FC2ブログ

U-bonさんのとこでLucidの起動時間がすごいことになってるようなので、俺も試したら40秒とかかかってたりなど。

Viva!Ubuntu!!さんで信じがたいような驚愕の記録が出てるようで。
SSDだと起動が驚異の 3.86秒をマーク! Ubuntu 10.04ならば、もはやスリープは不要?
まさかの5秒切りですよ!!マジかよ・・・!

というわけで、うちでも試してみましたよっと。
実際Lucidになって、起動自体は体感でばっちり速いです。スプラッシュ出てからがもう速いこと速いこと。
ですが、当方の実機の環境では、なぜかブート選択画面から起動スプラッシュが表示されるまで、そしてログインしてからデスクトップが表示され切るまで、というビミョーなとこでなぜか時間が取られてるんですね。
で、まぁBootChart入れて測ってみましたよ。
$ sudo apt-get install bootchart
で、これインストールすると、/var/log/bootchart内に次回起動時からの記録が画像で残ります。
いっつも一度は入れてみるものの、この/var/log/bootchartが膨らんでいくのと、BootChartの書き込み自体分の起動時間の遅れが発生するので、適当なとこでPurgeしちゃってるんですけど。
結果は・・・ほぼ40秒台・・・OTL
tmin-desktop-lucid-20100327-3_20100327132011.png43秒 tmin-desktop-lucid-20100327-4_20100327132010.png24秒 tmin-desktop-lucid-20100327-6.png34秒
あと数回測ってるんですが、これは大体40秒台で。50秒のときはファイルチェック入ってたと思うので、まあ頷けますが、この差はなんなんだぜ?
いや、俺のとこでバラつきすぎてるってのと、U-bonさんとこのとえらく差が開いてるのが非常に気になります。
で、まぁ実機ではPreloadやらfglrxやらV-boxやら、起動時に読み込まれるモジュールとか色々あるし、このせいではなかろうか?と。

で、ほぼ素のままα3から使ってるVirtualBoxの方のLucidで試してみましたところ・・・なんと10秒前後!!
やっぱ速ぇよ!!10.04!!
tmin-desktop-lucid-20100327-1.png14秒 tmin-desktop-lucid-20100327-2.png10秒 tmin-desktop-lucid-20100327-3.png9秒 tmin-desktop-lucid-20100327-4.png8秒!! tmin-desktop-lucid-20100327-5.pngこれも8秒!!
と、こちらはほぼ安定して10秒前後と言う結果。すげぇな、おい。

ちなみに実機の方はPhenomIIx3 720BE 2.8Ghz GIGA GAMA78GPM-UD2H DDR2 1Gx4 Radeon HD3650 SAMSUNG HA250HJ、という感じ。
Virtual Boxの方は設定で3コア、メモリ1G割り当て。
両方Ubuntu10.04 β1amd64ですね。

しかし実機の方が遅いんだよなぁ。余計なモジュールあるとはいえ。まぁ、fglrxは出たばっかだし、グラボもHDDももう2年近いのでガタがきてるのかもしれないけれども。それにしたってこれはないだろう。
いや、1分切ってる上に9.10と同じくシャットダウンも爆速なので、それ自体には文句はないんですが、どこでこんなに差が開いちゃったかなぁ?
ま、それでも十分速いですけどね。

関連記事
Ubuntu 10.04 α3が出ましたが。VirtualBoxにて試してみました。
Ubuntu 10.04は外観が大きく変更されました。
Ubuntu10.04 LucidLynx β1 Rereased!!
Ubuntu 10.04 β1 実機突貫!
ATIドライバfglrxをLucidに投入。
Boot chartでUbuntuの起動時間を測ってみる
LiveCD起動時などの「Buffer I/0 error on device fd0; logical block 0」の回避方法
Ubuntu 10.04 Lucid Lynx released!!
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

KDEでCompiz&Emerald

当然Ubuntu10.04β1での設定ですが。
KDEでCompiz使うとどうも不安定だったのがなんとかなったのとEmerald Thema Manager入れていくつかテーマ入れてみたのでそのメモ。
とりあえず俺の今の環境ではfglrx入れないとCompiz有効にしたときにWindow decoratorがまともに動かなかったのですが、fglrx入れてからはこれは解消。
というわけで本格的にKDEのCompizの設定にはいることにしてみました。
一応結果としては大体のところうまくいったんだけど、なにぶんKDE自体にあまり詳しくないので、いらん手順がいくつか入ってるかもしれないけれども。

Window DecoratorのKDE4は現状落ちてしまうので、今までとりあえずGTKを使ってたんですが、これじゃああまりにGnomeと代わり映えしなくていまいちな感じだったので、KDEの方ではEmeraldを使ってみることに。
これがか・な・り・いい感じなので、Gnomeの方でも使ってみたくなったりなどしているのですがw

まずSynapticから入れたのはemerald libemeraldengine-dev libemeraldengine0 oxygen-cursor-theme-extra。
「Emerald」で検索すると引っかかるので、それを導入。
で、Compiz Fusion Iconを起動すると、タスクバーの右クリックメニューのWindow decoratorにEmaraldが追加されてます。
スナップショット37もしかしたらこのために再ログインが必要かも。

で、Emerald自体はこのEmerald Thema Managerで設定できるんですが、これは後ほど。
なぜならまだCompizが不安定過ぎる!!もうね、ウィンドウ固まって操作できないなんてのは日常茶飯事。これはなんとかせねばやる気に関わります。
Compizの詳細設定で不必要なの削りまくってもダメだもんなぁ。
ということで、先日のKDEの記事で教えていただきました、KDEシステム設定から再挑戦。
スナップショット19デフォルトのアプリケーション>Window managerからCompizを選ぶとこまでは同じなんだけど。
ここで右側の「設定」ってボタンクリックすると・・・
スナップショット20簡易版Compiz設定マネージャーが起動するので、ここで適当に設定します。
結論から言えば、この操作が足りなかったっぽい。とりあえず俺としてはGnomeでいう通常効果相当があれば必要にして充分なので、「中」を選んで各タブから適当に設定足しましたが、たいしたことはしてません。
これでCompiz Fusion Icon起動して、Select Window ManagerからCompizを選択。
これで固まらなければとりあえずのところは成功。

さて、ではEmeraldの設定に。
まずはKDE.lookにでも行って素材を調達してきましょう。
Window decorationのBerylってのがEmeraldのテーマなので、いくつか気に入ったのをDL。
拡張子が.emeraldになってるので、これをそのままEmerald Thema Managerで開けばOK。
スナップショット21インストールに成功すれば、このように選択可能になります。
スナップショット23他にもタブの「テーマを編集」から細かい設定は色々出きるので、この辺はお好みで。
スナップショット24色なんかも設定できるし、「フレーム、影」からは透明度なんかも設定できます。

ちなみにこれでまともにCompizが動くようになったので、Konsoleの透過表示も可能に。
スナップショット39「設定」→「今のプロファイルを編集」から。下の方が透明度の設定。上の方は色とかね。
スナップショット38これでGnome terminalと同じように透過表示できます。
前は透過表示をサポートしてません、とか言って怒られちゃったんですよね。


スナップショット40ここまでやってかなりいい感じに。
テーマも好みだし、下の方、パネルのタスク表示のとこ、サムネイル表示も有効にできたし。
もはやWindows7にも負けない!!(まぁ勝負する気もないけどw

ちなみにこのテーマはSlicknesS Emerald。まぁ他にもいくつか入れたけど、やっぱなんかKDElook.orgはセンスいいのが多いっすね。
EmeraldであればBerylからhighest rated(評価がいい順)とか、Most Downloadedとかで並び替えるといいかもよ。
Emeraldに限らず、さらにKDE lookに限らず、カテゴリ選択したらこんな感じで並び替えるといいのが見つけやすいと思います。なにせ広いし、膨大な数がアップロードされてるからね。なんとかうまく目的のものにたどり着かないと、迷っちゃうもんw

ま、これでKDEの方もまだ詰めるところはあるものの、かなり快適&納得の行く感じになってきました。
週末これでつぶれたりしてなww

あ、肝心のLucidβ1ですが、毎日100近いアップデートが来つづけてて、これはかなり開発陣も本気出してきてるんじゃないでしょうかね。
β2のころには、細かいバグはそりゃたくさん残るでしょうけど、大分形になりそうな感じがします。
今、すでに常用に差し支えないレベルまであとちょっと、って感じかな?まぁ、人によりですが、ある程度使えればいいから早く試したい、って方はβ2辺りから使ってみるのもいいかもしれません。
今はまだ、不具合やらトラブルと戦うことや、日々変わっていくのを楽しめる人じゃないとキツいんじゃないかなぁ?と思いますよ。

関連記事
Ubuntu10.04 LucidLynx β1 Rereased!!
Ubuntu 10.04 β1 実機突貫!
Ubuntu10.04 β1の実機導入はまだ時期尚早だったかもしれない。
KDE始まったな on Lucid
LXDEもいけてるね。on Lucid
ATIドライバfglrxをLucidに投入。
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
これはいいかも。Nautilus Elementary 2.30 for Ubuntu 10.04 Lucid Lynx
Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ATIドライバfglrxをLucidに投入。

なんかjockeyが認識してくれなかったんですが、Ubuntu10.04β1にfglrx投入成功!!
今かなり快適ですw
実は数日前からもうビルドはされてて、Synapticにも上がってたんですね。fglrx。
amd64 build of fglrx-installer 2:8.721-0ubuntu4 in ubuntu lucid RELEASE
Does not support current Lucid kernel (2.6.32) or xserver (1.7)
で、うちの環境ではこのビルドされたときに一度deb落として入れてみて、Xが立ち上がらなくなり・・・
Ubuntu10.04 β1の実機導入はまだ時期尚早だったかもしれない。のときね。
で、あの翌日くらいにSynapticには上がってたんですが、xorg-driver-fglrxがなぜか依存関係上インストールできなかったので、このせいで動かないのかな?なーんて思ってあきらめかけてたんだけど。
上のバグ報告のトピの#27 #29に書いてあるじゃん。気づけよ俺。

Got it to run on my system by running sudo aticonfig --initial, and then sudo service gdm restart.


そう。これが足りなかったの!!
全く、この報告上がってたの21日じゃん。気づけよ俺。。。
そう。
Screenshot-Synaptic パッケージ・マネージャSynapticから(端末でも)fglrx fglrx-amdcccle fglrx-dev fglrx-modaliasesの4つを導入。
で、$ sudo aticonfig --initial これで初期化。
そして再起動・・・

ばっちり動きました!!
Screenshot_20100325213736.pngもうね。Gnomeでも
Screenshot-3_20100325213736.pngKDEでもばっちりっす。
で、KDEは今までCompizにするとウィンドウの装飾が効かなくて、しかたなくKwin or Metacity使ってたんだけど、ここもばっちり。
あ、でもウィンドウKDEだと落ちるからGTKだったりしますが。

軽く触ってみた感じ、今度はGnomeの方が安定して、KDEが若干不安定な感じになってしまいましたが、まぁここは予想範囲内といえば予想範囲内。

ついでに動画再生テスト。
Screenshot-1_20100325214120.png Screenshot-2_20100325214119.png
前やったとき(せっかくなのでFullHD動画再生テスト)と同じ設定(のはずw
どうやらちょっと前より効いてる感じです。
よくよく考えると、9.04のころはこのクラスの動画動かすとほぼフルロードだった気がします。それを考えれば大分進歩してるんじゃないでしょうかね。(まぁモニタも変わってるし、参考程度、ですが)

これでかなり快適に。そしてfglrx入れてからまだあの謎のX落ち(?)は起こってない!!←ココ重要
とりあえず個人的には個々のアプリレベルでの不具合はキニシナイので、Xさえそれなりに安定してればもう実用範囲なんですよ!!
よってOK。
たぶんもうちょっと待てば依存関係なんかも解消されるはず。
で、今現在毎日ほぼ80前後の(!!)アップデートが来てます。
Xorg関係、Jockey関係、その他かなり重要と思われるパッケージがガンガンアップデート来てる状態なので、それなりにでも安定してつかいたいっていう方はもうちょっと待った方がいいかもね。(β1にして最初のアップデートでパネル吹っ飛んでたしなww
β2までにやるって言ってたATIドライバ関係もそれなりに形になってるし、β2あたりではかなり実用圏内に入ってくるんじゃないでしょうかね。
俺は多少のバグ報告くらいしかできてないけれどもw

関連記事
Ubuntu 10.04は外観が大きく変更されました。
Ubuntu10.04 LucidLynx β1 Rereased!!
Ubuntu 10.04 β1 実機突貫!
Ubuntu10.04 β1の実機導入はまだ時期尚早だったかもしれない。
KDE始まったな on Lucid
LXDEもいけてるね。on Lucid
Catalyst10.2 on Ubuntu9.10
Catalyst手動アンインストール on Linux
KDEでCompiz&Emerald
U-bonさんのとこでLucidの起動時間がすごいことになってるようなので、俺も試したら40秒とかかかってたりなど。
Radeon HD5670 レビューその2 動画再生ってどうよ?
Ubuntuインストール後最初にやることっていうと・・・ on Ubuntu10.04
Ubuntu10.04 β2の今の感触と10.10Maverick Meerkatの予定と
Catalyst10.5が出たよー。
Catalyst10.6が来ましたよ!
Catalyst10.7 Released!!
ATI Catalyst 10.8 Released (for Linux)
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png