スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMPにconcrete5&baserCMS

先日CentOS7に入れ替えてみたさくらVPSでconcrete5とbaserCMSを動かしてみます。





Nginx 1.6.2 PHP 5.4.16 MariaDB 5.5.41
LEMP環境にてWPは動作済み。Nginxのrootは/var/www/に変更済み。

1.concrete5はどうか
現行最新は5.7.3.1ですね。
http://www.concrete5.org/get-started
1−1.本家のDLページからwgetで取ってきて解凍、/var/wwwにcpして所有者とパーミッション変更。

$ wget http://www.concrete5.org/download_file/-/view/74619/
$ unzip index.html
$ sudo cp -r concrete5.7.3.1 /var/www/
$ sudo mv /var/www/concrete5.7.3.1/ /var/www/web/
$ sudo chmod 755 -R /var/www/web/
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/web/


concrete5.7.3.1とか長いのでwebにリネームしちゃいました。このへんはお好みで。

1−2.DB作成
concrete5は空のDBをひとつ使うので、MariaDBでDBを一個作っときます。

$ mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 2
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database web;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


データベース名もお好みで。先日WP入れた時にこのサーバーのMariaDBのユーザーはtminを全権限持ちで作成してるのであれですが、専用のユーザーとか作りたい人はここでユーザー作ってconcrete5用のDBへの権限設定しときましょ−。

1−3.Nginxのリライト設定とかうんたらかんたら
前の焼き直しですがこれで動きました。

server_nameとかディレクトリ構成とかは適宜書き換えたら行けるんじゃないかと思います。24〜31行目あたりがconcrete5用のrewrite設定。
設定書き換えたら $ sudo systemctl restart nginx でNginx再起動。

1−4.インストールっ
http://サーバーIP/web でブラウザからインストール画面にたどり着くはずですね。
http://IPアドレス/web でアクセスするとブラウザからインストール画面にたどり着けるはずです。
しかしここで問題発生。「アップロードファイルと設定ファイルのディレクトリに書き込み可能」の項目で引っかかっちゃいます。「お使いのサーバー設定で「/config」「/packages」「/files」ディレクトリーへの書き込みを許可する必要があります」と言われるので、仕方なくchmod 777 したりしてもダメ。ここで数時間はまったり悩んだりした挙句、SELinuxが怪しいとか。
CentOS7 + nginx + wordpress
そういえばWPのインストール時にもconfig.php作れないから手動で作ってね、とか言われて手動でコピペして作りましたね。

$ getenforce
Enforcing


こいつか・・・

$ sudo setenforce 0
$ getenforce
Permissive


これで再起動もなく、インストール画面で「再チェック」したら行けるようになりました。
ま た お ま え か S E L i n u x

今回はこれで行けたけど、セキュリティ的にとりあえず無効にするとかいう対処はいかがなものかと思っていたりもするので、そのうち暇なときにSELinuxについては調べてちゃんと設定しよう。ちなみにおうちサーバーのCentOS6.6は緩くしてあって、さくらのVPSのデフォルトのCentOS6系では最初から無効にしてあるとか何とか聞いたような気がします。

ともあれここまでの設定がちゃんと出来てれば、あとはブラウザ上で入力項目ポチポチ埋めていけばconcrete5.7はインストールできるはずです。大分なれたけど、最初はなんだかんだでNginxがちゃんと設定できてなかったことばっかだったですね。 $ sudo cat /var/log/nginx/error.logとかするとヒントが落ちてたりするかも知れません。

2.baserCMS行ってみましょー。
2−1.baserCMS DLして解凍してcp、あと権限設定とか
現行最新は3.0.7ですね。

$ wget http://basercms.net/packages/download/basercms/3.0.7
$ unzip 3.0.7
$ sudo cp -r basercms /var/www/
$ sudo chmod -R 755 /var/www/basercms/
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/basercms/


これでブラウザからアクセスすると、インストール画面が見られるのですがいつものごとくCSSなんもあたってない残念な感じになってますね。

2−2.必要ファイル書き換えとNginxの設定
環境別インストール対策
core.phpの書き換えと、Nginx側でrewrite有効にしとくのが必要です。
core.phpの書き換え

$ sudo emacs /var/www/basercms/app/Config/core.php
117行目 Configure::write('App.baseUrl', $_SERVER['SCRIPT_NAME']);
Configure::write('App.baseUrl', '');


Nginxの設定。

はい。concrete5の設定そのまんまディレクトリを書き換えただけですね。
Nginxは再起動しときましょ−。

$ sudo systemctl restar nginx



2-3.MariaDBの文字コード設定
はい。またやっちゃいました。インストールしてから文字化けに気づくなど。
MariaDBの設定ファイルってどこなんだろ−って思いましたが、/etc/my.cnf.d/server.cnfらしいです。
CentOS7に移行してみる

$ sudo emacs /etc/my.cnf.d/server.cnf

# this is only for the mysqld standalone daemon
[mysqld]
character-set-server = utf8 ←ここ書き加え


一応再起動してutf8になってるか確認しときましょ−。
元々はDB名baserで作ったのですが、latinになってますね。

MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | latin1 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | latin1 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show create database baser;
+----------+------------------------------------------------------------------+
| Database | Create Database |
+----------+------------------------------------------------------------------+
| baser | CREATE DATABASE `baser` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET latin1 */ |
+----------+------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> drop database baser;
Query OK, 29 rows affected (0.03 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


一応再起動して・・・DB作りなおして再確認。

$ sudo systemctl restart mariadb.service
$ mysql -u root
MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> create database baser;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show create database baser;
+----------+----------------------------------------------------------------+
| Database | Create Database |
+----------+----------------------------------------------------------------+
| baser | CREATE DATABASE `baser` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8 */ |
+----------+----------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


無事UTF8になりました。

2−4.インストールっ
ここまで設定できてインストール画面もCSSや画像ちゃんとあたってる状態なら、効かれたことにポチポチ答えてくだけでインストールは完了します。

2−5.しかしフロントでまた画像が読み込まれない。。。
Screenshot from 2015-03-17 17:49:52 えぇ。これも前回と同じですね。
Nginxの設定にalias を足してみましょー。

location /basercms/theme/ {
alias /var/www/basercms/app/webroot/theme/;
}


この部分ですね。これ書き加えてNginx再起動して・・・
Screenshot from 2015-03-17 17:49:59 どうやら成功です。

まだWPもconcrete5もbaserCMSも入れたばっかで、深くいじってくとプリティーURLとかでもしかしたら上記設定では不具合出るかも知れませんが、とりあえず動きました。
CentOS7 Nginx MariaDB PHP-FPMな環境はとりあえずできましたね。
しかし今までずっと6系(とDebian系)いじってたから、色々変わってるのにいちいちちょっとちょっと戸惑いますね。まぁ一つ一つの違いは大したことないんですが、一気に環境整えようって時とかにはビミョーにパッケージ違ってたり、コマンド違ってたり、管理方法が違ってたり、設定ファイルが違ってたりとすることはしばしばあるみたいでちょっと手こずりました。
まぁ、このへんは慣れでしょうけどね。

あと4Gプランすげー。concrete5の編集画面がかなりさくさく。

関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
Drupal Coreの手動Update(7.30→7.31)
CentOS6.5でNFS Serverでファイル共有
CentOS6.5+Nginx+php-fpm+MySQLでConcrete5.7
Concrete5.7.0が正式にリリースされたので早速CentOSサーバーに入れて動かしてみたよ
さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMP
CentOS7サーバー(さくらVPS)でssh公開鍵認証を使う
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMP

なんかうまいこと契約残りちょっとなさくらVPSの4Gプランのサーバーがもらえたので遊んでみます。
さくらVPSの標準のOSはCentOS6。せっかくなのでカスタムOSでCentOS7を入れて初期設定ちょこちょこやってLEMP環境くらい整えてみましょ−。





1.カスタムOSインストール
カスタムOSインストールガイド - CentOS 7
基本的にはここのまま。
VNCコンソールがやたらと使いにくいけどまぁ我慢。一回パーティションの切り方失敗?して起動しなくなったけど、どうも/ /home /varだけで切ってたのが良くなかったみたい?/bootとか用意してやり直したらうまく行きました。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)


おっけー。

2.sshで接続してEmacsとか
設定ぶっ壊してなければ$ ssh IPアドレス or $ ssh ホストでつながるはず。
Emacsの標準は23系かと思ってたけど24系なんですね。やったね!!

$ yum info emacs
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
インストール済みパッケージ
名前 : emacs
アーキテクチャー : x86_64
エポック : 1
バージョン : 24.3
リリース : 11.el7
容量 : 14 M
リポジトリー : installed
提供元リポジトリー : base
要約 : GNU Emacs text editor
URL : http://www.gnu.org/software/emacs/
ライセンス : GPLv3+
説明 : Emacs is a powerful, customizable, self-documenting,
: modeless text editor. Emacs contains special code editing
: features, a scripting language (elisp), and the capability
: to read mail, news, and more without leaving the editor.
:
: This package provides an emacs binary with support for X
: windows.


$ sudo yum install emacs
Emacsにはmelpaとmarmalade追加して

;;=======================================================================
;;packages
;;=======================================================================
;packages
(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.org/#/"))
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(add-to-list 'package-archives '("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/"))
(package-initialize)


M-x list-packagesでweb-modeとphp-modeを入れます。

あとの設定は前回記事な感じ。
Emacsにweb-mode&php-mode入れて超快適
Mozcのとこはコメントアウト。

3.LEMP環境
LEMP server on CentOS 7 with FastCGI
CentOS 7 でLAMP(Nginx+MariaDB(MySQL)+PHP)インストールからWordPressを動かすまで(Nginx編)
Nginxはepalか公式のリポジトリを有効にしないと見つからないです。あとMySQLがMariaDBに変わってる。

$ yum info nginx
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
エラー: 表示するパッケージはありません



3−1.Nginx
どうせリポジトリ追加するなら公式から最新持ってきましょ。

$ sudo rpm -Uvh http://nginx.org/packages/centos/7/noarch/RPMS/nginx-release-centos-7-0.el7.ngx.noarch.rpm
$ sudo yum install nginx
nginx x86_64 1:1.6.2-1.el7.ngx nginx 353 k


起動もserviceじゃなくてsystemctlになってるのでこれで起動して確認。

$ sudo systemctl start nginx.service
$ sudo systemctl list-units | grep nginx
nginx.service loaded active running nginx - high performance web server


自動起動登録

$ sudo systemctl enable nginx.service


この時点でブラウザからアクセスしたら表示されなかったけど、サーバー上から$ curl したらNginxのWelcomページは表示されてるみたい。きっとFirewall。

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http
$ sudo systemctl restart firewalld


Screenshot from 2015-03-15 18:16:06 おっけー。


3−2.PHP&PHP-FPM

$ sudo yum install php php-common php-fpm php-mysql
php x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 1.3 M
php-common x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 561 k
php-fpm x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 1.4 M
php-mysql x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 97 k
依存性関連でのインストールをします:
httpd x86_64 2.4.6-19.el7.centos updates 2.7 M
httpd-tools x86_64 2.4.6-19.el7.centos updates 78 k
libzip x86_64 0.10.1-8.el7 base 48 k
mailcap noarch 2.1.41-2.el7 base 31 k
php-cli x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 2.7 M
php-pdo x86_64 5.4.16-23.el7_0.3 updates 95 k


httpd入るのかよ・・・とか思いつつ。
設定

$ sudo emacs /etc/php-fpm.d/www.conf


apache→nginx

[www]

; The address on which to accept FastCGI requests.
; Valid syntaxes are:
; 'ip.add.re.ss:port' - to listen on a TCP socket to a specific address on
; a specific port;
; 'port' - to listen on a TCP socket to all addresses on a
; specific port;
; '/path/to/unix/socket' - to listen on a unix socket.
; Note: This value is mandatory.
listen = /var/run/php5-fpm.sock

; Set listen(2) backlog. A value of '-1' means unlimited.
; Default Value: -1
;listen.backlog = -1

; List of ipv4 addresses of FastCGI clients which are allowed to connect.
; Equivalent to the FCGI_WEB_SERVER_ADDRS environment variable in the original
; PHP FCGI (5.2.2+). Makes sense only with a tcp listening socket. Each address
; must be separated by a comma. If this value is left blank, connections will b\
e
; accepted from any ip address.
; Default Value: any
listen.allowed_clients = 127.0.0.1

; Set permissions for unix socket, if one is used. In Linux, read/write
; permissions must be set in order to allow connections from a web server. Many
; BSD-derived systems allow connections regardless of permissions.
; Default Values: user and group are set as the running user
; mode is set to 0666
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0666

; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's grou\
p
; will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
group = nginx


$ sudo emacs /etc/php.ini


cgi.fix_pathinfo=0


コメントアウト外して1→0に。

3−3.PHP-fpmとNginxの連携
PHP-fpm のlistenはunixドメインソケットを使用します。
というわけでNginxのconf

ポイントは
fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php5-fpm.sock;
ここでunixドメインソケット指定
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /usr/share/nginx/html/$fastcgi_script_n\
ame;
ここはパスを間違えないように書き換え。(現在はデフォルトの/usr/share/nginx/htmlをrootディレクトリとしているのでこう)
php-fpmの方

$ sudo emacs /etc/php-fpm.d/www.conf

listen = /var/run/php-fpm/php5-fpm.sock


/usr/share/nginx/html/以下にtest.phpとしていつものphpのバージョン表示するアレを作成。

$ sudo emacs /usr/share/nginx/html/test.php

<?php
phpinfo();
?>


php−fpmとNginx再起動

$ sudo systemctl restart php-fpm
$ sudo systemctl restart nginx


http://IPアドレス/test.phpにアクセスしてアレが表示されればおっけー。
Screenshot from 2015-03-15 18:58:09 おっけー。

4.MariaDB

$ sudo yum install mariadb mariadb-server

================================================================================
Package アーキテクチャー
バージョン リポジトリー
容量
================================================================================
インストール中:
mariadb x86_64 1:5.5.41-2.el7_0 updates 8.9 M
mariadb-server x86_64 1:5.5.41-2.el7_0 updates 11 M
依存性関連でのインストールをします:
libaio x86_64 0.3.109-12.el7 base 24 k
perl-Compress-Raw-Bzip2 x86_64 2.061-3.el7 base 32 k
perl-Compress-Raw-Zlib x86_64 1:2.061-4.el7 base 57 k
perl-DBD-MySQL x86_64 4.023-5.el7 base 140 k
perl-DBI x86_64 1.627-4.el7 base 802 k
perl-IO-Compress noarch 2.061-2.el7 base 260 k
perl-Net-Daemon noarch 0.48-5.el7 base 51 k
perl-PlRPC noarch 0.2020-14.el7 base 36 k


systemctlでスタートと自動起動登録

$ sudo systemctl start mariadb
$ sudo systemctl enable mariadb



これで一応LEMP環境は整いましたね。お疲れ様です。
試しにWPでも入れてみましょうか。

5.WPインストール
とりあえずWPのためにNginxの設定ファイルをちょこちょこ変更します。rootディレクトリは/var/www/がいいのだ。
というわけでrootディレクトリ変更とかWordpress用のURI書き換え設定とか書き加えて・・・

$ sudo emacs /etc/nginx/conf.d/default.conf




Nginxは再起動。

$ sudo systemctl restart nginx


WPは日本の本家からDL。解凍して/var/www以下に配置。

$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.1.1-ja.zip
$ unzip wordpress-4.1.1-ja.zip
$ sudo cp -r wordpress /var/www
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/wordpress/
$ sudo chmod -R 755 /var/www/wordpress/


WP用のDB用意。MariaDBになってるけど操作自体はMySQLと変わりませんね。

$ mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 2
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database wordpress;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all on *.* to "tmin"@"localhost" Identified by "passwd";
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye


で、サーバーIP/wordpress/にアクセスして−
wp-config.phpが作られなくて手動で作ったけどそれ以外は普通にインストール完了。
Screenshot from 2015-03-16 21:26:36 おっけーですね。

さて、次は設定詰めてconcrete5を動かしたいとこだけど、初期設定すっ飛ばしてLEMP環境作っちゃったからそのへんも何とかしとかなきゃなぁ。
あぁ、そうそう、CentOSは7になって微妙にパッケージ変わってたり、さくらVPSの初期CentOSでデフォルトで入ってるリポジトリやアプリが入ってなくて戸惑うこととか、systemctlに変わってて戸惑うとことか多々ありました。使い慣れたのが変わると結構時間取られますね−。

関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
Drupal Coreの手動Update(7.30→7.31)
CentOS6.5でNFS Serverでファイル共有
CentOS6.5+Nginx+php-fpm+MySQLでConcrete5.7
Concrete5.7.0が正式にリリースされたので早速CentOSサーバーに入れて動かしてみたよ
さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMPにconcrete5&baserCMS
CentOS7サーバー(さくらVPS)でssh公開鍵認証を使う
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

さくらVPS(CentOS6.6)にGitlabをインストール

先日Redmineを入れたさくらのVPSの開発用環境を整えようってことでGitlabを入れてみます。
GitHubクローンのGitLabを5分でインストールした
続・GitHubクローンのGitLabを5分でインストールした
Download GitLab Community Edition (CE)





1.Gitlabインストール

$ sudo yum install openssh-server
$ sudo yum install postfix
$ sudo yum install cronie
$ sudo service postfix start
$ sudo chkconfig postfix on
$ sudo lokkit -s http -s ssh


curlでrpmパッケージDLしてインスコ

$ curl -O https://downloads-packages.s3.amazonaws.com/centos-6.6/gitlab-7.7.2_omnibus.5.4.2.ci-1.el6.x86_64.rpm
$ sudo rpm -i gitlab-7.7.2_omnibus.5.4.2.ci-1.el6.x86_64.rpm


サーバーが重かったのかファイルがでかかったのか、DLにはけっこう時間かかりました。

設定してstart

$ sudo gitlab-ctl reconfigure



一発。超簡単。

2.Nginxでポートかぶってるんだけど?
1の手順でhttp://サーバーIPでアクセスできるはずですが、80ポートで起動してしまうため他のサービスとかぶってしまいます。今回はRedmineを8081で起動中でこれをNginxでリバースプロキシ設定してたため、http://サーバーIPするとRedmineの画面が出ちゃう。

というわけでNginxの設定云々を何とかしようとしたのですが、上のrpmパッケージが書き換えたのがどこにあるのかよくわからなかった。
gitlab-ctl reconfigureの出力を見ればわかりますね。

$ ls /var/opt/gitlab/
backups bootstrapped git-data gitlab-rails gitlab-shell logrotate nginx postgresql redis


このへんにあります。
Nginxに関しては/var/opt/gitlab/nginx/conf以下。

$ sudo emacs /var/opt/gitlab/nginx/conf/gitlab-http.conf


ポートを(とりあえず)8082に変更。
ファイルに変更加えたら sudo gitlab-ctl reconfigure してね、って書いてあるので

$ sudo gitlab-ctl reconfigure
(中略)
* service[nginx] action restart
- restart service service[nginx]


Running handlers:
Running handlers complete

Chef Client finished, 4/160 resources updated in 3.648648497 seconds
gitlab Reconfigured!



3.ログイン
http://サーバーIP:8082でアクセス。
Username: root
Password: 5iveL!fe
Screenshot from 2015-02-09 14:13:22 成功。

Redmineに比べて格段に楽でした。

4.ユーザー追加
右上の方のAdmin areaからNew user。
登録するとそのユーザーのemail addressにパスワード設定メールが届くので、クリックしてパスワード設定。
今回はポートいじってるので、メールに添付されたアドレスに:8082を付け加えてアクセスするとパスワード設定、確認と2つ入力して完了。

/var/opt/gitlab以下で動いてるけど、これNginxが2つ起動してるんだろうかね?ほんとは/etc/nginxで設定して/var/www/で動かす方がスマートな気がするんだけど、ちょっとめんどそうな感じ。

関連記事
さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMP
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。