スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

GentooにGrub2(玉砕)

とりあえずここを参考に
http://en.gentoo-wiki.com/wiki/Grub2
あとはこことか
http://dev.gentoo.org/~scarabeus/grub-2-guide.xml

まずはmaskされてるのでunmask
# echo "sys-boot/grub:2" >> /etc/portage/package.accept_keywords
# echo "sys-boot/grub:2" >> /etc/portage/package.unmask
# emerge -av sys-boot/grub:2

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.


These are the packages that would be merged, in order:

Calculating dependencies... done!
[ebuild N ~] sys-boot/os-prober-1.47 25 kB
[ebuild N ] dev-libs/lzo-2.06 USE="-examples -static-libs" 570 kB
[ebuild N ] sys-devel/autoconf-wrapper-10-r1 0 kB
[ebuild N ] sys-devel/automake-wrapper-5 0 kB
[ebuild N ] sys-devel/m4-1.4.15 USE="-examples" 925 kB
[ebuild N ] dev-python/pycrypto-2.3 USE="gmp -doc" 324 kB
[ebuild N ] dev-python/setuptools-0.6.21 391 kB
[ebuild N ] dev-perl/Locale-gettext-1.50.0 8 kB
[ebuild N ] sys-devel/autoconf-2.68 USE="-emacs" 1,350 kB
[ebuild N ] sys-apps/help2man-1.38.2 USE="nls" 134 kB
[ebuild N ] dev-python/paramiko-1.7.7.1 USE="-doc -examples" 804 kB
[ebuild N ] sys-devel/bison-2.4.3 USE="nls -static" 1,614 kB
[ebuild N ] sys-devel/automake-1.11.1 1,042 kB
[ebuild N ] virtual/yacc-0 0 kB
[ebuild N ] sys-devel/libtool-2.4-r1 USE="-test -vanilla" 833 kB
[ebuild N ] sys-devel/flex-2.5.35_p10 USE="nls -static -test" 1,268 kB
[ebuild N ] dev-scheme/guile-1.8.8-r1 USE="deprecated nls regex threads -debug -debug-freelist -debug-malloc -discouraged -emacs -networking" 3,864 kB
[ebuild N ] sys-devel/autogen-5.12 1,035 kB
[ebuild N ] dev-util/gtk-doc-am-1.18 623 kB
[ebuild N ] dev-libs/glib-2.30.2 USE="static-libs -debug -doc -fam (-selinux) -systemtap -test -utils -xattr" 6,070 kB
[ebuild N ] dev-util/pkgconfig-0.26 USE="-hardened" 0 kB
[ebuild N ] dev-libs/libburn-1.0.0 USE="-debug -track-src-odirect" 792 kB
[ebuild N ] dev-libs/libisofs-1.0.0 USE="acl zlib -debug -verbose-debug -xattr" 669 kB
[ebuild NS ] dev-lang/python-2.6.6-r2 [2.7.2-r3, 3.1.4-r3] USE="gdbm ipv6 ncurses readline ssl threads (wide-unicode) xml -berkdb -build -doc -examples -sqlite -tk -wininst" 10,838 kB
[ebuild N ] dev-libs/libisoburn-1.0.0 USE="acl readline zlib -debug -external-filters -external-filters-setuid -xattr" 1,015 kB
[ebuild N ] dev-vcs/bzr-2.4.1 USE="sftp -bash-completion -curl -doc -emacs -test" 7,110 kB
[ebuild N *] sys-boot/grub-9999 USE="nls -custom-cflags -debug -device-mapper -efiemu -sdl -static -truetype" GRUB_PLATFORMS="-coreboot -efi-32 -efi-64 -emu -ieee1275 -multiboot -pc -qemu -qemu-mips -yeeloong" 0 kB

Total: 27 packages (26 new, 1 in new slot), Size of downloads: 41,293 kB

The following keyword changes are necessary to proceed:
#required by sys-boot/grub-9999, required by sys-boot/grub:2 (argument)
=sys-boot/os-prober-1.47 ~amd64
#required by sys-boot/grub:2 (argument)
=sys-boot/grub-9999 **

NOTE: The --autounmask-keep-masks option will prevent emerge
from creating package.unmask or ** keyword changes.

Use --autounmask-write to write changes to config files (honoring CONFIG_PROTECT).

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.

おっとまだダメ。言われたように--autounmask-write。
# emerge --autounmask-write sys-boot/grub:2

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.

Calculating dependencies... done!
[ebuild N ~] sys-boot/os-prober-1.47
[ebuild N ] dev-libs/lzo-2.06 USE="-examples -static-libs"
[ebuild N ] sys-devel/autoconf-wrapper-10-r1
[ebuild N ] sys-devel/automake-wrapper-5
[ebuild N ] sys-devel/m4-1.4.15 USE="-examples"
[ebuild N ] dev-python/pycrypto-2.3 USE="gmp -doc"
[ebuild N ] dev-python/setuptools-0.6.21
[ebuild N ] dev-perl/Locale-gettext-1.50.0
[ebuild N ] sys-devel/autoconf-2.68 USE="-emacs"
[ebuild N ] sys-apps/help2man-1.38.2 USE="nls"
[ebuild N ] dev-python/paramiko-1.7.7.1 USE="-doc -examples"
[ebuild N ] sys-devel/bison-2.4.3 USE="nls -static"
[ebuild N ] sys-devel/automake-1.11.1
[ebuild N ] virtual/yacc-0
[ebuild N ] sys-devel/libtool-2.4-r1 USE="-test -vanilla"
[ebuild N ] sys-devel/flex-2.5.35_p10 USE="nls -static -test"
[ebuild N ] dev-scheme/guile-1.8.8-r1 USE="deprecated nls regex threads -debug -debug-freelist -debug-malloc -discouraged -emacs -networking"
[ebuild N ] sys-devel/autogen-5.12
[ebuild N ] dev-util/gtk-doc-am-1.18
[ebuild N ] dev-libs/glib-2.30.2 USE="static-libs -debug -doc -fam (-selinux) -systemtap -test -utils -xattr"
[ebuild N ] dev-util/pkgconfig-0.26 USE="-hardened"
[ebuild N ] dev-libs/libburn-1.0.0 USE="-debug -track-src-odirect"
[ebuild N ] dev-libs/libisofs-1.0.0 USE="acl zlib -debug -verbose-debug -xattr"
[ebuild NS ] dev-lang/python-2.6.6-r2 [2.7.2-r3, 3.1.4-r3] USE="gdbm ipv6 ncurses readline ssl threads (wide-unicode) xml -berkdb -build -doc -examples -sqlite -tk -wininst"
[ebuild N ] dev-libs/libisoburn-1.0.0 USE="acl readline zlib -debug -external-filters -external-filters-setuid -xattr"
[ebuild N ] dev-vcs/bzr-2.4.1 USE="sftp -bash-completion -curl -doc -emacs -test"
[ebuild N *] sys-boot/grub-9999 USE="nls -custom-cflags -debug -device-mapper -efiemu -sdl -static -truetype" GRUB_PLATFORMS="-coreboot -efi-32 -efi-64 -emu -ieee1275 -multiboot -pc -qemu -qemu-mips -yeeloong"

The following keyword changes are necessary to proceed:
#required by sys-boot/grub-9999, required by sys-boot/grub:2 (argument)
=sys-boot/os-prober-1.47 ~amd64
#required by sys-boot/grub:2 (argument)
=sys-boot/grub-9999 **

NOTE: The --autounmask-keep-masks option will prevent emerge
from creating package.unmask or ** keyword changes.

Autounmask changes successfully written. Remember to run etc-update.

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.

なんかetc-updateしろって言われたのでしてみる。
# etc-update
Scanning Configuration files...
The following is the list of files which need updating, each
configuration file is followed by a list of possible replacement files.
1) /etc/portage/package.accept_keywords (1)
Please select a file to edit by entering the corresponding number.
(don't use -3, -5, -7 or -9 if you're unsure what to do)
(-1 to exit) (-3 to auto merge all remaining files)
(-5 to auto-merge AND not use 'mv -i')
(-7 to discard all updates)
(-9 to discard all updates AND not use 'rm -i'): -3
Replacing /etc/portage/package.accept_keywords with /etc/portage/._cfg0000_package.accept_keywords
mv: `/etc/portage/package.accept_keywords' を上書きしますか? yes
Exiting: Nothing left to do; exiting. :)

では改めて。
# emerge -av sys-boot/grub:2

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.
(中略)
Would you like to merge these packages? [Yes/No] yes

>>> Verifying ebuild manifests

>>> Starting parallel fetch

>>> Emerging (1 of 27) sys-boot/os-prober-1.47

で、いけたと思ったのだがsys-boot/grub:2のビルドでエラーはいてる。
もっかい。
# emerge --ask sys-boot/grub:2
* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.


These are the packages that would be merged, in order:

Calculating dependencies... done!
[ebuild N *] sys-boot/grub-9999 USE="nls -custom-cflags -debug -device-mapper -efiemu -sdl -static -truetype" GRUB_PLATFORMS="-coreboot -efi-32 -efi-64 -emu -ieee1275 -multiboot -pc -qemu -qemu-mips -yeeloong"

Would you like to merge these packages? [Yes/No] yes

>>> Verifying ebuild manifests

>>> Emerging (1 of 1) sys-boot/grub-9999
>>> Unpacking source...
* bzr branch start -->
* repository: http://bzr.savannah.gnu.org/r/grub/trunk/grub/ => /usr/portage/distfiles/bzr-src/grub
bzr: ERROR: No module named thread
You may need to install this Python library separately.
* ERROR: sys-boot/grub-9999 failed (unpack phase):
* bzr.eclass: can't branch from http://bzr.savannah.gnu.org/r/grub/trunk/grub/
*
* Call stack:
* ebuild.sh, line 75: Called src_unpack
* environment, line 3510: Called bzr_src_unpack
* environment, line 838: Called bzr_fetch
* environment, line 805: Called bzr_initial_fetch 'http://bzr.savannah.gnu.org/r/grub/trunk/grub/' '/usr/portage/distfiles/bzr-src/grub'
* environment, line 830: Called die
* The specific snippet of code:
* ${EBZR_FETCH_CMD} ${EBZR_OPTIONS} "${repo_uri}" "${branch_dir}" || die "${EBZR}: can't branch from ${repo_uri}"
*
* If you need support, post the output of 'emerge --info =sys-boot/grub-9999',
* the complete build log and the output of 'emerge -pqv =sys-boot/grub-9999'.
* The complete build log is located at '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/temp/build.log'.
* The ebuild environment file is located at '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/temp/environment'.
* S: '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/work/grub-9999'

>>> Failed to emerge sys-boot/grub-9999, Log file:

>>> '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/temp/build.log'

* Messages for package sys-boot/grub-9999:

* ERROR: sys-boot/grub-9999 failed (unpack phase):
* bzr.eclass: can't branch from http://bzr.savannah.gnu.org/r/grub/trunk/grub/
*
* Call stack:
* ebuild.sh, line 75: Called src_unpack
* environment, line 3510: Called bzr_src_unpack
* environment, line 838: Called bzr_fetch
* environment, line 805: Called bzr_initial_fetch 'http://bzr.savannah.gnu.org/r/grub/trunk/grub/' '/usr/portage/distfiles/bzr-src/grub'
* environment, line 830: Called die
* The specific snippet of code:
* ${EBZR_FETCH_CMD} ${EBZR_OPTIONS} "${repo_uri}" "${branch_dir}" || die "${EBZR}: can't branch from ${repo_uri}"
*
* If you need support, post the output of 'emerge --info =sys-boot/grub-9999',
* the complete build log and the output of 'emerge -pqv =sys-boot/grub-9999'.
* The complete build log is located at '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/temp/build.log'.
* The ebuild environment file is located at '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/temp/environment'.
* S: '/var/tmp/portage/sys-boot/grub-9999/work/grub-9999'

* IMPORTANT: 2 news items need reading for repository 'gentoo'.
* Use eselect news to read news items.

>>> Failed to emerge sys-boot/grub-9999
>>> Failed to emerge sys-boot/grub-9999
>>> Failed to emerge sys-boot/grub-9999
>>> Failed to emerge sys-boot/grub-9999
ダメらしい。何度かやってみるも結果変わらずのため、http://www.gnu.org/software/grub/grub-download.htmlから直接tar玉緒としてビルドという暴挙に出てみた。

# wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/grub/grub-1.99.tar.gz
# tar xvfs grub-1.99.tar.gz
# ls grub-1.99/
# ./configure
# make
# make install
これでインストールまでは通った。

# grub2-install --grub-setup=/bin/true /dev/sdb
bash: grub2-install: コマンドが見つかりません
え?

# grub-install --grub-setup=/bin/true /dev/sdb
Installation finished. No error reported.
あー、なるほど。

# update-grub
bash: update-grub: コマンドが見つかりません
え?

ちなみにこの時点で/boot/grubはちゃんとあるのだがScreenshot-grub - ファイル・ブラウザ
何気にgrub.cfgがない・・・

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub.cfg ...
Found linux image: /boot/kernel-3.1.6-gentoo
Cannot find list of partitions! (Try mounting /sys.)
done
あー、なるほど。しかしちょっと怪しい。

# nano /boot/grub/grub.cfg
(中略)
### BEGIN /usr/local/etc/grub.d/10_linux ###
menuentry 'GNU/Linux, with Linux 3.1.6-gentoo' --class gnu-linux --class gnu --$
load_video
insmod gzio
insmod part_msdos
insmod ext2
set root='(hd1,msdos1)'
search --no-floppy --fs-uuid --set=root 460e31c9-f7d0-4443-a9ce-fb6da6c$
echo 'Loading Linux 3.1.6-gentoo ...'
linux /boot/kernel-3.1.6-gentoo root=/dev/sdb1 ro
ここではちゃんと拾っている。

これで!!と思って再起動したらError15。ここで心折れる。
玉砕!!
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Gentooな1週間

月曜日
Gentooを使ってみようと思いたつ。
一応先週LiveDVDとか落としてVirtualBoxで起動してたりはしてた。

なぜGentooか?
最近Debianの依存関係がgdgdになってきてた。一つのパッケージ新しくしようとしてメタパッケージで一気にUpgradeされるのがアレ。
Openoffice→LibreofficeにしたいだけなのにGnome3が入るとか。
Backportとか有効にしたり色々やってたのでリポジトリ読み込みでエラーが出たりしてビミョーにうざい。
要はパッケージを選びたい、ってこと。
あと若干飽きてきた、ってのもなくはない。
GTKとRubyのVer.のせいで最新のMikutterがまともに動かない。残念。

ということで選択の余地が多いGentooかArchで若干迷うも、俺のTwitterTLではなんかGentoo流行ってる(流行ってた?)のでまぁやってみようかと。
ちなみにDebian環境もWindows環境も生かしたまま。この前RAIDの相棒HDDが吹っ飛んで余ってたもう片割れのHDDを使うことにする。

LiveDVDから起動して、Live環境では管理者権限になれないことに気づく。
Ctrl+Alt+F1でコンソールに落とせば#ってついてるので管理者ではあるみたい。
しかしインストールのためのツールが付属してるわけではない。
GUIインストーラーも、コマンドラインのインストールスクリプトらしきものも見当たらない。
小一時間右往左往しただけで何も進まず終了。先行き不安である。

火曜日
Gentooのハンドブックとかドキュメント関係を読んでみる。
http://www.gentoo.org/doc/ja/handbook/index.xml
今まで多少なりとも使ってきたほかのデストリとはかなりの違いがあるみたい。
俺的にはBackTrack3以上に難しいって考えつかなかったけど。
LiveDVDからドキュメント見ながらインストールいけるかと思ったけど、どうやらLive環境のGUI状態ではRootになれないらしい。ググったら海外フォーラムで「コンソールに落とせよ」的な書き込み見つけてがっくり。

水曜日
仕方ないのでGentooハンドブックのインストール項目、デスクトップ構築項目のいくつかを印刷する。
しかし1回目、カラー印刷にしたらプリンタのカラーインク切れてて肝心のコマンドが映らないことに100ページ近く印刷して気づく。
モノクロでやり直したら今度は30ページ目くらいから黒インクも切れてかすれてる。
何やってんだしねよ俺。とか思いつつもLiveDVDからコンソールモードに落として、インストール始める。
マウントして、linksコマンドからstage3 tarballファイル、PortageスナップショットをDL、解凍まではなんとか。
というか、Linksなんて初めて使ったので、目的のファイル探すだけでえらく時間食ってしまった。
一応ひと通り終わってXorgとGnome入れてみるもstartxはFailed。
疲れたのでこのへんで終了。

木曜日
ノーパソ借りてドキュメント参照しながら作業の続き。
設定ファイルの編集とかよくわからないとこふっ飛ばしたので、あとから変なエラーが出ること少々。
Xの設定ファイルはDebianのそれと見比べて、さらにハンドブックのそれとも見比べて試行錯誤。
結果的にxscreensaverかなんかが入ってなかったのが原因だったっぽい。
しかしX立ち上がってもマウスもキーボードも動かない。
ドキュメント通りにDriverの記述とかしてんだけどなー。
しかもコンソールモードではマウスの動作確認も取れてんだけどなー。
結局この日はこのへんで諦める。

金曜日
木曜のX立ちあげ前までで、「Gentooインストール3日目にしてまだXは立ち上がらない」とか何とかつぶやいていたら、Gentoo教祖naota氏から「どんなエラー?」と@がもらえてた。
で、「色々やってXは立ち上がったけどマウスもキーボードも効かないの」というと、「evdevのモジュールじゃないか?」とお返事。
早速# emerge --search evdev
で検索かけてそれ( x11-drivers/xf86-input-evdev)を入れ、おもむろにstartxすると・・・動くじゃないか!!素晴らしい。
しかしGnomeの画面、上部パネルのメインメニュー、applicationのとこクリックしても何も出てこないのはなぜなんだぜ?
まぁ、/usr/binからGnome-terminal探して上部パネルのアプリケーションランチャとして登録。
これで端末使えるからとりあえず良かろう。
あと、Emerge(Portage?)のフロントエンド、Portholを導入。
色々調べたけどLiveDVDにそんなのはいってたなー、と思いだして確かめてみたらこれだった。
パッと見Synapticみたいで使いやすい。

金曜日
Gnomeのメインメニューがアレなのは設定ファイルがあれな事になってるからか?
と思い立って、DebianのhomeからGnome設定のファイルをコピってきたのがまずかった。
Gnomeクラッシュ!!
仕方ないので設定ファイルいくつか削除すると今度はなぜかXまでクラッシュ!!
んー、KDEも入れたというのに・・・

まぁ、どうせfstabの記述か他のなにかかわからんが、Gentoo入りのHDD以外のHDDつなぐとGentooは/パーティション見失って起動しないという良くわからんことが起こっていたので再インストールすることにした。

で、インストールディスクが必要と思ってたんだけど、よくよく考えるとインストールしたいHDDマウントして、stage3 tarballファイル、PortageスナップショットをDL、解凍、んでchrootして設定やら基本パッケージ導入、という流れなので、
「別にインストールCDいらなくね?」

そう、フツーはインストールディスクからベースシステムコピったりして、足りない分はネット環境あればDLしたりしてるけど、これって違うじゃんね。
ということは・・・Debianからマウントすればいけるんじゃねーの?
で、やってみた。

Debian上でGparted使ってHDD準備、
# mkdir /mnt/home
# mount /dev/sdb2 /mnt
# mount /dev/sdb3 /mnt/home
# swapon /dev/sdb1
# cd /mnt
linksコマンドが使えなかったので、http://gentoo.channelx.biz/から直接wgetでDL
# wget http://gentoo.channelx.biz/releases/amd64/current-iso/stage3-amd64-20111208.tar.bz2
# tar xvjpf stage3-*.tar.bz2
# wget http://gentoo.channelx.biz/releases/snapshots/current/portage-latest.tar.bz2
# tar xvjf /mnt/portage-latest.tar.bz2 -C /mnt/usr
# nano -w /mnt/etc/make.conf
でmake.conf編集して
# cp /etc/resolv.conf /mnt/etc/resolv.conf
# mount -t proc none /mnt/proc
# mount --rbind /dev /mnt/dev
# chroot /mnt /bin/bash
# env-update
>>> Regenerating /etc/ld.so.cache...
# source /etc/profile
# export PS1="(chroot) $PS1"
ほらいけるじゃーん。
# emerge --sync
が一回通らなかったけど、これは# cp /etc/resolv.conf /mnt/etc/resolv.confを飛ばしてしまっていたのが原因。
というわけでDebianからインストール中。
なのでオンラインでドキュメント見ながらできるし、エラーが出たらググればよろしい。

ま、慣れの問題だろうけど、やっぱ難しいわー。
未だによくわかってないのはUSE変数。ま、emergeしたときに警告が出るのでそのとおりにその時追加すれば良いのだけれど。
あと、設定ファイル自分で書くものが多いのも面食らった感じ。
ちょこちょこ一部書き換え、ってのはよくやったけど、ほぼ最初から自分で書くってのはね。

というわけでまだわからんことばっかだけど、多分今日中にX起動まではいけるでしょう。通常用途への設定まで行きたいとこではあるけど、どうでしょうねー。
ここまでやってATIドライバまともに動かんかったらどうしよ。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

         
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。