スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ちょっと気が早いけどUbuntu9.10の計画とか

Ubuntuのリリースは半年毎。毎年4月と10月です。
今までのコードネームとか。
Ubuntu 4.10 : Warty Warthog イボだらけのイボイノシシ
Ubuntu 5.04 : Hoary Hedgehog 年老いたハリネズミ
Ubuntu 5.10 : Breezy Badger 快活なタヌキ
Ubuntu 6.06 : Dapper Darke 敏捷なカモ
Ubuntu 6.10 : Edgy Eft 鋭いイモリ
Ubuntu 7.04 : Feisty Fawn 短気な(?)子鹿
Ubuntu 7.10 : Gutsy Gibbon 根性あるテナガザル
Ubuntu 8.04 : Hardy Heron 頑健なサギ
Ubuntu 8.10 : Interpid Ibex 勇敢な野生ヤギ
Ubuntu 9.04 : Jaunty Jackalope 軽快なツノウサギ
Ubuntu 9.10 : Karmic Koala 宿業の/霊的な コアラ

西暦の末.月になってて、コードネームはアルファベット順に韻を踏んで動物の名前。
で、2年おきにリリースされるLTSといわれる安定版は鳥の名前が使われるそうで。(6.06と8.04がそう)
LTSは通常版よりサポートも長く、サーバーの長期安定運用や企業でも割と安心して導入できるものになってます。
リリースサイクルはhttp://www.ubuntu.com/products/ubuntu/release-cycle
9.10の開発計画はhttps://wiki.ubuntu.com/KarmicReleaseSchedule
もう来月にはα1ですよ。開発者の皆さん大変ですよね。
一般の人が手を出せるのはまたα5か6くらいかな?9月ころには大分使えるようになってるかも。
(いや、DLして使うのは自由なんですが最初の方は重大なバグが多くて大変だと思います^^;)

Canonical,2009年10月公開予定の「Ubuntu 9.10」はクラウド機能を強化 とのことで。
Ver毎に新機能や操作性向上と着実に進化するUbuntu(それはそれで多少トラブルあったりするのはご愛嬌w)。9.04が個人的にはかなりの出来のよさと感じているので、次回も非常に楽しみ。
次もβ前くらいから使ってみようかな。

関連記事

結局Windows7の方のVirtualBoxならUbuntu9.10α5はインストール成功。
Ubuntu9.04のVirtualbox3.04にしてα5インストール&GuestAddition&UbuntuStudio thema
Ubuntu9.10α6にアップグレード失敗&クリーンインストールから復旧の途中
Ubuntu 9.10α6復旧にUbuntuTweakとフォント適用と
Ubuntu9.10の新機能 UbuntuOne SoftwareStore ディスクユーティリティ
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
Ubuntu 9.10 β Released & VirtualBoxにインストール
Ubuntu 9.10 Karmic Koara released!!
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について

UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04でやった設定をもう少し詰めてみます。(結果は微妙だったけどね・・・
とりあえずちょっと気になったのが2コアの負荷が結構バラけること。1個だけ80%とか90%ロードしててもう片方は20%とか。
で、マルチコアの負荷を均等に近づけれないものかと調べてみたら irqbalanceというのを発見。
どうやらこいつはハードウェアからの割り込み処理を各コアに分散してくれるらしいです。
$ cat /proc/interruptsで状態を確認できるとのこと。
http://www.irqbalance.org/
irqbalanceとは何ですか? 技術情報ツリー


$ sudo apt-get install irqbalance
$ cat /proc/interrupts
CPU0 CPU1
0: 404 121 IO-APIC-edge timer
1: 8744 29 IO-APIC-edge i8042
4: 0 2 IO-APIC-edge
6: 0 4 IO-APIC-edge floppy
7: 0 0 IO-APIC-edge parport0
8: 0 1 IO-APIC-edge rtc0
9: 0 0 IO-APIC-fasteoi acpi
14: 0 0 IO-APIC-edge pata_atiixp
15: 0 0 IO-APIC-edge pata_atiixp
16: 1562314 274 IO-APIC-fasteoi ohci_hcd:usb2, HDA Intel
17: 231072 28 IO-APIC-fasteoi ohci_hcd:usb3, ohci_hcd:usb5
18: 0 2 IO-APIC-fasteoi ohci_hcd:usb4, ohci_hcd:usb6
19: 1 60 IO-APIC-fasteoi ehci_hcd:usb1, HDA Intel
22: 485953 4711 IO-APIC-fasteoi ahci, ohci1394
2300: 1908 2176784 PCI-MSI-edge fglrx[0]@PCI:1:0:0
2301: 108172 35 PCI-MSI-edge eth0
NMI: 0 0 Non-maskable interrupts
LOC: 11736935 12476238 Local timer interrupts
RES: 6456963 6184942 Rescheduling interrupts
CAL: 1515 4630 Function call interrupts
TLB: 33737 33701 TLB shootdowns
SPU: 0 0 Spurious interrupts
ERR: 0
MIS: 0


あれ?なーんか微妙だなー。というわけで一旦purgeして再起動して見てみると最初からCPU0とCPU1あるし。。。
最初から対応してくれてるのだろうか?けど入れてから負荷が均等に近づいた気がします(気がするだけ?
BootChartのログ見るとちゃんとirqbalance動いてるみたいだし、まあ、これは入ってても損するもんじゃないしいいか。今度もうちょっと調べてみますです。

で、PHCによるクロックと電圧の設定を見直してみる。でもこれはそんなに問題ないんだよなー。
消費電力/CPU pukiwikiにいい情報が。

ATHLON X2 4800+(2.5GHz 1.30v 65nm)
M2A-VM HDMI

アイドル時
メモリ  200MHz 240MHz 280MHz 320MHz 360MHz 400MHz 366MHz 400MHz 357MHz 370MHz 400MHz
        1.0GHz  1.2GHz  1.4GHz  1.6GHz  1.8GHz  2.0GHz  2.2GHz  2.4GHz (2.5GHz) 2.6GHz  2.8GHz
0.80v     31w     31w     再起
0.85v     32w     32w     32w     33w     青画
0.90v     33w     33w     33w     34w     34w     再起
0.95v     33w     34w     34w     35w     34w     35w     再起
1.00v     34w     34w     35w     35w     36w     36w     36w
1.05v     35w     36w     36w     36w     37w     38w     38w     再起
1.10v     37w     37w     38w     38w     39w     39w     40w     40w     再起
1.15v     39w     39w     39w     40w     41w     42w     42w     42w     42w    再起
1.20v     41w     41w     42w     42w     43w     43w     44w     45w     44w     45w     再起
1.25v     43w     44w     44w     45w     45w     46w     46w     47w     48w     47w     49w
(1.30v)    46w     47w     47w     48w     48w     49w     50w     51w     51w     51w     52w
1.35v     50w     51w     51w     52w     52w     53w     54w     55w     55w     55w     57w
1.40v     50w     51w     51w     52w     52w     53w     54w     55w     55w     55w     57w
M2A-VM HDMI

負荷時(午後ベンチ耐久10分で安定したとき)
        1.0GHz  1.2GHz  1.4GHz  1.6GHz  1.8GHz  2.0GHz  2.2GHz  2.4GHz (2.5GHz) 2.6GHz  2.8GHz
0.80v     38w     40w
0.85v     40w     41w     42w     再起
0.90v     41w     43w     44w     46w     再起
0.95v     42w     45w     46w     48w     50w     再起
1.00v     44w     47w     49w     51w     53w     56w     固着
1.05v     47w     49w     51w     54w     56w     59w     61w     再起
1.10v     49w     52w     55w     58w     60w     63w     65w     68w     再起
1.15v     52w     56w     59w     62w     65w     67w     70w     73w     74w     再起
1.20v     57w     59w     63w     66w     69w     73w     75w     79w     80w     81w
1.25v     60w     64w     67w     71w     75w     78w     81w     86w     87w     88w     再起
(1.30v)    65w     68w     73w     76w     81w     85w     89w     93w     94w     96w     98w
1.35v     70w     74w     78w     83w     88w     93w     97w   101w    103w    105w    107w
1.40v     70w     74w     78w     83w     88w     93w     97w   101w    103w    105w    107w
2.5Ghz 1.35v負荷時のCPUヒートシンク中央 48度(実測値)


おお、俺のと構成ほぼ一緒だし!!
けどよくよく見ると現在の設定
echo '17:12 12:16 8:24 2:28'>/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
2.5Ghz1,25v 2.0Ghz1,15v 1,6Ghz0,95v 1,0Ghz0,85vだとけっこういい線行ってたのか。
もうちょい詰めれそうな気もするけどOS、ツールの違いとマージン考えるとこのままのほうがいいかも。
ということでここはこのまま。

Powernowdの設定。OPTIONS="-q -u 60 -l 30 -p 700"(60%でUp、30%でDown、応答速度700msec)でやってたんですが、個人的には大きい負荷がかかったときはサクッと上がってほしいけど、必要ない時はなるべく抑えときたい(なんというわがままw
上の設定だと中間クロックでいけそうなとこでもけっこう最大まで上がっちゃったりするんですよね。
なので理想設定を目指して少々いじりなおします。WindowsのCPUIDの設定でMax-Mid間をUp80% Down50% 500msecが結構いい感じだったんだよなーと思いつつ、ここで問題なのは今回はステップ毎ではなく全ステップ共通の設定になってしまうということ。
というわけで-u 70 -l 40 -p500 、 -u 80 -l 50 -p 500 、-u 80 -l 40 -p 500と色々試してみて
OPTIONS="-q -u 70 -l 40 -p 500"に落ち着きそう。
70%でUpはけっこう負荷かからないと上がらないんだけど、そこのところは応答時間縮めることで対応。
で、40%で下がってくれるので動画再生時なんかも大抵中間クロックで何とかなってしまうといういい感じ。

ログイン後一気にアプリ立ち上げたときなんかに一瞬間があるような感じもするけどデフォルトよりは大分いいし、これ以上-p縮めるとちょっと不安だし。。。
まあ、かなり満足いくとこまで詰めれたのでこれで様子見てみよう。
あぁ、結局Powernowdちょっとだけ変えただけじゃん。。。

関連記事
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu9.04 日本語Remixもリリース&セットアップヘルパ導入

Ubuntu 9.04 Desktop 日本語 Remix CD リリース
もう昨日の夜に出てたんですね。日本語環境が充実してるので初めてUbuntu使うって人はこっちの方がいいかも。
けど残念ながら32bitのデスクトップ版のみです。

というわけで64bitな俺も今回はセットアップヘルパ使ってみることにしました。
実は8.10のとき使ってなかったんですよね。リポジトリは一応追加してたけど。
本家のでも日本語入力には特に不便感じなかったし、フォントもVistaのフォントフォルダからパクってきちゃってたしw

セットアップヘルパ導入方法
本家からDLしたUbuntu使ってる人でも日本語版セットアップヘルパは利用可能です。もちろん64bitでもおk。
Japanese Teamのページに詳しく説明されてます。
Ubuntu 9.04の場合:

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -

sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade


これでリポジトリの追加&再読み込み終了。

sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja


これでシステム>システム設定に「日本語環境セットアップヘルパ」が追加されます。
起動すると・・・
Screenshot-日本語環境セットアップヘルパScreenshot-日本語環境セットアップヘルパ-1Screenshot-日本語環境セットアップヘルパ-2Screenshot-日本語環境セットアップヘルパ-3

このように、日本語環境にて便利なパッケージが表示されるので、入れたいものにチェック入れて進むだけ。
フォントと辞書関連は入れといて損はないと思います。(入れなくてもさして不便は感じなかったけど)
けどSynaptic使うのも一苦労だったころはこれかなりありがたかったんですよねー。

関連記事
力技トリプルブートその1 Vistaパーティションコピーで引っ越し
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
How to install Ubuntu (9.04)
Ubuntu 9.04でもUbuntuTweak。そしてchromium
UbuntuServerでだけどデストリビューションアップグレード
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。