと振込口座を今、お伺いしてもよろしいですか?振込予約をしたいので」
俺「あ、いいですよ。〇〇銀行・・・・」
俺「いや、こんなにあっさりお話まとまると思ってなかったです。第2回、3回くらいまで頑張らなきゃいけないと思ってたんですがw」
プロミス「いえいえ、そんなお互い嫌な思いして時間引き伸ばしても仕方ないですからね。」

という感じで。担当者はえらく明るい方で、すんなり通ってしまった。
で、当日簡裁に指定された時間に行くと、傍聴席に案内された。
10人弱、座ってたので傍聴かと思ったが、みんななにかしらの消費者金融と名前が入ったファイルを持ってたりする。
裁判官が入ってくると、全員起立してまた座る。
事件番号と被告・原告名を呼ばれる。
ここでどうやら流れ作業のようにみんな過払い請求の何度目かの公判に来ていると理解。まとめて数社相手にしてる人もいるし、みんなスーツ姿だし、書士さんや弁護士さんだろうか?Gパン、サンダル、Tシャツの俺は浮いているような気がしないでもないが気にしないw
みんなほぼ1分で次々と終わっていく。
相手方が来ているところはどこもないので、裁判官が相手の主張を読み上げ(とは言っても結構適当w)、その案をのむかのまないか、のむならば和解成立、のまないならば次回公判の期日決めて結審、というわけで慌ただしいくらいに次々と結審していく。

いよいよ俺の番。
事件番号と名前を呼ばれて、原告席へ。
裁判官「えー、これはもう話ついてるんですか?50万ということで来てるんですけど」
俺「はい、10月◯日ですよね」
裁判官「えぇ。10月○日に50万を原告の指定口座に振り込む、裁判費用は互いもち、以後両者間にいかなる債権債務関係もなし、ということで」
俺「はい、それで結構です。」
裁判官「はい。ではこれで和解成立ということで結審ですね。」
俺「はい。ありがとうございました」
書記官「これに振込口座名記入して事務局に持って行ってください」(と紙を渡される
俺「えっと、これで和解調書作成ということに?」
書記官「はい、そうですね」
ものの2分ほどで終了。あっけなし。
で、渡された紙に振込口座やらを記入して、簡裁にある事務所に届けて終了。

ま、どうやら争点なしとかならばこんな感じのようだ。業者によっては第1回では話しにならず、2回、3回、もしくは確定判決までいって、というのもあるし、確定判決もらってもその後控訴されて地裁案件になるのもあるようだが。
あとは和解調書は後日郵送でもされてくるのかな?とりあえず当日はもらえなかったが。
ま、これでプロミスは終了、と。

次にCFJ(旧アイク)

ここは厳しい、ともっぱらの噂だった。相談に行った時、弁護士さんもここは「提訴して確定判決とっても控訴してくる」などと言っていたし。
そして俺の請求額は元本2万強、利息込みでも3万に届かない。提訴するのはアレな金額である。
ということで、まぁ、計算して電話してみると、「まずは請求書送ってくれ」とのことだったので、一応手渡しということで簡易書留で送ってみた。
簡易書留、これは配達記録証明はもらえないが、番号で届いたかどうか追跡できるので、まぁ充分だろうという考え。
で、届いたはずの週の後半に電話すると、「確かに受け取ったがまだ担当者が決まってない」とのこと。
マジおせぇ。ここは履歴開示からして遅かったんだよなぁ。
というわけで翌週にもう一度電話。
今度は担当者決まっていたらしく、つないでくれた。
俺「先日過払い返還の件でお電話しましたtminですけど」
CFJ「どうもお世話になります。担当者〇〇になりますのでおつなぎしますね」
俺「はいお願いします」
CFJ「お電話代わりました〇〇です。」
俺「あ、お手数おかけします。先日もお電話させていただいたんですが、まだ担当の方決まってないということだったんで」
CFJ「申し訳ないです。こちらも順番にご連絡差し上げてますので対応のほうが遅くなってしまいまして」
俺「いえいえ、で、どのようなご対応をお考えですか?」
CFJ「えー、今、これは請求いただいた方皆さんにお話させていただいてるんですが・・・」
 とここで会社の窮状を数分説明される。結構ヤバイらしい。どこまで本当かわからんが、まぁ合同会社に変わってるし、ある程度ヤバイのはマジなんだろう。
CFJ「ということで、申し訳ないのですが、当社の方で提示できる金額というのが元本の1割強でして・・・」
俺「え?1割ですか?うーん。。。確かにまぁ、僕としては利息分はどうでも良くはあるし、全額取れるとは思ってませんけれども。。。」
CFJ「申し訳ないですけど、うちもいつ武富士のようになるかわからない状態で・・・」
俺「うーん。まぁそうなると仕方ないですねー。具体的には?」
CFJ「本日和解成立ということでしたら9月中旬に3000円ということで」
俺「うーん。3000円ですかー?なんとか半分位でも・・・てムリですよねぇ・・・」
CFJ「はい。申し訳ないですが。9月までに武富士みたいになったらどうするんだっていう言い分もあるかとは思うんですが」
俺「そうですねー。でもこれ、早めるのもキツイんですよね?」
CFJ「はい。申し訳ございませんが、これも順番でやらせてもらってますので・・」
俺「うーん。ま、仕方ないですね。いいですよ。それで。こちらも電話代や郵送代考えると0じゃどうしようもないですし」
CFJ「大変申し訳ございません。では後日和解書をお送り致しますので、一通は控えとして一通は返送ください」

というような感じ。
まぁ、相当やばいようで。gdgd時間かけてる間に潰れられるよりは、まぁ少しでももらっとこうかという妥協。
もとから請求額も小さかったしね。
というわけでCFJは和解書と振込待ちということに。

最後にアペンタクル(旧ワイド)
これはビックリだった。
ま、履歴取り寄せまではCFJと似たような感じで。
開示請求すると本人確認の請求書を送ってくるのでこれに記入して返送。しかも返送料として切手同封しろとかw
で、そこから更に10日くらいで履歴到着。引き直し計算すると56000ほどの過払い。利息つけて7万ちょい。
またビミョーな金額だ・・・
まぁ、とりあえず電話してみる。
俺「先日履歴送ってもらったtminと申しますが、過払い金の返還のお話を」
アペ「お電話いただいてますのですぐ折り返しかけ直してもよろしいですか?」(この前に本人確認でフルネームと誕生日が
で、ほんとにすぐ折り返しはかかってきて。
俺「えっと、送っていただいた履歴をもとに計算してみたところ56000ほどの過払いが生じてるようだったのでお電話させていただいたのですが」
アペ「えー、当社では出資法に基づく契約かわしてますので過払いということは起こりえないんです
マジかよ・・・
アペ「これは他の方に関しても同様のお問い合わせなどございますが、弊社の回答としては出資法に基づく契約ということで」
(しっかし俺、契約書なんかとってねーしな・・・
俺「すると書面で請求書とか送っても同じなんですよね?」
アペ「そうですね。同様の回答しかできないんです」
アペ「引き直しというと法定利率ですよね?」
俺「はい。これは利息制限法ですね」
アペ「そうですよね。うちでは契約自体が出資法に基づくものになってますので」
(これは厳しそうだな。交渉の余地なしじゃんか・・・
俺「まぁ、契約自体が出資の契約になってるなら仕方ないですね。ちょっと別件で法律家に頼んでるものもあるので相談させていただいてまたご連絡するかも知れないですが」
アペ「はい。その時は私をご指名いただいて結構ですので」

これは厳しい!!ちなみに会話の内容はこんなかんじだけど、言葉遣いとかはフツーです。フツーの営業な感じ。
ということでここは今、提訴すべきかどうか検討中ではあるが一旦諦め。
調べてみると、どうも最近(今年の感じ)では判決出ても支払いをしないとかやってるようで。
もはやここは貸金業務をやってないので、差し押さえる口座もどうしようか、という感じという話も見かけるなど。
ま、プロミスの件で書士さんにお願いしたので訴状の書き方もだいたい分かったし、何よりこの金額で提訴となると全部自分でやらんともとが取れない。というか、全部自分でやってももとが取れるかどうかというところ。
しかも最終的に強制執行となるとこの手続きは素人でいけるものでもなし・・・
ということで保留だ。納得は行かないがさすがに赤字になってまで訴えるのはなぁw

と、いうわけで今回第1R終了。
結果的には最初に書いたとおり+アイフルの5000円か。
完全に電話だけ、というか履歴開示請求してすぐに向こうから電話かかってきて、請求書発射もなくまとまったのはアイフルのみ。
CFJ(旧アイク)、プロミス、アコムは書面での請求書を送ってから話し合い。
で、提示額はCFJ(旧アイク)、アイフルが約1割~(交渉の余地あり)、アコムは7割(しかし分断主張されてる)
プロミスはいきなり提訴しちゃったので、電話だけだとどうだかわからんけど、提訴後最初に出してくるのは元本の8割くらい。ま、交渉で元本くらいまでは第1回前にいけた。粘ればもっといけたかも知れないが。

かかった経費はプロミスの訴状作成、引き直し計算やり直しチェックを司法書士に頼んで印紙代込みで43000(訴額に応じて印紙代が変わるのでご了承を)、アコムに送った配達証明付きで810円(?)、CFJに送った簡易書留300円(?)、あと細々と切手代とか、フリーダイヤルじゃないとこは電話代とか。

俺の場合はもともと、請求する気はなかったけど、なんとか今年中に今ある残債を片付けたいという事情が生じたがためにやったので、(ニコニコの民事再生のために届いた債権確定通知もきっかけだが)、基本的には全額、利子分もまけるつもりはない!!っていうやり方ではない。
そもそも20後半の金利であることは了承して借りてたわけだし、借りたのは俺自身だしな。(詐欺被害が絡んでるのもあるけど)
ので、もともとはそのまま、素直に返さなきゃ、って思ってたような人なのでゴリゴリ行ってはいない。
確かに返済大変な数年もあったけど、自分でまいた種だったし、サラ金恨んでるわけでもなく、ただ早いとこ片付けたくなっただけなので。
よって、「絶対サラ金許さねー!!」って人には全く参考にならないだろうし、「何甘いことやってんだ」と思われるかも知れないけど、俺的にはこれで充分というか、これでもちょっと罪悪感感じてたりもするわけなのです。

さて、残債があるアコムとJCBはもうカード新規利用は止めちゃってるし、あとはプロミスの入金か、その前の給料分で何とかなるかもしれんけど、それで埋めて終了って感じ。
アコムは前回の話し合いでキャッシング分は消えて過払い出るっていうことは分かってるし、クレジット分の目途がたったら即電話で話し合い、ですね。たぶんそれがプロミスからの入金まちになるかなという感じで。
ま、10月だろうね。たぶん。

ま、こういうのの考え方は人それぞれだと思うけど、とりあえず、かなりのとこまでは個人で行ける。別に弁護士や司法書士に丸投げしなくても。
でも当然、時間取れない人や家族に隠して、っていう人は手数料とられてもお任せしたほうがいいだろうし。
逆に何も考えないで丸投げするくらいなら自分でやったほうがいろんな意味でいいとは思うけれども。俺の個人的な考えとしては。
とりあえず、今大変な人はまず自分で調べて、動いてみるのもいいかも知れないよ、というお話。

関連記事
過払い請求と債務整理にかかることにした
過払い請求&債務整理~2~対プロミス&アコム
過払い請求と債務整理(たぶん)ファイナル アコム編
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

過払い請求&債務整理~2~対プロミス&アコム

前回の続きですな。
過払い請求と債務整理にかかることにした

最初に進展。
プロミスは司法書士に相談の上、訴状作成だけ(+引き直し計算チェック)依頼して本人訴訟。
アコムは最後まで計算したところ残債すぐ払えそうなほどトントンになってたのでとりあえず電話交渉してみたけど失敗。
CFJ(旧アイク)はまだ履歴すら送ってこねぇw
アイフルは7月上旬振込ってことで話がついてたけど、示談書即返送したら昨日すでに振り込まれてた。
ワイドは消えてるって言ってたけど、アペンタクル株式会社に変わったらしい。よってここに電話して履歴請求。請求書送ってきて、それに身分証明添えて返送して、って話だったのでCFJ並に期待できないかも知れない。

・プロミス編
結局弁護士依頼は諦めて、というか出来る限り自分でやりたいので、過払い・債務整理関係手がけてて簡裁代理取ってる司法書士さんに相談。
プロミスは請求書送ってもあまり意味がない。いけて5割だろうとのこと。
で、うちでは請求書とかなしにいきなり提訴して1回目公判はまぁ大した和解案も出さずに相手方欠席、2回目公判前に急に電話かかってきて大幅譲歩があり、結局2回目での和解案で和解ってパターンが多いよ、とのこと。
うん。これも借金板の情報と大差ない。
で、この時点で自分でやった計算書とか持ってって相談してたので、本人訴訟で行きたいとの意向を伝えると快諾してくれた。
ので、訴状作成だけ依頼。あと、引き直しが自信なかったので引き直しやり直しも依頼。
結局経費は訴状作成代行2万、引き直し計算1万、印紙代2万弱。
訴状作成と引き直しは当然自分でもできなくはなくて、それやれば3万はうきますね。まぁ時間と知識or調べる時間があれば、の話だけど。印紙は簡裁に必ず払わなきゃいけないので必ずかかります。これは請求額次第。

訴状の内容はこんな感じ。一部個人情報的なとこと具体的な金額伏せてるけど、自分でやるって人の参考になれば。
2011-07-02 08.52.31

〇〇簡易裁判所御中

原告 tmin 印
原告住所
原告氏名
原告連絡先(携帯でおk)

被告 プロミス株式会社
被告住所 (本社?)東京都千代田区・・・
上記代表者 代表取締役 久保健

被告住所 東京都千代田区大手町一丁目2番4号
     大手町パルビル7階
(被告送達先)プロミス株式会社 管理部
     TEL 0120-72-9500
     FAX 03-3287-0543

不当利得返還請求事件
 訴訟物の価額 金〇〇万〇〇円
 貼用印紙額  金〇〇円

 
請求の趣旨
1 被告は原告に対し、金〇〇万〇〇円(利足込みの額)及び内金〇〇万〇〇円(元金)に対する平成23年6月◯日(計算書の最後の日付。大抵は預かり金返還の日)から支払済まで年5%の割合による金員を支払え。
2 訴訟費用は被告の負担とする。
 との判決並びに仮執行宣言を求める。

請求の原因
1 当事者
被告は消費者を顧客として金銭の貸付を主要な業務内容とする貸金業者である。
2 過払い金返還請求権の根拠
(1)過払い金元本
 原告は平成〇〇年〇〇月〇〇日、被告から金〇〇万円を借入れ(会員番号〇〇)その後、平成〇〇年〇〇月〇〇日(ここ、預かり金返還の日付にしてあったけど完済日でも問題ないように思う)までの間、お取引照合書(甲第1号証←ここ証拠品番号)記載のとおり借入れ、返済を繰り返した。
(2)悪意の受益者
 被告は貸金業の登録業者であり利息制限法を超える金利で貸付をしていることを知りながら、原告より返済を受けていた。よって被告は悪意の受益者であるので、5%の利足を付した。(利息合計 金〇〇万〇〇円)。

被告は原告の損失によって法律上の原因なくして請求の趣旨記載の金額と同額の利益を得ている。よって不当利得返還請求権に基づき、請求の趣旨記載の判決を求める。

証拠方法
甲第一号証 お取引照合書(被告作成) ←取引履歴のこと

付属書類
1.訴状副本 1通
2.甲号証写し 1通
3.資格証明書 1通 ←代表者事項証明書。プロミスの会社法人番号、商号、本店、代表者の資格、氏名及び住所が書かれている。法務局の登記官の署名と印があるので法務局で取れるのかな?



で、開示請求した取引履歴、利息制限法に基づく法定金利計算書、上記の代表者資格証明書が添えられてる。
ちなみに自分で計算した引き直しは結構抜けがあったようで、しかもそれが借入ればかりだったとのことでごさが大きく出てしまったがまぁ仕方ない。

これを正本、副本の原告のところに自分の印を押して、簡裁に持ってく。(郵送でもおk)
俺はちょうど平日に空きが取れたので持っていった。その場で確認してくれるしね。
簡単な確認と、その後数十分(おそらく計算書のチェック)で待たされて、そのまま第一回期日を「いつはどうですか?」と言われるので、まぁ調整して完了。大体1ヶ月半と聞いていたけど、今月末頃と意外と早い期日が取れた。

おっとその前に。
一応前回、プロミスには「とりあえず請求書送りますねー」と言っていたので、一言連絡を入れておいた。(たぶんいらないけど)
「司法書士さんと相談したんですけど、申し訳ないんですが提訴させていただくことにしました」と。
相手もまぁ、慣れたものなので、「そうですか。それではそれでこちらもその対応させていただきますので」とのこと。あっさり。

これで今回のプロミス編は終了。あとは2回目公判までの状況次第だけど、速くケリをつけたい・・・+5とかいらねぇから・・・

さて、アコム編
アコムは今、法定金利内での貸付になってて、これは数年前からなんだけど。
その前に俺の場合は何度か利率が変わってるので計算が少々めんどかったんだが。
計算の結果、法定利率に変わった数年前ですでに過払いが発生してて、その後残高は大して変わってないgdgdな感じ。
というわけでここで計算投げ出してたんだけど、最後まで計算すると結構な額になる。当然、数年前に本来残債は0になってるので、そこから借入れ、返済繰り返して残高変わってなくても、その数年分の18%の利子分が過払いに回るというわけで。

というわけでアコムに電話。
対応はプロミスみたいな感じ・・・うーむ・・・
ま、俺としては「過払いが発生してるので、その分とショッピング残債相殺して、残るようなら一括返済したい」と
向こうとしては「それは応じる、個人との話し合いにも応じる、個人との話し合いでの解決の場合はアコムとしても極普通に対応して、信用情報も大丈夫」とのこと。
ただ、「金額についてはまずは計算書(コピーでも可)と請求書を送ってください。それをもとにこちらで精査してお返事します」とのこと。
送り先は
564-0063
吹田市江坂町2-3-35 Acom江坂ビル6F アコム株式会社審査第二部公的対応センター

まぁ、残債もあるし、なんだかんだ言ってアコムに関しては俺のほうがムリを聞いてもらったことも多々あるのであまりおおごとにしたくなかったりもするので、とりあえず話し合いの方向で進めてみた。
計算書は再度抜け、間違いがないかチェックして印刷。
請求書はプロミスの訴状を参考に金額やらなんやらを適当に変えて作成。
あと書類送付について、っての作って、挨拶と同封書類リスト、あと「現在のところ話し合いでの解決を希望してます」と書いて、自分の連絡先を書いて、「よろしくご査読お願い致します」みたいな感じ。

これを配達証明で送付。オペレーターの方が「多くの郵便物が届くので、普通郵便でもいいですけど送った送らないにならないように証明できる方法で送っていただければ確実ですよ」と言ってたので。ま、810円だったが別にいいだろう。
郵便追跡で番号から探って、配達された翌日に自分から電話してみた。
すると・・・まぁ担当者は出てくれて、紳士的な対応ではあったのだが・・・
「一回完済してるんですね。これ、当社としては分断という扱いになるので、この後の計算でやらせてもらいます」とな?
俺「え?でも分断って1年以上の時に問題になるんじゃないんです?判例でも数年で会員番号一緒なら一連ってみてますよね?」
アコム「えぇ。そうなんですが、当社としては1ヶ月以上空いていると分断という扱いになってしまうんですよ」
   「で、その後の計算となると、過払い分は〇万円くらい、こちらとして提示できるのは75%程度なので〇万円、これをショッピングの残債と相殺させていただいて、残額を一括返済して頂く形になります」
(おいおい・・・俺の計算と15万以上開きが・・・すると一括返済なんて出来たもんじゃねぇぞこれ・・・
俺「うーん。俺としてはアコムさんにはムリ聞いてもらったことも何度かあるので、いくらかは譲歩して相殺した残債一括返済しようとおもってたんですけど、その金額じゃ一回で支払うのはムリですねー。」
アコム「いえ、ありがとうございます。しかし当社内の基準だとこうなってしまいますので」
俺「今相殺して残額を数回に分けて、となると厳しいですか?やはり一括で?」
アコム「そうなりますねー」
(ヤバイ。これはヤバイ・・・
俺「でもとりあえずアコムさんとしては、キャッシング分が債務消滅してること、過払いが生じている事自体は現時点で認めてるんですよね?」
アコム「はい。」
俺「するとあとは過払いの金額と、ショッピングの相殺後の残債がどうか、という話ですよね?」
アコム「そうですね。ただ、まだカード請求が来てないものもあるかも知れないですし、また、お客様の計算ともあまりに差額が大きいのでいますぐ決めていただかなくてもいいですよ」
俺「そうですね。ちょっと誤算が大きいのでこちらとしても考えさせていただきたいんですが・・・」
 「ちなみに現在のまま契約を続けて、普通に返済して、数カ月後に残債を一括返済できる目途がついた時にもう一度話しあうことは可能ですかね?」
アコム「もちろん、お客様次第ですがこのまま契約続けていただくこともできますよ」
 (よかった。とりあえずいきなり一括返済迫られることはなさそうだ・・・
俺「一応少し考えさせてください。」
アコム「えぇ、それはもちろん。その上でなにか決まりましたらまたご連絡ください。」
俺「そうですねー。一応、当面数カ月このままの契約で返済して、また数カ月で引き直した残債については一括返済する目途がつくと思うので、そのときにまた相談させて頂く、という方向で考えてはいるんですが」
アコム「それでもけっこうですよ。こちらとしてもお客様の計算との差額が大きいので、いますぐお返事いただこうとは思ってませんし」
俺「では、当面契約はこのままということで返済させていただいて、またちょっとしたら連絡させていただきますけどいいですか?」
アコム「えぇ、それでも結構です」
俺「信用情報とかはどんな感じですか?」
アコム「現在のところ、こういった個人でのお話し合いで解決された場合、不利な情報が乗ることはないですよ。ただし、数カ月後となると、その間に大きな判例や通達なんかがあると取り扱いが変わる可能性があるということはご了承ください」
俺「なるほど。ではそういうのがない限り、個人での話し合いならば大丈夫ということですね。」
アコム「えぇ。今のところはそうなりますのでご安心ください。」
俺「はい、じゃあちょっと考えさせていただきます。またしばらくしたら連絡させていただくと思いますけど。お手数おかけしました。」
アコム「いえいえ、こちらこそお時間ありがとうございました。また何かあったらご連絡ください」

という感じ。
この分断は大きな誤算!!まさか1ヶ月ごときで分断を主張してくるとは・・・!!
これにより生じた差額は約15万である。。。うーむ。今月末に5万くらい払っておわりにしたかったのだが。。。
まぁ、でも請求したから即一括返済迫られるということもなく、また信用情報的にも特にここまでなら心配いらない、ってのは安心していいかと。このへんはわりと融通効くというかなんというか。

ちなみにこんな分断の主張は裁判に持ち込めば、全く通用しないはずだ。なので、ブラック上等、もしくは完済済みの方は同じ事言われたなら提訴をオススメする。
俺はどうするかなぁ。
まぁ、キャッシング分消えてあまりが出る、というのは現時点で確実なので、今のまま返済続けていくよりは何倍もマシなのだが。
向こうの主張全て飲んでも数カ月後には縁が切れるわけだし、そう考えればまぁ悪くはないのだが。
ま、これは例の書士さんにまた相談するかも。その上でいい手があれば、さっさと片付ける方向で。どうもやはり残債有りだと強気には出にくい。ま、プロミスの片がついて振込あれば、この残債もヨユーで片付くんだがなぁ。
ま、一年以上本気で返済する予定だったのが、どう転んでも年内にはほぼ片付くことが確定したので、それはそれでよしとしましょうか。
む。しかしこのままでは+は出ないか?まぁでも、今あるのが全部0にできるならそれはそれで俺としては望んだ結果ではあるのでよしとしよう。
もっとゴリゴリ行きたい方はもっといけると思いますけどね。

関連記事
過払い請求と債務整理にかかることにした
過払い請求と債務整理(たぶん)ファイナル アコム編
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

         
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。