スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Catalyst10.7 Released!!

Catalyst 10.7がリリースされましたー。待ってたよこれ。

AMD Catalyst 10.7 For Linux Has Eyefinity Support(Phoronix)
the Catalyst 10.7 Linux driver finally rolls out official support for Eyefinity on consumer-grade Radeon HD 5000 series hardware.

The Catalyst 10.7 also carries "production support" for Ubuntu 10.04 LTS (even though going back to Catalyst 10.4 has worked with the Lucid Lynx release) and "early look support" for openSUSE 11.3. There are also a handful of resolved issues with the Catalyst 10.7 Linux driver, which are listed below.


これはいいんじゃないの?5670でUbuntu10.04な俺のとこでは。

ちなみにWindowsな方はいつものように4Gamersが情報早いので。

ビデオ周りやCFXの使い勝手に手が入った「ATI Catalyst 10.7」公開
・VLC media player 1.1.1のGPUアクセラレーション対応
VLC media player 1.1.1でH.264形式のビデオコンテンツを再生するに当たって,ATI Radeon HD 5000/4000シリーズで,システム負荷の低減を行えるようになった


他にもあるけど、個人的にはこれが大きいかな。あとで試してみよう。VLC。

Linux版の10.6がいまいちだったのでこれは非常に期待して待ってました。というわけで早速入れてみたよっ!!
DLはこちらから。↓
ATI Catalyst™ Display Driver(Linux)
ATI Catalys version 10.7 downloads(Windows)

さて、早速Ubuntuの方は入れ替え。DLしたファイルを/homeにおいてっと。
やっぱこれ、/home直下がおすすめっす。Xが起動しない時なんかに、RecoveryModeから入って走らせたい時とか、まぁ、コンソールモードのときにパスにデスクトップとか、かな・カナ入ってると涙目なときがありますので。

$ chmod 744 ati-driver-installer-10-7-x86.x86_64.run
$ sudo ./ati-driver-installer-10-7-x86.x86_64.run


で、GUIのインストーラーが立ち上がるので言うとおりに進めばおk。
完了したら再起動。この初回の起動は未だにドキドキしますが、すんなりおっけー。(Kernel 2.6.32-24)
Screenshot-Catalyst Control Center#160;Catalyst10.6
Screenshot-Catalyst Control Center#160;-1Catalyst10.7 2DドライバとOpenGLのVer.が変わってます。

さてさて、早速10.6でガタ落ちしてたOpenArena。

~$ phoronix-test-suite run openarena

========================================
Test Configuration: OpenArena
========================================


Resolution:

1: 800 x 600
2: 1152 x 648
3: 1024 x 768
4: 1280 x 800
5: 1280 x 960
6: 1440 x 900
7: 1280 x 1024
8: 1600 x 900
9: 1400 x 1050
10: 1680 x 1050
11: 1600 x 1200
12: 1920 x 1080
13: Test All Options

Enter Your Choice: 12

Would you like to save these test results (Y/n)? n

========================================
Estimated Run-Time: 4 Minutes
========================================



OpenArena:
openarena [Resolution: 1920 x 1080]
Estimated Test Run-Time: 4 Minutes
Expected Trial Run Count: 3
Started Run 1 @ 11:11:59
Started Run 2 @ 11:12:34
Started Run 3 @ 11:13:05

Test Results:
271.7
272.1
271.9

Average: 271.90 Frames Per Second


これは!!戻りましたね。ばっちりです。

ついでにglxgearsも。

$ glxgears
9808 frames in 5.0 seconds
10109 frames in 5.0 seconds
10189 frames in 5.0 seconds
10444 frames in 5.0 seconds
10385 frames in 5.0 seconds
10412 frames in 5.0 seconds
10561 frames in 5.0 seconds
10448 frames in 5.0 seconds
10289 frames in 5.0 seconds
10258 frames in 5.0 seconds
10375 frames in 5.0 seconds
10326 frames in 5.0 seconds
10344 frames in 5.0 seconds
10419 frames in 5.0 seconds
10465 frames in 5.0 seconds
10493 frames in 5.0 seconds
10533 frames in 5.0 seconds
10338 frames in 5.0 seconds
10279 frames in 5.0 seconds
10492 frames in 5.0 seconds
10149 frames in 5.0 seconds


これも戻りましたね。大体10000ちょいで安定してくれてます。これはよかった。

ちなみに10.5→10.6でなんかいろんなスコア大きく落としてて、うちの5670へのLinux用Catalystはまだうまく最適化されてないのかなー?なんて思ってましたが、どうやらうちだけじゃなかったようで。
Phoronixでなんと!Catalyst8.6から10.6までのを比較してくれてます。さすがだぜ・・・
How The ATI Catalyst Driver Has Matured Since The RV770 Launch
いくつかの項目で10.6は10.5より大きくスコアを落としてます。全部じゃないけどね。
ふーむ。この不安定さは・・・いや。ATIならそれはそれで楽しまないかんか。

関連記事
RecoveryModeからCatalyst再インストール
Catalyst手動アンインストール on Linux
ATIドライバfglrxをLucidに投入。
Catalyst10.5が出たよー。
Catalyst10.6が来ましたよ!
ATI Catalyst 10.8 Released (for Linux)
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)

暑いっすねー。CPU熱くなってる方、多いんじゃないっすかね?
いや、Intel機はうちにはないので紹介のみです。すんません。検証できてないとこは多いっす。すんません。
いつも言ってるけど、意味が分からない人は分かってからやってくださいね。低電圧化はCPUを壊す危険がありますよ!!
失敗して起動しなくなっても俺は責任取れないっすよ。自己責任でお願いいたします。

Undervolting in Ubuntu10.04(Lucid)LTS
これはCPUの低電圧化。Linuxで動くもの。WindowsでいうCrystalCPUIDみたいなもので。
ちなみにAMD( AMD X2 processors、 AMD Turion64 processors、 AMD Turion X2 processors, except newer RM-* and ZM-* processors)の方はAthlon64x2でうちで運用してますのでこちらをご参考にしていただければ幸い。
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
ええい!!PhenomII対応はまだなのか!!まだなのか・・・OTL。

PHCのフォーラムもあるのでこちらもご参考に。Linux PHC
さて、Intelの場合はと。基本的に手順は変わらない様ですが。
まずはPHCのリポジトリ追加してカスタムカーネルを導入します。

$ sudo add-apt-repository ppa:linux-phc/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install linux-generic-phc linux-headers-generic-phc


再起動して確認。

$ uname -r
2.6.32-21-generic-phc


もしここでphcカーネルじゃなかったら、Grub2をちといじります。
これはうちのServer機の状態だけど。

$ sudo update-grub
Generating grub.cfg ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-23-generic-pae-phc
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-23-generic-pae-phc
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-23-generic-pae
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-23-generic-pae
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-22-generic-pae-phc
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-22-generic-pae-phc
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-22-generic-pae
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-22-generic-pae
Found linux image: /boot/vmlinuz-2.6.32-21-generic-pae
Found initrd image: /boot/initrd.img-2.6.32-21-generic-pae
Found memtest86+ image: /boot/memtest86+.bin
done


これで普通は拾ってくれるはず。一番上から0,1,2,3,4になります。
で、PHCカーネルをデフォルトの起動カーネルにするには(普通はインストールだけでデフォルトになってるはずだけど。)Grubの設定ファイルをいじります。

$ sudo gedit /etc/default/grub
GRUB_DEFAULT=0 ←ここをphcカーネルの番号に。
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_TIMEOUT=10


これでファイル保存してもういっかい$ sudo update-grub
再起動してデフォルトの選択されるカーネルがPHCカーネルになってればおk。

さて、それではPHC対応カーネルが入ったところでPHCモジュールを入れます。
PHCフォーラムのReleasesから。
上のリンク先ではphc-intel-0.3.2-10 offtreeを使ってますね。
For Kernel version 2.6.32 and below
phc-intel-0.3.2-10 offtree
のとこの phc-intel-0.3.2-10.tar.bz2をDL。
書いてあるとおり、これ、2.6.32用なので、Ubuntu以外、もしくは新カーネルとか旧カーネル使ってる方は自分のカーネルのVer.に合ったのDLしてくださいね。
DLしたファイルを展開。
この展開したフォルダに端末で移動します。
/home直下ならば $ cd phc-intel-0.3.2-10
さて、いよいよインストール。READ MEの3 - Build your Moduleに書いてあるとおりに。

$ make prepare
$ make
$ sudo make install


さて、ここで再起動が必要かも。で、ちゃんと動いてるか確認。

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_default_vids
40 34 31 27 23 15


これが出てれば大丈夫。で、この数字の部分が電圧のコントロール部分ね。ここを書き換えることで低電圧化を試みるというものです。
ちなみに失敗してると

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_default_vids
cat: /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_default_vids: No such file or directory


そんなファイルねぇんだけど?って怒られます。このときは手順確認してみてください。あと、CPUが残念ながらPHCに対応してない時もこれが出ます。まぁ、ざっと見たところIntelのはほとんど大丈夫みたいだけど。
READ ME見てもいまいち使い方が分からなかったんだけど(AMD用のはREAD MEに電圧、クロックの制御方法が書いてあったんだが。

Ok great now how to find the actual critical limit? There exists a script, created by the community, but it's old and it does not work for multi core CPU's and also in my particular case it sets the voltage directly below this critical limit so the PC crashes instantly.

I updated this script and made it work on multi core CPU's (hopefully it will work for you too), so you just have to download the script, then give it execution permissions and execute it and follow on-screen indications:


おっとこれは・・・この方、電圧探るスクリプトを書いてくれてるらしい。
http://openmindedbrain.info/wp-content/uploads/2010/05/intel-phc-undervolt.bash
これをDLして実行。

$ chmod +x intel-phc-undervolt.bash
$ ./intel-phc-undervolt.bash


一応Server機(Athlon64x2)で使ってみたけどやっぱエラー。うちでは確認できない・・・

~$ ./intel-phc-undervolt.bash


This script will optimize your voltages at every speed setting
by systematically lowering them while stressing the CPU.
Each voltage will be turned down until your system crashes, and the final
setting for that voltage will be 4 VIDs above that to "ensure" stability.

WARNING:
This script will crash your system as many times as there are VIDs to tweak.
You might destroy your hardware, break laws and/or die in vain if you continue.

Do you want to continue? [Y/n/?] Yes
>Found 2 CPU cores.
Multiple cores found, the script will use the
same voltages for all cores, this means final
setting will be 4 VIDs above the weakest core.

Install required packages.
Will use burnMMX (part of cpuburn package) to stress CPU.
Install: cpuburn
Do you want to continue? [Y/n/?] Yes
(ここでcpuburn(CPUの負荷テストのパッケージインストール)
Screenshot-tmin@tmin-server: ~ま、この手のソフトはこういう警告出るわな。)

Read default VIDs.
> Success!
Reset position to 0.
Read available frequencies.
> ERROR: Number of frequencies (4) and VIDs (6) do not match!


ちなみに数字の意味、AMD版はこんな感じ。

AMD X2 processor:
vid = 16 => voltage = 1550 - 25 * 16 = 1150mV
Vid = 24 => voltage = 1550 - 25 * 24 = 950mV
Turion 64 processor:
vid = 4 => voltage = 1450 - 25 * 4 = 1350mV
Vid = 22 => voltage = 1450 - 25 * 22 = 900mV


1550mvを基準に25*設定した数字分引いたのが設定電圧になるようになってる。
ので、$ echo '17:12 12:16 8:24 2:28'>/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
これで 2.5Ghz1,25v 2.0Ghz1,15v 1,6Ghz0,95v 1,0Ghz0,85v で動くようになってるんだよね。

で、上のスクリプト、うまく行くと"phc_tweaked_vids" file, っていういい感じのCPUステップを出力してくれたファイルができるとのこと。なのでこれを参考に設定するといいんじゃないかな?
で、どうやらこの方は8コアのを使ってらっしゃるようで。

1 echo "23 20 4 4 4 4" > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
2 echo "23 20 4 4 4 4" > /sys/devices/system/cpu/cpu1/cpufreq/phc_vids
3 .
4 .
5 .
6 echo "23 20 4 4 4 4" > /sys/devices/system/cpu/cpu8/cpufreq/phc_vids


これで低電圧化を図っているようです。
ここでは起動時に読み込むように、rc.localを書き換えてる。
$ sudo gedit /etc/rc.local
してexit 0のすぐ上に上の記述を書き加える。これで起動時に自動で読み込んでくれて、手間がかからないんだけど・・・ぶっちゃけこれはおすすめできないなぁ。
まぁ、デフォルトカーネル(PHCじゃないの)できどうすればいいんだけど、起動時自動読み込みって失敗すると起動できなくなっちゃうもんね。個人的には起動後に自分で設定走らせるのをオススメします。(K10STATとかと一緒だね。)
で、上の記事では38.4W→ 28.7W 59°C →52°Cとなって、効果は結構あるよ!!

PHCフォーラムみてると、Intelの場合はデフォルトの最低電圧以下に設定できない、つまり、最低クロック時にはそれ以上低電圧化できないとかいうようなこともいくつか見かけたので、他のステップで定電圧化して、ちょっとクロック上がったときに発熱を抑えるってことになるのかな?

PHC Wikiによると対応CPUは

・ Pentium M (Centrino Based) with limitations

Some combinations of System Board/Bios in combination with a Centrino CPU may not work with acpi-cpufreq based PHC modules. The “old” speedstep-centrino patches should work but are not maintained as well as the new acpi-cpufreq based PHC modules.
・ Intel Core
・ Intel Core2
T-Series
P-Series


とのこと。
PHC Forumにはいろんな方の報告なんかも上がってるので、設定前には参考にされるといいかと思いますよ!

関連記事
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
LinuxでPhenomのPStateを読み出すhw_pstate_ctrl.py
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
Debian squeeze にPHC導入してAthlon64x2 低電圧化
完全に素のDebian(Squeeze)でPowernowdのCPUステップとPHCを動くようにする
k10ctlを使ってLinux上でPhenomⅡの低電圧化を試みる
Linux PHC使ってDell Studio 1737の低電圧化(LMDE)
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Mozcに辞書追加。

憩いの場さんでMozc+dict: 辞書を強化した(変態化した?)Mozcを作ってみたなんて記事が。
私家辞書ってのはちょっと微妙ではあるんですが、確かにデフォルトの辞書ではいまいち物足りないことも少なからずあったので、今試しにこれをインポートしてみてテストがてらこの記事書き中。
なのですが。なかなか使い勝手はよさそうですよ。これ。ま、まだインポートしただけではありますので、変換の優先順位的に「おいおいw」ってのはちょくちょくありますが、ま、この辺りは学習次第なので使い込んでいけばそれなりについてきてくれるでしょう。たぶん。

一応自作Deb.RPMのページでmozc-server+dictってのが置いてありますので、これを入れればOKみたい。
なのですが。
僕のところでは先日のエントリで書いたように、PPA for Japanese packages for testers でPPAのリポジトリ登録して、こちらにUpdateをおまかせしてしまいましたので、辞書のみ手動でインポートしてみました。
http://linux.ikoinoba.net/file/mozc/
こちらから。 mozc-dict-20100714.zip をDL。
これを展開すると。。。えーと、3つあるんですけど。。。Screenshot-mozc-dict - ファイル・ブラウザ

Google-IMEのユーザー辞書形式に変換したファイルを置いときます。 (システム辞書形式のファイルも入ってます)


とのことなので、これが分かれてるのね。

・mozc-system-dict/mozc+dict.txt
Mozc本体を自分でビルドしている人用のシステム辞書です。
ソース(data/dictionary/dictionary1.txt)に追記して使います。

・googleime-user-dict/mozc+dict.txt
上のシステム辞書をユーザー辞書形式に変換したファイルです。
辞書ツールからインポートして使います。
ファイルが巨大なため、インポート作業に多めのメモリが必要です(100MBぐらい?)
メモリが少ない環境では分割して入れたほうがいいかも

・msime-user-dict/mozc+dict.txt
ついでなのでMS-IME形式に変換してみた。

・my-user-dict.txt
私のユーザー辞書(?)です。
これぐらいは一発で変換できてほしい、と思った単語が入ってます。


というわけで、まぁ、とりあえずmozc-system-dict/mozc+dict.txtとmy-user-dict.txtを追加してみた今の状態。(今はもう自分でビルドしてねぇけどw
まぁ、俺としてはデフォルトでそれなりに満足してるし、一部専門用語が変換できないのがアレなので、その辺自分で追加してけばいいかなーなどとも思ってたんですけど、いい機会なので入れてみることにしました。

mozc-plus-dict.pngこれはばっちり。(なぜかうまくSS取れなかったので画像は借り物。
一期一會 一五一会 苺いちえ 一期一会 あぁ、確かに優先順位的に。。。
ま、語彙自体は相当増えてるので、ちょっとしばらく使ってみましょうかね。

ちなみにインポートはMozcの設定から。
Screenshot-辞書をインポートDictionary toolから「辞書をインポート」
Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102) Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102)-1 Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102)-2
で、それぞれ名前つけて、インポートする辞書でmozc-dict-20100714.zipから展開したのの中に入ってる~~.txtってのを選択すればおk。
ということは。
これ、この方法ならまぁ、辞書が気に入らなかったときは辞書ツールから該当辞書を削除すればおkなのか。
最初から同梱のdebパッケージ入れるより、もしかしたら自分で管理したい人向けにいいかもしれないっすね。(同梱版使ったことないのでアレですが。

いやー、SAWAさん、これ、ちょっと大変なものに手を出してしまったような気もしますが、とりあえずお疲れ様&感謝です。

さて、ちょっと話はそれますが。
前に同梱されてました、UTSUMIさんの私家辞書、一時配布停止になってましたが、再開しましたね。
Mozcを試しに使う
ま、某匿名掲示板のスレとかでちと揉めてる感じだったし、Google本家の報告にもなんか行っちゃってたみたいだし。
ちょっとなんか色々残念だったんですが、まぁ、なにはともあれ再開したとのことなので、以前からこちらの辞書使われてた方はこちらを選んだほうがいいかもしれません。

■前置き
EDICT, 郵便番号, 顔文字 以外は再配布禁止です。
You can redistribute edict/zipcode/kaomoji files,
but you can't redistribute other files.

私の辞書が組み込まれたMozcをそれと知らずに使っている人が多く、
各所で迷惑をかけているようですので、
再配布禁止という形でリリースを再開します。


私の辞書が組み込まれたMozcをそれと知らずに使っている人が多く、
各所で迷惑をかけているようですので、
うーむ。SAWAさんとこで配布されてたやつのことかな?
ぶっちゃけあんまり気にすることもないような気がしてたけど、まぁ、ご本人様が感じられることがあったのならば仕方ないかなぁ。

で、憩いの場さんではMozcの追加辞書を作成しているUTUMIさんのコメント にて色々手は打ってくれたようですが、それでもおさまらず、一時公開停止になってたんですよね。
ちなみに元のライセンスであったBSDライセンス

Copyright (c) <年>, <所有者>
All rights reserved.

ソースコード形式かバイナリ形式か、変更するかしないかを問わず、以下の条件を満たす場合に限り、再頒布および使用が許可されます。

* ソースコードを再頒布する場合、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
* バイナリ形式で再頒布する場合、頒布物に付属のドキュメント等の資料に、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
* 書面による特別の許可なしに、本ソフトウェアから派生した製品の宣伝または販売促進に、<組織>の名前またはコントリビューターの名前を使用してはならない。

本ソフトウェアは、著作権者およびコントリビューターによって「現状のまま」提供されており、明示黙示を問わず、商業的な使用可能性、および特定の目的に対する適合性に関する暗黙の保証も含め、またそれに限定されない、いかなる保証もありません。著作権者もコントリビューターも、事由のいかんを問わず、 損害発生の原因いかんを問わず、かつ責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか(過失その他の)不法行為であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用によって発生した(代替品または代用サービスの調達、使用の喪失、データの喪失、利益の喪失、業務の中断も含め、またそれに限定されない)直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害、または結果損害について、一切責任を負わないものとします。


ということなので、再配布自体は問題ないんじゃないの?と。(あ、俺がコンパイルしたMozcアップしてたのは、Mozcがこのライセンスにも関わらずこのテンプレート同梱してないのがやばいかも。)

で、再開した辞書の方では、Copyingはこうなってます。

EDICT, 郵便番号, 顔文字 以外は再配布禁止です。
You can redistribute edict/zipcode/kaomoji files,
but you can't redistribute other files.


む?SAWAさんとこの人名辞書、大丈夫かしらん?コメント欄でもうご指摘されてるようですが。

> -UTUMIさんの人名辞書の一部
> 再配布・改変は御自由にどうぞ
Sawaさんの自家製辞書一本でいったほうが全体の整合性をとりやすいと思います。
(古い人名辞書はメンテナンスしませんし、
新しい人名辞書はライセンスを変えているという事情もあります。)


うん。俺も後々のこと考えると、そのほうがいいと思いますね。こんなのでもめるのも、ちょっと残念なんだけど。

なんか、OSSの方がライセンスに敏感で厳しいのよね。色々と。
個人的にはネットに上げた以上、全ユーザーにこういうこと理解した上で使ってもらうってのは(再配布、改変含めて)なかなか難しいと思うんだけど、まぁ、やはり作者さんには敬意を払うべきだし、変なことで揉めてしまうのも嫌だなぁ、と思う次第なので、一応簡単な経緯を書いてみたんですが。(この件以外にもライセンス、再配布関連でもめるのも少なからず見てきましたし。
使われる方はこの辺りのこと、なんとなくでも把握しておいたほうがいいと思いますよ。そして節度を持った利用を心がけるようにしてくださいねー。

関連記事
Google日本語入力を試す on Ubuntu10.04
辞書・設定機能がついたmozc(0.11.365.101)を試す。
MozcがUpdateされてSCIMに対応したよ。
MozcがPPAのリポジトリに上がってるようで。
遅ればせながらMozc0.12.422.102ビルド。
Mozc Update早速ビルド。(0.12.434.x)
Mozc Update(0.13.464.102)
Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。Mozcもね!!
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。