スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Athlon II X2 245(2.9GHz)が6000円台で発売とのこと

AM3用の廉価CPUが発売、6千円台

 7千円を切るSocket AM3対応CPUはこれが初めてとなる。これまでのSocket AM3対応CPUの最安値はAthlon II X2 250の8,400円だった。



そういえば俺ってば自分が720買ってからたいして調べてなかったし記事にもしてなかったです。
何という自分勝手なw

6000円台でデュアルコア2.9Ghzはかなりコストパフォーマンスいいんじゃないでしょうか?
あぁ、でもここまでくるとAthlon II X2なら45Wモデルを待ちたくもなるかも。。。
でも自分で低電圧化って手もあるし、この値段ならサブ機組みたくなるような・・・
いやいや、俺は先代のパーツが残ってるだろ・・・

ドスパラで6,840が最安値の模様。

現状のラインナップは↓になるのかな?相当充実してきましたね。選択肢豊富です。
☆Phenom II X4シリーズ(4コア/45nm/Deneb/Socket AM2+)
・Phenom II X4 940 Black Edition(3.0GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/125W) $195
・Phenom II X4 920(2.8GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/125W) $195

☆Phenom II X4シリーズ(4コア/45nm/Deneb/Socket AM3)
・Phenom II X4 955 Black Edition(3.2GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/125W) $245
・Phenom II X4 945(3.0GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/125W) $225
・Phenom II X4 945(3.0GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/95W)
・Phenom II X4 925(2.8GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/95W)
・Phenom II X4 910(2.6GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/95W)
・Phenom II X4 905e(2.5GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/65W) $195
・Phenom II X4 900e(2.4GHz/L3 6MB/L2 512KB*4/65W)

・Phenom II X4 810(2.6GHz/L3 4MB/L2 512KB*4/95W) $175
・Phenom II X4 805(2.5GHz/L3 4MB/L2 512KB*4/95W)

☆Phenom II X3シリーズ(3コア/45nm/Heka/Socket AM3)
・Phenom II X3 720 Black Edition(2.8GHz/L3 6MB/L2 512KB*3/95W) $145
・Phenom II X3 710(2.6GHz/L3 6MB/L2 512KB*3/95W) $125
・Phenom II X3 705e(2.5GHz/L3 6MB/L2 512KB*3/65W) $125
・Phenom II X3 700e(2.4GHz/L3 6MB/L2 512KB*3/65W)

☆Phenom II X2シリーズ(2コア/45nm/Callisto/Socket AM3)
・Phenom II X2 550(3.1GHz/L3 6MB/L2 512KB*2/80W) $102
・Phenom II X2 545(3.0GHz/L3 6MB/L2 512KB*2/80W)


☆Athlon II X4シリーズ(4コア/45nm/Propus/Socket AM3)
・Athlon II X4 615(2.7GHz/L3無し/L2 512KB*4/95W)
・Athlon II X4 605(2.5GHz/L3無し/L2 512KB*4/95W)
・Athlon II X4 605e(2.3GHz/L3無し/L2 512KB*4/45W)
・Athlon II X4 600e(2.2GHz/L3無し/L2 512KB*4/45W)

☆Athlon II X3シリーズ(45nm/3コア/Rana/Socket AM3)
・Athlon II X3 420(2.8GHz/L3無し/L2 512KB*3/95W)
・Athlon II X3 410(2.6GHz/L3無し/L2 512KB*3/95W)
・Athlon II X3 405e(2.3GHz/L3無し/L2 512KB*3/45W)
・Athlon II X3 400e(2.2GHz/L3無し/L2 512KB*3/45W)

☆Athlon II X2シリーズ(45nm/2コア/Regor/Socket AM3)
・Athlon II X2 250(3.0GHz/L3無し/L2 1MB*2/65W) $87
・Athlon II X2 245(2.9GHz/L3無し/L2 1MB*2/65W) $66
・Athlon II X2 240(2.8GHz/L3無し/L2 1MB*2/65W) $60
・Athlon II X2 235(2.7GHz/L3無し/L2 1MB*2/65W)

☆Sempronシリーズ(45nm/1コア/Sargas/Socket AM3)
・Sempron 140(2.7GHz/L3無し/L2 1MB/45W) $36

関連記事
AMD2009チップセットロードマップ
Phenom IIの国内レビューが出始めてる
AM3版PhenomⅡ一部の発表とかレビューとか
AMD CPUのモデルナンバー
AMDCPU新モデル発表 eシリーズが出ます
PhenomIIに740と820が追加される模様
AMD Phenom II X6ね。どうでしょうかね?

PCパーツ通販 e-tokka ドスパラソフマップクレバリー
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntuを「お試し」で使う3(+1)の方法

そういえば最近Serverの記事ばっかだ。まぁそればっかりいじってるってのもあるんですが。
ぶっちゃけ今、デスクトップなUbuntuの方はネタ切れ状態w
けど、久々にUbuntuの導入のネタでもまとめてみようかなと。

UbuntuはLinuxデストリビューションの中でも、HDDにインストールするのを前提に作られてるので、HDDにインストールして使ってこそ真価を発揮します。
けど、自作erのようにOSインストールってのが通常の作業である人たち以外にはOSをHDDにインストールする作業ってのはちょっと敷居が高いかも?この辺がいまいち普及しない原因の一つかもしれないですが。

というわけで、HDDに本格インストールしないで、簡単に「お試し使用」できる方法を紹介します。
具体的にはLiveCD、LiveUSB、仮想PC、Wubiです。
3(+1)としたのは、俺的にUSBを使うのはLiveCDの延長と捕らえているので。ここは人によって意見が分かれるかもなとこですが。
あと、他のLinuxデストリビューションでも同じように、または似た方法で使えるのも多いですが、基本的にUbuntuを前提に書かせていただきます。

まずLiveCD。
必要なのはUbuntu本家Ubuntu Japanese Teamから入手したISOファイルとCD=Rのみ。
CDに焼いてCDから起動して「コンピューターに変更を加えず・・・」を選択するだけ。
LiveSessionとしてログインできて、Ubuntuのデスクトップが立ち上がります。
これは基本的に動作確認に使うもの。トラブル時のレスキューCDとしても使えますが。
インストール前にそのPCでちゃんと動作するか確認したり、パーティション変更やデータ救出に役立ちますが、ここでの操作で加えた変更は保存されません。
なので本格的に使うのには不向き。あくまでインストール前の確認用と割り切った方がいいでしょう。

USBの場合。必要なのは1G以上のUSBとISO。
あとPCがUSB起動に対応してること。
作り方はいくつかありますが・・・
一番簡単かつ使いやすいのはシステム>システム管理>USBスタートアップ・ディスクの作成。
Screenshot-USB スタートアップ・ディスクの作成ISOと対象USBを選んで、保存領域を選んで・・・と割と簡単に作れます。
LiveSessionからこれを作れば、LiveCDの「変更が保存されない」弱点が克服できます。
けど・・・俺の環境ではこれから作ったのが起動しなかったことも数回。

UnetBootin。このソフトはWindows上でも動作します。
簡単に言うとUSBメモリをCDやDVDメディアの代わりに使おうというもの。
Screenshot-UNetbootin.pngこれもデストリビューションもしくはISOと書き込み先のUSBメモリを選択するだけとお手軽。
これで作ったUSBは全てLive起動になっちゃうとこは注意が必要。
また、あくまでISOをUSBに焼くだけなので、変更の保存はできません。
ただ、Ubuntu8.10ベースのBackTrack4で変更保存できるように設定できたので、同じ方法で変更保存できるようにすることは可能かも。Ubuntuではやったことないけど。
BackTrack4 ブートUSBの変更保存

USBメモリをインストール先に選んで通常インストールって手もあるけどこれはやったことないし、お勧めしません。
これで作成すると、「そのPCでしか」起動できないUSB Ubuntuになってしまう可能性大です。
さらにブートローダーの設定(インストール時最後の手順で「拡張」でGrubのインストール先を確認・選択できます)を間違えると、「そのUSB」を挿してないとPC自体起動できなくなる危険があります。
また、USBメモリのパフォーマンスってのはCD以上HDD未満って感じなので、リスクのわりに得られるものが少ない気がします。
でもまぁ、持ってるストレージの事情やらから「これしかない」っていう方もいるかとは思いますので、危険と手順をご理解の上お試しください。


仮想PC。Linuxを入れるならVirtualBoxVMwareがいいかなと思います。
VirtualPCってのもあるけど、これにUbuntu入れようとしたらインストールに3時間とか出やがったことがw
それぞれ微妙に扱い方が違うので、使いやすい方を選べばいいと思います。
個人的にはVirtualBoxの方がDLから実際の使用まで、分かりやすくて設定も豊富でいいかなという印象。
How to install Ubuntu (9.04)でVirtualBoxにインストールしてます。あと、カテゴリVirtualBoxVMwareで色々なOS入れてみたりとか)
アプリ上で仮想的にPCを作って、そのPC上にインストールするってことになるので、練習台or人柱版のお試しとしては最適。トラブってどうしようもなくなっても、基本的にはそのOSのデータ削除するだけでOKですから。
仮想PC上でトラブっても実際のシステムに損害がでることはほとんどないので、若干危険なことでも気軽に試すことができます。
デメリットとしては、たまに実機と違う挙動があったり、トラブルの原因が仮想環境のためか、OS自体のためか切り分けが難しいことがあったり、仮想環境自体の設定が必要になることがあったり。
でもまぁ、「とりあえずいじってみようか」ってときには一番いいかなと思います。

最後にWubi
REVIEW (08/11/28) 全自動で「Ubuntu」をインストールして手軽にLinuxを体験できる「Wubi」  窓の社
本格的インストールの一歩手前。Windows上でデュアルブートが構築できるって代物。
Windowsのパーティション上に仮想的にパーティションを作成し、そこにインストール。
なので、WindowsのブートローダーからUbuntuが選択できるようになります。
最大のメリットとして、ほぼ本格インストールと同様に使える上に、アンインストールが簡単なこと。
ブートローダーがGrubに上書きされることがないため、Windows上から普通にWubiをアンインストールするだけでアンインストールでき、Windows自体に損害を与えることはほとんどありません。
通常のデュアルブートからアンインストールする時にはブートローダーの書き戻しが必要になり、失敗するとPC自体が起動できなくなったりしますから。
デメリットとしては、バグが多いこと・・・
そもそも起動しないとか、アップグレードするとおかしな事になったりとか。
この辺は、安定版のWubi&Ubuntuを使うことや、Verのアップグレード時には再インストールするとかで回避するしかないかな・・・
VistaではOfficeのワードパッド入れてると起動しないとかもあったし。(このときはMS標準のワードパッドに変えたら動きました)
あと、本来Windowsとはフォーマット形式が違うんですが、このWubi使うとntfs上に仮想パーティションが作られるので、若干本来のパフォーマンスより落ちるとか。でも使ってた頃はさして気になるほどではありませんでした。

Linuxに興味はあるけど本格的にデュアルブートにするにはちょっとなぁ・・・って方はこんな感じでちょっとお試ししてみては?

関連記事
How to install Ubuntu (9.04)
VirtualBoxにUbuntu9.04α版インストールしてみる
VMwarePlayer on Vistaで遊ぶ ~BackTrackインストール~
というわけでVMware on VistaのBackTrackのFireFoxの日本語表示
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
うぃん君とうぶん君が言い争ってます
"使ってみる”ならやっぱwubiかな。Ubuntu 9.10 RCのwubi on Windows7 RC x64
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

WordPressのテーマ変更やらプラグイン追加やら

細かい設定方法なんかがまだいまいちよく分かってないのですが、とりあえず導入までのメモ。
テーマが入ってるのは/var/www/wordpress/wp-content/themas
プラグインが入ってるのは/var/www/wordpress/wp-content/plugins(インストールした環境により変わるかと。)

それぞれ大抵Zipで配布されてるので、DLしたのをこのディレクトリに解凍してやるだけで導入はOK。

ググっていいの見つけるのがいいのだろうけど、とりあえず↓から2つばかりテーマDL。
http://wordpress.org/extend/themes/
unzipしたフォルダを/var/www/wordpress/wp-content/themasにそのまま突っ込む。
Screenshot-themes - ファイル・ブラウザ

Screenshot-Winux-test #8250; テーマの管理 ― WordPress - Mozilla Firefox管理画面の外観>テーマから選択可能になります。

プラグインも基本同じ。
便利そうだったのでMy Category Orderというのを入れてみよう。
カテゴリーの表示順を変更できるプラグイン「My Category Order」
DLしたファイル解凍して/var/www/wordpress/wp-content/pluginsに突っ込みます。Screenshot-plugins - ファイル・ブラウザ

Screenshot-Winux-test #8250; プラグイン管理 ― WordPress - Mozilla Firefoxプラグイン管理から導入したのを選択して・・・

Screenshot-Winux-test #8250; ウィジェット ― WordPress - Mozilla Firefoxウィジェットで有効にして、設定してやればOK。

で、変更を保存してサイトを開くと・・・
Screenshot-Winux-test - Mozilla Firefox反映されてます。

ここまでは簡単なんだが・・・それぞれ細かく設定するのはちょっと面倒・・・というかタグ入れたり色々あるみたいです。
自由度はかなり高いんだけど、この辺が初心者にはちょっと敷居が高いような感じも。
まぁ、急いでいる訳でもないし、適当にいじりながら覚えていこう。

関連記事
UbuntuにLAMPをインストール
UbuntuにXAMPPをインストール
UbuntuにWordPressをインストール
SeeSaa→WordPressの引越しを試してみたり
お試しデータ移行 FC2→Wordpressの場合
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。