スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Radeon HD5670 レビューその2 動画再生ってどうよ?

さて、先日投入した玄人のRadeonHD5670。俺の使い方では肝心の(?)動画再生なんかどうでしょうか?
これをWindows上、Ubuntu上両方で試してみました。
テスト環境は
PhenomIIx3 720BE(3.0G@Windows 2.8G@Ubuntu)
GAMA-78-GPMーUD2H
襟草 DDR2-800 1Gx4
玄人 Radeon HD5670

まずはWindows。
そういや最新のWMPは動画再生支援に対応してるとか何とか。
せっかくなのでFullHD動画再生テストで使ったのとかで色々試してみました。

まずは動画関係ないけど、MTYのGPU対応Ver.まあ、待て屋。爆速GPU版(Radeon専用)
これは動かすのに多少の細工が必要。
>AMDCALRT.DLL, AMDCALCL.DLL がないとCPU だけで動こうとします
とあるのだが、今のCatalyst10.3は、というか9.3辺りから仕様が変わったらしく、aticalrt.dllにレジストリの名前が変わってる。
ので、Windows/System32にあるこのaticalrt.dllとaticalcl.dllをコピーしてMTYのフォルダに入れて、それぞれatiのとこをamdにリネーム。これでMTY.exe起動すればOK。
MTY.jpgこれはすごい負荷。
45Trips/s 5Trips/s@CPU 40Trips/s@GPUくらいを前後するけど、GPU-Z見てるとほぼずっと99~100%。
しかし、これ数分走らせつづけても温度は50℃ちょっと。ファンもまぁ、多少気になる程度にはうるさくなりますが、それでも50%くらい・・・ってこれ、100%で回るような場面あるのか!?
高負荷なゲームやりつづけたときとか、かなぁ?そんな場面が俺の今後にあるのかは知らないけど。

さて、動画の方は一応いろんなプレイヤーで試してみたけど、ぶっちゃけどれもさして変わらなかった。
意外なのはWindowsではSMPlayerだけほぼ使い物にならなかったことだったけど。これだけコマ落ちしまくってダメ。
Test movie WMP1_20100330060741.jpg TestMovieWMP.jpg
まずはWMP。これはCPUもGPUもほぼ中間クロックでまかなってるけど、どちらかといえばGPUの方は中間から最高を上下、CPUは中間以下をキープ、って感じ。

Testmovie MPC2 Testmovie MPC
MPC Home Cinema。これが手軽なフリーソフトのくせに非常に健闘。というか、WMPとほぼ変わらない。
若干こちらの方がCPU負荷が高いような気がしないでもないけど、その程度の違い。
GPUのロード見てるとしっかりGPU機能を使ってくれてるっぽいです。

PowerDVD2.jpg PowerDVD.jpg
PowerDVD。確かこれ、シェアウェアだった気がするけど、LGの光学ドライブの付属ソフトでついてたんだよねー。
設定で「動画再生支援を使用する」にチェック入れて。フルスクリーンでももちろんOKなんだけど、GPU-ZとK10Stat見れなくなるので、ウィンドウサイズめいっぱいでかくして。
さて、この手のテストでは推奨されてる(?)ことが多い(?)このソフトですが、はっきり言ってあんまりWMPやMPCと変わらない。
この3つはとりあえずどれ使ってもそんなに変わらない。起動の軽さ考えるとMPC HomeCinemaが最高かもしれない。俺としてはね。
ちなみにこのMPC HomecinemaはこちらからDLできます。http://mpc-hc.sourceforge.net/

さて、問題のUbuntu10.04。
これはね、最近気づいたんだけど、シンプルなMplayerそのものが一番な感じ。
ウィンドウサイズも自動で調整されるし、設定項目も豊富なので。
ただ、プレイリストやらドラッグ&ドロップが充実してるとは言えないので、実質的に実用的なのはGnomeMplayerかSMPlayerになると思うんだけど、テストするには一番いいんじゃないかと。
というわけで、同じ動画をMplayerで再生。
Screenshot-1_20100330062449.png Screenshot-2_20100330062344.png Screenshot-3_20100330062344.png
いや、すまない。無謀なことにCompiz有効にしたまま、しかもバックグラウンドでいくつかアプリ動かしたまま、という適当さで試しましたので、画像縮小しないとアップローダーの容量規制が・・・
結論的には十分とはいえないかもだけど、ちゃんと効いてる。
GPU-Z的なソフトがない(知らない?)のでアレですが、CPU負荷を見てる限りWindowsでMPC使ったときとほぼ同じ。
ただ、マルチコアの分散がLinuxの方はいまいち苦手っぽいので、俺の場合PhenomIIx3なので3コアあるんだけど、1コアが最高クロックになって、残り二つは800Mhzのまま、という状況は多々ありますね。
ま、このことは動画再生に限った話ではないけれども。

ちなみに今現在入ってるfglrxは2:8.721。Catalyst10.4扱い?リポジトリから入れた奴ですね。Catalyst10.3はまともに動きませんでした。

で、Windowsの方でGPU-Z、Catalyst両方でクロックの可変が効いてるのが確認できます。
コア/メモリ
157/300
400/450
775/500
と負荷に合わせて変わってくれる模様。なんか微妙に違うクロックが表示されてたりするときもあるんだけど・・・。それは誤差範囲なので、たぶんこの3段階。たぶんだけど。

というわけで、結果は良好。まぁこのスペックなら当たり前といえば当たり前ですが、コマ落ちなどもなく快適。
Ubuntu10.04の方でもコマ落ちとかなかったよ!
どうもxorg-fglrx-driverなんかはまだ開発中っぽくて依存関係からfglrx、amdcccと共存できないみたいだけど、これは開発陣の方々、よくやってくれましたねー。
Phoronixに10.04でのMesaとCatalystのベンチ比較が出てるけど、段違いだもの。
Catalyst vs. Mesa Performance With Ubuntu 10.04

β1リリース直後はどうなることかと思ったけど、今は蝶・快適です。
26-07-blood2.jpg蝶・サイコー。

関連記事
ATIドライバfglrxをLucidに投入。
とうとう来るのかATI Radeon HD 5670
ATI Radeon HD 5670搭載ビデオカードが発売・・・だけど・・・
じゃあHD5570はどうよ?
じゃあNVIDIAはどうなってるの?240辺りがいいの?
モニタ買い換えた。21.5Wide。
Radeon HD5670イヤッッホォォォオオォオウ!
Ubuntuで市販DVD再生
ケース前面のファンは吸気か排気かてすと
・・AMD Phenom II X6ね。どうでしょうかね?
VistaのCatalystでCompizっぽく仮想デスクトップを作ってみる
Catalyst10.5が出たよー。
FFXIV公式ベンチが出たらしいので走らせてみたよ。
Geforceのミドルの本命?460が出てきましたね。
ATI Catalyst10.8 Released (for Windows)
Marverickにきたfglrxの性能やいかに
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive

e-tokka ・ドスパラ超特価品・クレバリーPCパーツ特価TSUKUMO ネットショップ
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LiveCD起動時などの「Buffer I/0 error on device fd0; logical block 0」の回避方法

昨日の記事(U-bonさんのとこでLucidの起動時間がすごいことになってるようなので、俺も試したら40秒とかかかってたりなど。
)で俺のとこの環境でブート時間とログイン後デスクトップが表示されるまでに10秒前後時間がかかってしまう、とか書いてましたが、後者は解決しました。

カーネルログを見慣れないながらも色々探ってると、こんなエラーが出てる。
Buffer I/0 error on device fd0; logical block 0
しかも、数十秒おきに。
これ、実は過去に見たことがあるんです。
そう、LiveCDの起動時、そしてLiveUSBの起動時。「やたらと時間かかるなー」とか思ったときに、Alt+F1で見てみると、このエラーが延々と出てるときが何度かあったのです。
当然のことながら、Lucidのβ1のLive起動時も出てましたね。

これ、本家のフォーラムに上がってました。結構多いみたい。
Problem with Install CD - "Buffer I/0 error on device fd0; logical block 0"
さて、読んでみると、どうやらフロッピードライブがないのにフロッピー読みにいこうとするのを延々と繰り返してるエラーらしく。
#8にこんなことが。

Basically, I had recently removed my floppy drive (fd0) and had not turned it off in the BIOS,
doing so fixed the problem.


なるほどね、フロッピー俺つないでないんだけど、そういやBIOSでは有効になってたっけ。
というわけで、BIOS設定からFDDをNoneに変更。
これで再起動かけると・・・LiveCDの起動はOK。
HDDの方のは、起動時になんか引っかかるのは解決せず。
しかし、ログイン後デスクトップ表示までに10秒程度かかってたのは解決。数秒で表示され、操作可能に。
ログ見てもエラーは出てないです。

うーむ。あなどりがたし。BIOS設定。

そういやもうLucidのβ1はUpdateも落ち着いてきて、大分安定して使えるようになってきてますよ。細かいエラーはちょくちょくあるけれども。

関連記事
Linuxerに送るトラブル対応の心得
Ubuntu 9.10でもやっぱりPulseaudio削除
Ubuntu 9.04 「dpkg: サブプロセス post-installation script はエラー終了ステータス 1 を返しました」からの復帰
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Radeon HD5670イヤッッホォォォオオォオウ!

とうとう買っちゃいました。RadeonHD5670。店頭でGT240とめっちゃ迷ったぁ。
これね。で、超対向馬だったのはこれGT240。同じく玄人の。

結局近所のショップに見に行ったんですけどね。両方特価だったんです。
で、HD5670は8480円、GT240は8980円。その差、わずか500円。これは迷うって!!
ちなみに前調査で候補に上がってた5570はSapphireのしか置いてなくて、かつなぜかの10000越え。この時点で俺の中では圏外!
まぁ他のメーカーのだと10000前後とか多いんですけど、「サポート?何それ、食べれるの?」みたいな俺にとっては玄人志向でまったく問題無し!!
どうせ自作なんて自己責任じゃん。初期不良だけだって。心配なのは。たまーに相性もあるけどさ。

というわけで実質GT240vsHD5670の2択になっちゃったんですが。まぁ、HD3650からの換装ですので、はっきり言ってどれ選んでも消費電力はアイドル分低減だわ性能は何をどうとっても上がるわで全く問題ないっすね。
当初の予算、10000以下ってのも満たしてます。
問題はLinuxでどちらがよりまともに動くか、ってことだったんですが、NVIDIAもなんだかそれなりにまだバグ多いっぽいし。
そうするとこれは悩ましい。マジで。
でもまぁ、どちらでも希望は満たされるので・・・


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   HD5670イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

 .. .: ∬ ::::: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::え?よくよく考えるとGT220あたりでもよかったんじゃね?
  ストン   /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::: こんなにハイスペックどうすんだよ。ほとんどゲームもやらんのに。
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

まぁ、深く考えてもIYHerはやってられん。結果オーライっすよ。
. .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: * 。+ ゚ + ・
        ∧ ∧.  _::::。・._、_ ゚ ・
       /:彡ミ゛ヽ;)(m,_)‐-(<_,` )-、 * そう、使い道など買ってから考えればいいんですよ。
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::iー-、     .i ゚ +
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l  ゝ ,n _i  l
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄E_ )__ノ ̄

というわけで、とりあえず換装は簡単。まぁ挿し換えるだけですからね。
まず最初に、超静かです!
まぁ、HD3650はファン壊れかけてたので当たり前といえば当たり前なんですが、今一番うるさいのはケースファンになりました。
で、BIOS画面からすでにわかる画面の綺麗さ。M2A-VMのオンボードからHD3650に変えたときも相当感動しましたが、その感動の7割くらいの感動でしょうかね。

まずはUbuntu10.04の方を起動。これは非常にあっさりとすんなりと。
Screenshot-Catalyst Control Center#160;Catalystもちゃんと認識してくれてました。

で、とりあえず軽くベンチ。

$ glxgears
9927 frames in 5.0 seconds
10461 frames in 5.0 seconds
10333 frames in 5.0 seconds
10157 frames in 5.0 seconds
10342 frames in 5.0 seconds


これは3650では8007 frames in 5.0 secondsくらいだったので、約2割増し。意外と差はないっすね。
で、OpenArena。

$ phoronix-test-suite run openarena
OpenArena Test Results: 223.0 222.1 220.1


これは同じくLucidで3650でやったときに90弱だったので、2.5倍くらい!!
画面見ててももう別次元です!!

さて、Vistaの方はと言うと・・・こちらは解像度がアレなことになっちゃいまして、さらになんか警告出てましたので、とりあえずATIフォルダに残ってたCatalyst10.2のインストーラー起動して入れ直しっと。
Ubuntuに慣れてると、この後の再起動が長いこと長いこと。フリーズしてんじゃね?と思い、何度電源ボタンを押そうとしたことかw
で、一応無事再起動してもまだ解像度がアレなことになっちゃってましたが、これはCatalyst起動してモニタのとこから正しい解像度設定してあげればOK。
これでばっちり!!
エクスペリエンスはゲームグラフィック5.2→5.9 グラフィック5.6→5.9。
Vistaでは5.9が最高なので、これで全ての項目が5.9となり、もはや死角なし!!
さて、とりあえずベンチいくつか。
CPUID5670.jpgいつも使ってるCrystalCPUID2004。
CPUID102_20100302220842.jpg同じCatalyst10.2の3650の結果がこちら。
いつものごとくバックグラウンドでいろんなアプリそれなりに動かしたまんまの結果ですので、正確さには欠けますが、あんまり差がないなぁ。
と思いきや、ゲームベンチ系に入るとその差は歴然ッ!!
まずFFXIは今までLowで6000弱だったのがHiで6000越え。これは序の口。古いゲームだしね。
TLbench5670.jpgタイムリープブートベンチ。いきなりこれに行くのがアレですがww
trope.jpgこれは前やったときね。SP1のころだけど。
いやー、前は重くなるオプション全部外して40~50FPSだったんですね。
これがオプションにチェック入れまくって上の結果。それでも倍近くのスコアです。
ちなみに前と同じ感じでやってみると120~130FPS。約3倍!!

さらに、キツいことで有名な3DMARK。4Gamersのアレ。
3Dmark5670.jpgこれはですね、グラフィックの項目がまともに動くようになりました。
まぁ、テストによりだけど、大体40FPS前後。快適とは言い難いけど、まともに見れる。
3650じゃもう動画とは言えない状態でしたからね。一桁変わってますw

まぁ、まだこんなもんしか試してない上にVistaの方はまだCatalyst10.2のままだけどさ。
3Dゲームをそれなりに動かすならば、快適。戦国無双2もやってみたけど、こちらは60FPSちょっと。これも大分変わりましたね。

さらに。アイドル時にはしっかりクロックが落ちてるのがCatalystでも確認できます。
これが欲しかったんだよ!!3650は固定でしたから。

.: : : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::
 . . : : : :: : : :∧∧::: :: : :::: :: ::: ::: ::::さらに温度は40℃前後、負荷かけても55℃とか。
  . . . : : : : /    \::::::::::::::::::::::::::::::::::: これは結果的には・・・
      (;;;::::::   ) . . .: : : ::: : :: :::::::::::: かなりGJ!!でしたね。
  w    /⌒:::::⌒\:. . .: : : :n::::: :::::::::::::::::::::
  □  /;;;;;:::::::::::::  \._____( ) ::: . :::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄/ ;;;;;;;::::::::::::::::::  \ / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

え?ゲームやんないじゃんって?アイドル時はしっかり節約できてますから!!
前よか温度も下がったし、快適快適。
心配だったUbuntuの方でもしっかりまともに動きましたしね。いやー、いいわ、これ。補助電源もいらんし。

関連記事
とうとう来るのかATI Radeon HD 5670
ATI Radeon HD 5670搭載ビデオカードが発売・・・だけど・・・
Radeon HD 5600の情報多少追加。
で、HD5450が出たわけだがこちらはさらに微妙ですね。
じゃあHD5570はどうよ?
じゃあNVIDIAはどうなってるの?240辺りがいいの?
Phoronix Test SuiteでAthlon64x2 4800+とphenomIIx3 720BEのUbuntu上のパフォーマンス比較してみた
Ubuntu9.10のパフォーマンスは?phoronixいくつか+hdparmで比較。
Radeon HD5670 レビューその2 動画再生ってどうよ?
ケース前面のファンは吸気か排気かてすと
AMD Phenom II X6ね。どうでしょうかね?
VistaのCatalystでCompizっぽく仮想デスクトップを作ってみる
Catalyst10.5が出たよー。
FFXIV公式ベンチが出たらしいので走らせてみたよ。
Geforceのミドルの本命?460が出てきましたね。
ATI Catalyst10.8 Released (for Windows)
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive

e-tokka ・ドスパラ超特価品・クレバリーPCパーツ特価TSUKUMO ネットショップ
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。