スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子

過去何度もお世話になり、未だAthlon64x2+M2A-VMのサーバー機では大活躍中のLinux上でのCPUのクロックと電圧制御ツール、PHCがようやくPhenomII、K10 世代にも対応し始めたようです。
とはいえ、未だα2。で、CPUのクロックステップは未実装。つまり電圧の設定のみ。
LinuxでPhenomのPStateを読み出すhw_pstate_ctrl.py
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)

これ、まぁ簡単に言えばWindowsでのCrystalCPUID、K10STATと同じことを実現するものなんだけど。
TA790GX交換完了したしとりあえずのK10Statとか
MA78GPM-UD2Hに換装してメイン機復活ととりあえずのK10Statと

で、さらに言うと、ちょっと前に紹介していただいたK10RailgunってのでK10世代のクロック、電圧設定が可能で、実際今のとこ、こちらのほうが高機能で安定しててしかも分かりやすい。
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化

PHCフォーラムのtest Releasesに上がっているphc-k8 driver 0.4.4 alpha 2が今回使用するもの。

This driver is my first version of a phc-k8 driver with some support for family 10h and 11h processors. At the moment there's only read/write access to phc_vids, but that should enable basic undervolting. Settings aren't preserved after suspend/hibernate, but that isn't supported either on the other phc targets.

If you have a X6 processor supporting Turbo Core, please contact me! The driver may or may not work in that case, either way I would like to collect some data regarding the pstate registers with both Turbo disabled and enabled.


はい。今のところ電圧コントロールのみ、で、X6に関してはTurbo Core切っといてね、的な注意書きがございます。

ま、とりあえずUndervolting your CPU on Debianと付属のREAD ME読みながら導入だけ行ってみようかと。
実行環境はPhenomIIx3 720BE GAMA78-GPM
OSはDebian(sid) Kernel2.6.32-5-amd64
上のリンク先を読むと、どうやらDebianのカーネルには必要なモジュールはすでに入っているらしい。
よってPHCをモジュールとして組み込めばOK。(UbuntuではPPAのphcカーネル使うのが良いかと

READ MEのとおり、dkmsでインストール。
1.a DKMS installation:
----------------------
"DKMS" installation is the easiest way of installing. All you'll have to do is:
o Install "dkms" for your Linux distribution.
o Run "make dkms_install" as root:
sudo make dkms_install
マニュアルでmakeinstallすることもできるけど、アンインストール考えるとdkmsの方が多分楽。

展開したphc-k8_v0.4.4a2ディレクトリに移動して、suして# make dkms_install
ココは問題なく通った。
で、デフォルトでこれを有効にするにはちとファイルをいじらねばならない。
You may want to edit /etc/modprobe.d/phc-k8 to let the driver use direct_transitions (explained in "Usage").
これだ。
# gedit /etc/modprobe.d/phc-k8.conf
最初の3行

# To use the direct_transitions functionality of the phc-k8 driver,
# uncomment the next line:
options phc-k8 direct_transitions=1


3行目はデフォルトで#が入ってアンコメントされているので、#を削って保存。(実は一回忘れたなどw

そして再起動。
インストールに成功していれば、/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/以下(CPU0のとこの数字は変わるかも?)にphc_default_vids phc_vids phc_version ってファイルができる。
本来、ここにphc_controlsが作られて、クロックと電圧を各ステップごとに設定できるはずなのだが、これは未実装。よって電圧コントロールのファイルのみができているはず。
とりあえず設定を見てみる。
$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
18 26 34 42

お?ちょっと・・・なんか数字がおかしい。
本来、READ MEにあるように1550-25*X mV このXのところの数字が18 26 34 42なはずなのだが。。。

E.g.:
AMD X2 processor:
vid = 16 => voltage = 1550 - 25 * 16 = 1150mV
Vid = 24 => voltage = 1550 - 25 * 24 = 950mV
Turion 64 processor:
vid = 4 => voltage = 1450 - 25 * 4 = 1350mV
Vid = 22 => voltage = 1450 - 25 * 22 = 900mV


どうやら基本電圧が違うような予感。
とりあえず800Mhzのときで計算すると、25*42=1050 これをデフォルト電圧0.95Vに合わせるならば、基本電圧は2000mVとなる。え?まじで?
2000と仮定して、2.8Ghzのときを計算。2000-25*18=1550mV ・・・
ここは1.325Vになるはずなのだが・・・倍数の25が違うのか?

ちなみに現状、READ MEにはPhenomIIに関しては書いていない。うーむ。
とりあえず適当に設定して打ってみる。
# echo '10 14 24' > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids のように、管理者権限でechoで4つ、指定してやれば良い。
デフォルトが18 26 34 42になっているので、まぁ適当に全部低電圧に振ってみた。(みんな真似すんなよw
# echo '20 30 38 50' > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
で、一応反映はされる。800の時で約0.5V低くなっていたはず。ん?42→50で50mVってことは倍数は12.5なのか?
というのを確かめる間もなく落ちる。やはり適当設定ではクロック可変時に非常に不安定になる。まぁ当たり前の話である。
ちなみにこの電圧、パネルのSensors-Applet読みなのでこれまたあまり正確とは言えないんだが。

うーん。結局、まだTipsもREADMEも整備されてない上にクロックのコントロール効かず、ってことは、
o For Black Edition processors, use "be_maxfid" to override. This ONLY works with direct_transitions enabled. As there are no known safe VID values, the higher fids need to be enabled vi phc_controls with a proper FID:VID pair.
このBEのOC機能も使えないわけで、非常に微妙ですね。

ちなみに。K10Railgunで定電圧設定をMSRに書き込んだ状態でhw_pstate_ctrl.pyを走らせてみると・・・これ、どうもデフォルト設定読み込んでるだけじゃないかな?
しかも俺のところではMBで全体的にちょっと落とした上でK10Railgunで細かく設定という非常にめんどくさいことをしているのでアレなんだけど。
AMD hw_pstate_ctrl reader
$ sudo python hw_pstate_ctrl.py
=== CPU 0 ===
Family: 16
Model: 4
Stepping: 2
Raw: 800001fd3800240c
Fid: 12
Did: 0
Vid: 18
PState En: 1
Frequency: 2800MHz
Voltage: 1.325V
Current: 25.3A
Watts: 34W
Raw: 800001eb38003405
Fid: 5
Did: 0
Vid: 26
PState En: 1
Frequency: 2100MHz
Voltage: 1.225V
Current: 23.5A
Watts: 29W
Raw: 800001de38004c00
Fid: 0
Did: 0
Vid: 38
PState En: 1
Frequency: 1600MHz
Voltage: 1.075V
Current: 22.2A
Watts: 24W
Raw: 8000018138006040
Fid: 0
Did: 1
Vid: 48
PState En: 1
Frequency: 800MHz
Voltage: 0.95V
Current: 12.9A
Watts: 12W

さて、このK10RailgunはopenSUSE11.3では今のところ、少なくともデフォルトでは動かなかった。
その点、一応PHCは11.3での動作報告がある模様。でもこれ、Intelっぽいし微妙だなぁ。
Cannot compile on openSUSE 11.3 anymore

ま、しばらくはDebianではK10Railgunメインに、PHCの方は進展を待ってみましょうかね。

参考
PHCフォーラムのいろんなスレッド。

関連記事
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
LinuxでPhenomのPStateを読み出すhw_pstate_ctrl.py
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
Debian squeeze にPHC導入してAthlon64x2 低電圧化
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debian Squeeze RC1 Released

Debian6.0(Squeeze)のRC1がリリースされました。ちっと出遅れたけど。
Debian Installer 6.0 Release Candidate 1 release
Debian 6.0 Is Getting Ready With An RC Installer

DLは↓
http://www.debian.org/devel/debian-installer/
一応、MLの方にリリースノートっぽいものが。

で、我が環境はすでにSidなのであまり関係ないんですが、とりあえず動作確認、っつーことでVirtualBoxでインストールしてみましたよっと。
使ったのはNetinstイメージ。ま、ネット接続環境があればどれ使ってもさして違いはないと思いますが、Netinstはイメージ自体が小さくて、足りないパッケージはインストール途中で随時必要に応じてサーバーから取得しながらインストールしてくれるっていうシロモノ。
CD、DVDの1だけ使っても、まぁ同じくネットからパッケージDLしたりするわけだし、ネット接続なしで、もしくは回線が遅くて、って場合はたくさんのイメージファイル全部使って、完全にメディアからインストールしたほうがいいかもね。

使ったVirtualBoxは4.0。いつものごとくISOをそのままマウントして起動。
Screenshot_20110116080444.pngするとインストール画面が立ち上がります。
一番上のInstallがテキストモードでのインストール、2番目のGraphicalがGUIモードでのインストール。
Screenshot-1_20110116080443.pngテキストモードはこんな感じ。
ま、取っ付きにくい印象はあるけど、実際のとこ聞かれてることはたいしたことないし、何より軽いので俺は最近こっちが好み。
パッケージ取得含めて30分程度かな?実際操作してる時間より待ってる時間のほうが長いけど。

Screenshot-2_20110116080443.png無事インストール完了して再起動。
Screenshot-3_20110116080443.pngデフォルトではGnome。無事起動です。

Graphical Installの方は、まぁ、たしかにGUIベースなんだけど、実は聞かれることも入力項目も進み方もほとんどテキストモードと変わらないのよね。。。
で、一番初心者にはネックになるであろうパーティショナーなんですが。
Screenshot-5_20110116080442.pngうーむ。微妙。。。
Ubuntu、SUSEのように視覚的に分かりやすいパーティショナー、というわけにはいかないかなぁ。
でもまぁ、何らかの経験済でパーティションの切り方、割り当てを理解してる方なら特に苦労はないんじゃないでしょうかね。

こちらも当然同じことしてるだけなので、インストールにかかる時間も大して変わらず、無事起動確認。
Netinstなので、どうやら最新パッケージ取ってきてくれるようで、初回起動でのUpdateはありませんでした。

ま、実機じゃないのでいまいち確認取れないとこもあるけど、実機のSidはちゃんと動いてるし、基本的に大した問題はないかと。

あぁ、一応既知のバグ?
squeeze リリース beta 2 の正誤表
これは実機に入れようって人は目を通しておいたほうがいいかと思いますよ。

ネットワーク/グラフィック/ストレージのカードが適切に動作しない
複数のハードウェア、特にネットワークカード、グラフィックカード、ストレージコントローラで、バイナリのフリーではないファームウェアを必要とするものが適切に動作しません。


これはそういえば、今回のリリースは「完全フリー」にこだわってるとか言ってたので、そのせいかな?
ま、あとから追加は当然できるので、たいして心配はいらないかと。
実際俺のとこでもnon-free有効にしてコーデック入れてるし、AMDのサイトから持ってきたfglrxはきっちり動いてるし。

というか、12月に出るかと思ってたんだけど未だRC、しかも1なのね。。。

関連記事
How to install Debian(text mode)
Debianでsudoを使えるようにする
sid 用の非公式パッケージや apt-line
・・Debian Squeezeリリースは2/5~6、カウントダウン開始!!
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

萌え時計完成版、Debianでも完動

萌え時計が1.0.0、完成版に!!
萌え時計1.0リリース!
萌え時計プロジェクトついに完結!

というわけで、またもDebianで動かしてみましたよ。
Screenshot-萌え時計 Screenshot-萌え時計-1ばっちり。

なお、今回TOYさん作(?)のスキンが同梱されているとのこと。
>今回カスタマイズ例として、Mikunchu♪さん向けのスキンを用意しました。
ありがたい!!

で、設定からかと思ったけどらしき項目はないのでREADMEを眺めてみる。

【カスタマイズ】
1.スキンの変更
インストールフォルダ(/usr/share/moeclock/default)内の以下のファイルを置き換えることで任意の枠やロゴを
指定できます。
・frame.png
枠の画像です。背景表示したい部分を透過した透過PNGで作成してください。
・logo.png
ロゴ画像です。右下に表示されます。サイズ制限等はありませんが、背景画像の透過が必要な場合には
枠同様に透過PNGで作成してください。
・annotation.png
ふきだし画像です。左下に表示されます。
いずれのファイルも管理者権限でファイルマネージャを開くなどして、ファイルを置き換えることが可能です。

裏技的に、新たなフォルダを作成し、上記の画像ファイルと同名のファイルを用意することで、スキンの切り替えが
可能です。
$HOME/.config/moeclock.xmlにskinという項目がありますので、その項目の値を新たなフォルダ名に変更すること
で、次回起動時より、指定されたスキンが有効になります。
例:
mikunchu


なる。
/usr/share/moeclock/にはすでにdefaultとは別にmikunchuフォルダがあります。
ということは、このファイルリネームor裏技的にxml書き換えでおkですね。
で、xmlを書き換えることに。
~.config/moeclock.xmlの20行目辺りに記述があるので、default→mikunchuに変更
<skin>
mikunchu
</skin>

これでおk。再起動。
Screenshot-萌え時計-2 Screenshot-萌え時計-3
ちゃんと吹出し、ロゴ、枠が変更されましたー。

ちなみに「時報」にチェック入ってると、ちょうどの時間になんか喋ってるw
これはインストールフォルダ(/usr/share/moeclock)内のsound.wavを読み込んでるようなので、これもファイル置き換えればカスタマイズ可能ですね。

いや、かなり素敵仕様になってる。かおりんさん、TOYさんに大感謝!!

関連記事
萌え時計なるものが登場。Debianで動かしてみたよ。
【Project】萌えせっとあっぷ!!?【Mikunchu♪】
【Project】もずくのアイコンとかサウンドテーマとかplymouthdとか【Mikunchu♪】
【Project】Audaciousのスキン新作いただきましたー【Mikunchu♪】
【Project】セットアップヘルパ超テスト版&一括導入スクリプトちょっとFix【Mikunchu♪】
【Project】最狂☆のTwitterクライアント、みくった~♪がリポジトリから!!【Mikunchu♪】

Mikunchu468x60.png
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。