スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LPIC201をとってきたよ

LPIC201に受かってきました。

102のときに舐めてて結構心臓に悪い感じだったので、今回はきっちり準備してったよ!!
結果は740点で合格。750超え狙ってたけど流石に厳しかった。。。

やったことをまとめます。
今後の勉強する誰かは参考にできるところは参考にしてください。


1.勉強期間とか


約2ヶ月。といっても毎日勉強漬けだったわけじゃないし、忙しかった週とかあったから正味1.5ヶ月位?
まぁ普通ですね。
ただ、今回は本気で高得点狙ってたのでじっくりきっちり色んなとこやりました。
単に合格すればいいならここまでやらなくて平気。

2.使ったもの

小豆本

あらすじ。教科書ではない。
これは試験範囲を把握するものだと思って読むのがよい。
あくまであらすじなので、読んで理解しなければ厳しい。けど暗記する必要はない。
暗記は後で言うping-tとかい任せておけばいいと思う。

ただ、これ読んでて何言ってるのかわからないところは間違いなく後に問題集とか回すときに障害になるので、
概念を調べた上で、基礎解説みたいなのを見つけて読んで理解→実機or仮想環境で実践して、感覚で「あぁ、そういうことか」みたいになっておいたほうがいいと思う。
これに1~2週間。

具体的にはISCSIとか何言ってるのかわからなかった。
カーネルコンパイルとか、ソースからのコンパイル→インストールは実戦経験があったから、割とすっと入ってきました。

ping-t

WEB問題集をぶん回す。
まずはWEB問題集(選択式)の方を、分野別にほぼ金になるまで回す。
ちなみに小豆本読んだだけの状態で模試モードでやってみたら40%ちょい。なんのこと言ってるのかわからない問題も結構あった。
最初に模試モードでやるのは、自分の現状把握としてはいいと思うんですが、それ以上の意味は無いので特に凹みやすい人はやめといたほうがいいかも。

分野別は最初は解説を読みながら、納得しつつ解く。
解説読んで意味分かんないものは、丸暗記するのはきついので、調べる&実機で試すしてある程度理解してから細かいとこは暗記。
で、解説読まないで解く→間違えたのは解説読んでしっかり理解してからまた解く→正解になるまで繰り返す
→間違えた問題クリアしたらもっかいその分野を全問解く→間違えたのは(ry

分野別でどこでも9割以上コンスタントに取れるようになったらWEB問題集は一旦卒業。
この辺で模試モードで受けてみてもいいと思う。

模試モードでコンスタントに9割超えるまでに3~4週間位?

コマ問

役に立った。101のときにあまり役に立たなかった気がして、102のときは殆どやらなかったけど、やっとくべきだと思った。
これも分野別でやっていく。WEB問題集を一通りある程度取れるようになっていれば、何を言っているのかわからないところは殆どないと思う。
ただ、結構細かいとこついてきたりするので、最初は4割行けば上等。
設定ファイルがcfgだったかconfだったか、sがついたかついてなかったか、オプションの書式はどうだったか、ってあたりでなかなか引っかかると思う。
あまりに解けなくてモチベーション下がりそうなら、最初の数回は小豆本や解説サイト調べたり、実機で設定ファイル探したり、実際にコマンド打ってみたりしてカンニングしながら解くのもいいと思う。

全範囲で8~9割取れるようになったら全分野選択して適当に問題数決めて解いてみる。

実際、これは100%取れるようになってなくても大丈夫なので、8割以上コンスタントに取れていれば相当理解が深まってると判断していいと思う。

この時点でもっかいWEB問題集の方の模試モードor全分野全問選択で解いてみる。
コマ問やりこんだおかげで前に迷ってた問題とかが少し簡単に感じるようになってるはず。

で、模試モードやりこんでみたら、金銀銅の優先順位で模試モード。
一旦点数下がるけど、これでも9割超えるように。
もしここでどうしても苦手分野があるならば、そこは基本からやりなおした方がいいかもしれない。

スピマス


最後の仕上げに使う。
まずは一周。上記ping-tにてある程度のとこまで行っていれば、所見で7割以上は行けるはず。
ping-tで出なかった問題があったりするので、間違えたところは要注意。
所見の問題と間違えたところ復習して、模試をまずは一回。
ここでの目標は8割位。
間違えたところはちゃんと分析して覚え直す。

最後の3日位使って、スピマスは3~4週。9割以上取れるようになっていればまず落ちることはない、というか結構高得点狙えると思う。

3.受けてみて

こんだけやってれば試験時間が足りなくなることはないですね。
一通り解くのに約30分。見直したりなんだりで一応60分弱使って、自信ない問題にチェック入れておく。
結局自信ない問題が8~9問と、全部外しても合格圏内であることを確認して試験終了。

最低目標だった700点超え達成できて一安心。

4.合格するための・・・

・小豆本はあらすじ。信用厳禁。とはいえこれがないと何が試験範囲なのかよくわからないから結局必要という。
・ping-t WEB問題集は最低9割取れるようになっておく。8割じゃ危ない。
 →ぶっちゃけこの時点で合格ラインの500点には届いてると思う。そう、理解して回答しているならね。
・ping-t コマ問 余裕合格のためにはやっとくのが無難。これで8割前後取れるようになっていれば、まず落ちることはないと思う。
 →この時点でたぶん600~650点ライン。
・スピマス +100点のための最終兵器。ping-tにない問題でスピマスにある問題は、高確率で本番試験にも出題される。しかもほぼ形式同じだったりする。
 →初見で7~8割取れるなら不合格はない。高得点狙うならこれも9割超えをコンスタントに取れるように。
 ping-tなしでスピマスだけ、っていうのはちと厳しいような気がする。とはいえ回答を解説できるくらいまでやりこめばping-tいらないか??
・黒本 使わなかったw
ping-t使わない人はスピマスと黒本、ってのもありかなぁ。まぁ使ってないのでなんとも言えないです。




500点合格なので、まぁある程度でいいといえばいい。
どれだけやりこんでも本番で5~6問、見たこともないし解説にも出てこなかったような問題が出てきたりするので、そのへんはすっぱり諦める。
消去法でいければラッキーくらいに思っておけばいい。

ping-t&スピマスでどの分野でも9割超えていれば、どうせ他の問題で稼げる。
見直しは必須。
あと小技としてEnglishってボタン押すと原文の問題が表示される。
たまにGoogle翻訳みたいにいまいち何言ってるのかわからない問題があったりするので、その際にはこれを使うとなんの問題なのかがわかることがあるかもしれない。

201は基本的にレベル1でやったところと大きく範囲がかぶってるので、レベル1取ったらあまり間を空けないで勉強始めたほうがいいと思う。
ただ、レベル1より範囲広いし、丸暗記で行けてたところがちゃんと理解してないと厳しいようなレベルになってたりはする。

さて、次は202。サーバ構築ですね。


  

スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LPIC level1 取得までのあれこれ

先日LPICのlevel 1をクリアできたので。

LPICとは
LPI
NPO法人/Linux技術者認定機関「LPI(エルピーアイ)」が実施している世「Linux技術者認定制度」。

Linuxの技術者認定としては一番メジャーなんじゃないかな?

取得に至る経緯
実は昨年某インフラ系の企業に就職できたりしていた。
とはいえ今の現場は運用。
構築に行きたいのもあったし、会社の勧めもあって取ろうとした。

勉強始めてみて
ぶっちゃけレベル1ならちょいちょい勉強してたらすぐ行けるだろうと思ってたけど、
実は結構細かいとこまで聞かれるので勉強始めてから難航してた時期が長かった。

勉強期間 101 半年くらい 102 1ヶ月強。
101の半年はやりすぎた。と思って102は1ヶ月強で受けたけど、今度は勉強不足で結構ヒヤヒヤした。

教材とか
1.あずき本
 なんか標準教科書的な。

あずき本でははっきり言って足りない。
意外と細かいとこととか、こんなの使うのかよ?ってとこまで出るので。
とはいえ試験範囲を一周勉強するにはやはりこれなのか。。。

2.ping-t
http://ping-t.com/
最強問題集。101は無料。
コマ門はあまりやらなかった。
そのぶんというか、選択問題(最強問題集)は模試モードで安定して9割以上取れるまでやりこんだ。
あまりやりこむと問題を覚えてしまったりするのだけれど、解説を自分の言葉で説明できるくらいまでやりこむと吉。

3.スピマス
 おすすめの問題集。

実際受けてみて、問題の構成はping-t 5〜6割、スピマス2〜3割、残り初見という感じ。
とはいえこれは借りたので、試験直前に2周位やっただけ。(もっとやりこめば102はあんなにギリではなかった気がする)

4.黒本

ほとんどやってないw
レベル1ならping-tとスピマスで行けると思う。

勉強の進め方
1.基礎知識をつける
あずき本通読→あずき本に沿って自分の言葉でまとめつつわからないところはまとめる。
知ってるとこは知ってるけど、なに言ってるかわからない範囲もあった。そのへんは基礎から学べるような記事を見つけてきて補足。
コマンド自体はほぼほぼ使ったことがあるものが多かったけど(テキストストリーム系除く)、オプションをかなり細かく問われるので、そのへんを覚えるのに苦労はした。とはいえこの段階ではそこまでは良いと思う。
aptとyum、rmpとdpkgとか、使ってない人はごっちゃになりそうだけど、そのへんをしっかり区別つくようにしておく。
基本的なことが理解できてれば、あとの問題やり込みの段階で解説読んだけどなに言ってるのか意味不明、ってことが少なくなると思う。

2.問題に当たる
主に使ったのは上記のping-t 。
1をやってからとりあえず模試モード受けてみたら40%台だった。
話にならなかったので、分野別で9割超えるまでをまず1周。
暗記なところはすぐ忘れるので、もう2周くらい分野別。
この辺でどうにも理解不能な解説とか出てきたら、基本からやり直す感じ。

3.苦手分野を潰しつつ適当なところで模試モードとか
大体の範囲でそこそこ安定して取れるようになったら模試モードでどんなもんか試す。
やはり覚えきってないとこがあるので、「こんなの実務で使わねーだろ」とかいう先入観は捨てて、暗記マシーンになる。
実機なり仮想環境がある人は色々試しながらやったほうが覚えが速いと思う。

4.仕上げ
ping-tで模試モードで9割安定して超えてきたら、金銀銅の優先順位とかでどうにも苦手な問題を丸暗記して潰す。
ほぼほぼすべて金になって、問題覚えるくらいになったらスピマスで仕上げ。
ping-t の合格体験記は参考にならんので、話半分くらいに聞いておくのが良いと思った。
スピマスはこの段階で7割以上は取れるようにしておく。
不安ならこっちも9割超えるとこまで行っとけば良い。
コマ門は適当。

5.本番
LPIとピアソンでアカウント作って試験予約。
範囲広いし、暗記も多いのでここまで来たらもう問題運を祈ったらいいと思う。

受けてみて
両方一発合格だったけど、それぞれに反省点が残る感じ。
試験代が15000(税込み16200)と安くはない(上に会社の補助があるか不明だった)ため、101は慎重になりすぎた。
ping-tの模試を一周10分位で安定して95%以上までやりこんだけど、そこまでやっても問題覚えてしまっててあまり練習にならない。
その上本番では一定数初見の問題が出てくるので、ある程度のとこで割り切ったほうがよかった。

うまいことやれば勉強期間は半分くらいですんだように思う。
720/800
今にして思えば問題運もよかった。

101がうまく行き過ぎたので、102は舐めすぎた。
勉強自体の流れはほぼ一緒だったけど、pig-tで9割超えたところでスピマス1周くらいで受けに行った。
あとコマ問で7割前後くらい。
初見が多くてびっくり。なんとか消去法などで乗り切ったけど、試験終了をクリックするときはビクビクだった。
580/800
終わってみて改めて見直したらスピマスから出題ってのも多かったので、スピマスちゃんとやっとけばよかったと思った。

後になって思えば101は問題運がよく、102は悪かったのもあると思う(けっこう問題かたよる。)。

ちなみに102はネットワークの基礎的なものが範囲に含まれるんだけど、この範囲はあずき本読んでよくわからず、ping-tの解説音でも意味不明なことが多かった。
これは基礎的な概念を分かってなかったためで、3分間NetWorkingとか読んでまずは基礎知識を抑えてから再読してみたら一気に理解が進んだ。
基礎大事。

次はレベル2、年内に行けたらいいな。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

         
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。