スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

TOPLinux再挑戦。ネット接続はDHCPサーバーの固定アドレスが原因?

3度目の正直?やっとネット接続完了。
今USBから起動したTOPLinuxからこの記事書いてます。
Screenshot_convert_20091005212402.png動画再生しながらFireFox立ち上げて、なんと使用メモリは280MBほど。素晴らしいww
まだほとんどいじれちゃいないんですが、動作はUSBメモリからに関わらず軽快その物。
パッケージマネージャーPETの応答が少し遅いかなという位で。

さて、前回ネット接続ができなかったんですが(TOPLinux再び。USB使ってみるもネット接続ができなく・・・)、これはDHCPサーバー・・・というかルータでこのメイン機にも固定アドレス振ってたんですが、これがよろしくなかったらしい。
とちあえずIPをDHCPサーバーで固定&LAMP導入までとメイン機死亡?とのときにクライアント機であるメインマシンも固定を割り振ってたんですが、これをやってからWindowsの方で立ち上げからネット接続検出に時間がかかるようになっていたのを思い出したんですね。
で、トリプルブート(+USBのTOPLinux)とOSカオス状態なこのメインマシン、Ubuntuでは割り振ったとおりのIP192.168.24.52になってたんですが、Windowsでipconfigしてみると・・・192.168.24.32。。。
設定はDHCPから自動割り振りです。
ここでOS側で固定で192.168.24.52を割り振ってみると・・・ネットにつながらなくなっちゃいましたww
ハードウェアアドレスに応じて割り振ってくれると思ってたんですが、どうやらマルチOS環境だとうまくいかないらしい。他に設定いれないといけないのかな?
まぁサーバー機へのアクセス許可/拒否に統一して使いたかっただけなので、これはサーバー機のがわでローカルからの接続を範囲指定で許可してやればいいはず。
というわけでhttps://ctu.fletsnet.com/でメインPCの設定削除!

で、再起動して・・・TOP Linuxご紹介いただいたので早速お試し。でやったとおりにネットワークの設定>LAN>AutoDHCPをクリックすると、あっさり接続!
これでFireFoxも無事起動。PETも無事使用可能に。
確認してみると

# ifconfig
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:24:1D:2B:5E:DF
inet addr:192.168.24.77 Bcast:192.168.24.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:15642 errors:0 dropped:1830910938 overruns:0 frame:0
TX packets:11343 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:18596777 (17.7 MiB) TX bytes:3214170 (3.0 MiB)
Interrupt:18 Base address:0xc000

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:2 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:2 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:100 (100.0 B) TX bytes:100 (100.0 B)


ふむ。やはりマルチOSだとOS毎にIPは変わるのか?
この前にUbuntuを起動して確かめたところ、こっちではIPは192.168.24.76になってたので、やはり別IPが割り振られるようです。

さて、これでまともに使えるようになったし、色々試してみたいと思いますが。
けっこういろんなアプリたちあげた状態でもメモリ使用量は500MBちょっと。
よほど複雑な作業やらしない限り512MB+Swapでなんとかなるんじゃないかなと。1GあればSwap使うこともほとんどないでしょう。
あと、ulimitを使わなければ機能に制限が出るようですが、それでも最低限のアプリは使えるみたいだし、スペックに合わせてこの辺は調節すればいいでしょう。
当然のごとく一番メモリ食うのはFireFox。これをもっと簡素なブラウザ(デフォルトならDillo)なんかをメインにすることでかなり削れるんじゃないでしょうか。
同じくらいの作業をUbuntu&Gnomeでやろうとすると1G位のメモリは余裕で越えちゃいますからね。(Xorgが結構食ってるし)

で、PuppyベースなのでDebian系のUbuntuとは作法が多少違ってまして、この辺はまだ手探りです。ディレクトリの構造も少し違ってるみたいだし。
PETがUbuntuでいうSynapticのようなものですが、やっぱりパッケージの数は格段に少なくなっちゃいますね。
でもまぁ、このような軽量Linuxは旧式ネットブックなんかで活用されるべきだと思いますし、動画再生、ネットブラウジングくらいはデフォルトのアプリで面倒なことなくすぐに利用できます。
OOoも入ってるので、簡単な表計算やドキュメント作成もすぐできますね。

まぁ低スペックPCでの利用を前提としているようなので、今の俺のメインPC(PhenomII 720BE&メモリ4G)なんてPCではどこまで低スペックでも快適に動作するか?なんて検証はいまいちできないわけですが、システムモニタ見てみる限り全然このスペックは必要ありません!!
はっきりいって宝の持ち腐れになってしまうのではないかとw
さてと・・・Powernowdのようなクロック制御やらlm-sensorsみたいなハードウェア監視系のアプリがあれば俺としては最高なんだけど・・・この辺のセットアップは調べながらぼちぼちやっていこうかなと。

全体的には操作もわかりやすくてとっつきやすいかと思いますよ。本家Puppyも今度試してみよう。

関連記事
初めての軽量Linuxってどう選ぶべきなんだろう?
TOP Linuxご紹介いただいたので早速お試し。
TOPLinux再び。USB使ってみるもネット接続ができなく・・・
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

TOPLinux再び。USB使ってみるもネット接続ができなく・・・

TOP Linuxご紹介いただいたので早速お試し。ではVirtualbox使ってたんですが、USB使って実機で試してみました。
まずLiveCD作ってそれで起動。ここでちょっと分かったことがあったので、その後USBを使ってみることに。
使ったのは4Gの方のUSB。いまいちPuppyの基本が分かってないので、とりあえずLiveCDと同じように使えるように、1Gと3Gにパーティション分けて、1Gの方にUnetBootinでTOP-unlimited-4.2.1.isoを焼きました。
http://sourceforge.jp/projects/toplinux/
↑からDLしたんですが、本来はunlimitedじゃない方をDLして、機能に不足を感じたらulmt_421.sfsをDLして入れればいいようなのですが、ネット接続に自信がありませんでしたのでw
そしてこの予感は的中する・・・

まず起動は問題なく。ps2とusbの選択がちょっと実機だと変わってたけどまぁ問題なく。
つか、実機でもVesaじゃないとなんかおかしいんだ。砂嵐画面になっちゃって。この辺はBackTrackで慣れっこだからいいけれども。

で、製作者のビズアイユさんに教えていただいた

だまされたと思って起動した後にそのままシャットダウンを試みて下さい。
個人設定ファイルが作られ、CDとの差分だけが保存されるはずです。


確かにCD起動してシャットダウン時に「SAVEしますか?」みたいなことを聞かれていたのですが、疑問に思ってたのは、その「差分」が保存されるのはどこだろうということ。
これは試してみたら即理解。SAVEを選ぶと保存先が接続されている記憶メディアから選択できるんですね。
というわけでここでUSBの出番。CDはうるさいしねww
1Gの方にISO入れてLiveCDの代わりに使って、残りのパーティションを保存領域にすればいいんじゃないかと。BackTrackのUSBでやったのと同じですね。(いや、そこまでするならUSBにインストールすればいいじゃんってツッコミはなしの方向でwそのうちやりますからww

で、UnetBootinで1Gの方にISOを焼いて、BIOSで起動順序いじって起動と。
んで、前にやったように日本語化とネットワークの設定しようとしたけど、ネットがつながらない・・・
まぁいい。この時点でFireFox立ち上げようとするとScreenshot_20090927101843.png
pup_save.sfsと同じディレクトリにulmt_421.sfsを入れればいいらしいんですが、この時点でpup_save.sfsは見つからない。そりゃそうだ。初回起動でなんも保存してないんだもの。
というわけで保存先にUSBの2つめのパーティションを選んで再起動。

よーし。保存されてるぞー。/mnt/homeですね。Screenshot-1_20090927101843.png
で、ここにシステムファイルのなかにあるulimitedフォルダ内のulmt_421.sfsをコピー。これで限定解除されるはず。
で、また再起動。

Screenshot-2_20090927101843.pngFireFoxは立ち上がるようになったもののまだつながりません。
Screenshot-3_20090927101843.png前にやったようにネットワークのセットアップを試みるも・・・なんか前とメッセージが違うような・・・
eth0しか選択肢が出ないんだけど、ほんとにこれでいいのか?
うーむ。FireFoxは相変わらずだし、パッケージ追加しようとしてもつながらない。ということはFireFoxが問題なのではなくそもそもネットにつながってないのか?
しかしタイムゾーン選択するとTokyoで行けるんだよなぁ。。。ん?これはBIOSの時間から拾ってるのか?

じゃ、これは後回しにして標準に入ってるアプリなんかをいくつか。
Screenshot-4_20090927101842.png動画再生、音楽再生は問題なく。ちょっとボリューム小さいけど。
Wiresharkでは接続状況でてるから、LAN自体のドライバはちゃんと認識してるみたい。オンボードLANの機種もちゃんと表示されてるし。
でもDHCPやら色々いじっても結果は変わらず。なんか根本的な設定を間違ってる気がしてきました。。。
ルータからのIP割り当てがうまくいってないのかな?DHCPで固定割り振ってるからなぁ・・・

これを除けば非常にサクサク。驚くことにただ起動した状態ではメモリは150MB弱しか使ってないみたい。これは旧式ノートやらの再生には非常にいいかも。USBでこのレスポンスですから。
仮想環境ではさすがにレスポンスが落ちてましたが、実機ではもう軽いこと軽いこと。
まるでFluxBoxなUbuntuのような操作の軽さ。でもFluxBoxでもUbuntuだとちょっとした作業でも500MBは必要になっちゃうんですよね。まともに使おうとするとSWAP使わなきゃ話にならないことも多いし。
あと、接続されてる記憶メディアを起動後すぐに自動認識してくれるのもありがたいです。またこれがデスクトップにアイコン表示されるんですね。というわけでそれクリックするだけで対応してるフォーマット形式なら簡単にマウントできます。ext4はマウントできなかったけど、ntfsもext3もOK。
rootログインなのでマウントしたメディアへの書き込みやファイル削除も問題なくできます。(これは危険と隣り合わせですが)

さて、ちょっと俺はPuppyの基本を学ばねばこいつを活用できないようです。
ディレクトリの中身もUbuntuとは若干違ってるし、コマンドもちょっと違いますからね。
ダメモトで/etc/init.d/networking start なんてやってみたら「そんなのないよ」って言われちゃったしww

実機で使った感触としては、以前のレビューにも書いちゃったんですが、Linux初心者の初めてのLinuxとしては初期設定が若干難易度高いかなと。ただ、このハードルを越えさえすれば、十分以上に実用に値すると思います。
Puppy自体パッケージがDebian系に比べて非常に少ないのですが、そもそもXPがキツいようなPCでそこまでアプリの充実は必要なのかと思いますし。
俺は持ってないけど、現役引退した旧式ノートなんかを使うなら、Web閲覧とメールとテキストファイルいじるくらいじゃないかなと。表計算使うにしても、他のアプリと同時使用なんかはそんなにしないでしょうし。動画もみれればいいけど、高画質やスムーズな再生は難しいかもだし。

そうするとこういったメモリ使用量が少なくて、軽快なOSってのはいいと思うんですよね。
ライセンス切れちゃったWindowsと入れ替えて、ちょっと色々試しながら、最終的に寝転がりながらとか電車のなかで簡単な作業をサクッとできる、みたいな使い方で。

さて、問題のネットワーク設定をなんとかせねばw

関連記事
TOP Linuxご紹介いただいたので早速お試し。
初めての軽量Linuxってどう選ぶべきなんだろう?
Ubuntuを「お試し」で使う3(+1)の方法
デスクトップ環境を試してみる ~Kubuntu・Xubuntu・Fluxbuntu~
Ubuntuで軽量デスクトップ環境LXDEを試してみる
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが
TOPLinux再挑戦。ネット接続はDHCPサーバーの固定アドレスが原因?
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

TOP Linuxご紹介いただいたので早速お試し。

前回の記事でビズアイユさんにご紹介いただいたTOPLinuxを早速試してみることに。
こいつはなんと、ビズアイユさんがPuppyLinuxをベースに開発を進めてるものとのこと。
泣きたいくらいに低スペックでも動作するように・・・ってのを目指してるという、すばらしいコンセプトですね。(個人的に古いPCを切り捨ててくかのようなMSのやり口に反感を抱いてるので)
とはいえ、俺Puppyまともにいじったことないんだよなぁ・・・
流離ヒ見聞録
↑ビズアイユさんのブログです。TOPLinuxの記事も多くありますよ。

というわけで、まずはVirtualBoxにて試してみることにしました。
仮想PC故の不具合やら、使用感の違いも出てきちゃうとは思うんですけど・・・なのでまぁ本格的に使いたい方は参考程度に軽く流してくださいw
DLは↓から。
http://sourceforge.jp/projects/toplinux/
今回はWindows7上のVirtualBoxで試してます。なぜホストWindowsなのかは・・・特に意味はないので気にしないでくださいwwただの気まぐれです。そのとき起動してたのがWindowsだっただけです。

まずはいつものごとくDLしたISOをマウントしてVirtualBox起動。
起動時に若干の質問項目がありました。
top1.pngこれはキーボード&マウス。
俺のとこではPS2キーボード&USBマウスなんですが、ここはPS2選択でおk。
この後キーボードレイアウト。これはJa-106を選択。
で、ウィンドウシステムにXorgとVesaがあるんですが、仮想PCではVesaでしか立ち上がりません。
Vesaってのは確か汎用ディスプレイドライバとかだったような・・・
BackTrackのときもこーいうのはあったので、たぶん実機に入れるならXorgで問題ないでしょう。

で、HDDへのインストール。Ubuntuに比べると若干難しい感じはするけど、Linuxの中では簡単な方じゃないでしょうか。
Top3.pngメニュー>自分用Puppyにインストーラーがあるので起動。
USBなんかに入れたいときにはここで選択できます。HDDを選択して進みますが・・・
Top4.pngPuppyはインストーラーではパーティションいじれないので、途中でGpartedが立ち上がります。
ここでパーティションをext3(でいいのかな?)にフォーマット。
Top5.pngそうするとインストール先にこのパーティションが選択できるようになります。

あとはほぼフルオート。説明が英語で長いのでアレですが、英語堪能な方には何の苦労もなさそうな選択肢がいくつか。
要はリブート時に今までの変更をしっかり保存できるように選択してけばいい感じです。たぶん。

で、再起動かけて・・・
さて、ここからが本格運用への第一歩。
LanguageからChooseLocaleでJapan選んでそのままX再起動かければ基本言語は日本語に。
ネットワークは設定が必要。システム設定>ネットワークでGUIでの設定画面が出るので、自分の環境に合ったのを選択して(俺の場合は有線なのでLAN。)eth0選んでテストして、OkeyでSucsessでてればおk。
これでネット接続はできます。
TopPET.pngこれはPET。UbuntuでいうSynapticみたいなもんかな。
TopPET2.png入れたいパッケージ選択すると・・・あぁ、wgetでDLしてインストールしてくれるようですね。

というわけでほんとにまだ触りだけですが。
入れてそのままじゃFirefox起動しないんですね。ulmt-nolzma_421.sfs入れないとダメよ、みたいなメッセージが。あ、これは上の方のDLリンク先にあるし、最初からUmlimited入れればいいのかな?
VirtualBoxだとやはり操作に対する反応がちょっと鈍いかなぁ・・・
とはいえ今HDDにはあんまり余裕ないし(すでにトリプルブートなので)・・・そうなるとUSB・・・か。

触ってみた感じとしては、ちょっと初心者には敷居が高いかも。
VesaとかXorgとか、あとGpartedの操作も、「Linuxって何?」みたいな人にはちょっと難しいんですよね。sdaとかsdbとか、俺も一年ちょっと前は「何言ってるのか分かんない」って感じでしたもの。少し慣れればどーってことないんですが。
あと、メッセージが英語なとこが非常に多いので、この辺も「初めて触る」って人には「なんとなく感じで」進むのは難しいかも。多少経験があれば「なんとなく」で大抵何とかなる感じです。
ただ、開発コンセプトに「途上国で国際開発関係者が利用することを想定して作られた」という背景があり、かつビズアイユさんは「現在エチオピアの大学で働いてます。」とのこと。
スケールが日本国内じゃないんですよね。なのでここは日本ユーザーにどーこーってことよりも世界中で使いやすいことを前提にされての結果だと思います。
デスクトップメニューもGUI環境もある程度作りこまれたものになってますので、操作は割と分かりやすく、おそらく少し慣れればかなりのことができるようになると思います。
あぁ、俺がPuppyに慣れてないせいで辛口になってしまってる感じが・・・OTL
申し訳ないです・・・

私見ですが、現状の感じでは「多少なりともLinuxを使用した事がある方」が「旧式ノートやらライセンス切れちゃったWindowsマシンを再生して使ってみたい」ってときにはいい選択肢じゃないでしょうか。
FireFoxが使えればもうWebのたいていのことはできるし、初期で入ってるソフトもなかなか充実。
Puppyベースなので、Debianベースよりパッケージはかなり少なくなっちゃうんですが、それでも、そもそも再生する「旧式ノート」でそこまで大量のパッケージを入れてもまともに使えるかどうか。
低スペックマシンを活用するというのであれば、やはり使用用途は絞り込んで、使用目的に必要なパッケージだけ入れてくっていうある種の「割り切り」が必要だと思うんですよね。
例えば「寝転がりながらネットサーフィンしたいだけ」とか「Youtube見れればそれでいいよ」とか「OpenOfficeで簡単な文書作りたいだけ」とか「Windows98で使えないこの周辺機器は新めなLinuxならもしかして動くかも」とか。ipodとか、共有でituneサーバーにしてみたいならSongbirdやRythmBox活用できるかもしれないし。いや、ハード認識してくれるかどうかは分かりませんが、それでもサポート切れたWindowsよりは可能性高いと思いますよ。

俺としては「旧式ノートをLinuxで活用」ってのはサポート切れたWindowsマシン、捨てる前にLinuxって選択肢もあるよ、ダメもとでやってみるのもいいんじゃないの?ってスタンスなので。
用途を限れば結構行けると思いますよ。
その中でPuppyベースでカスタマイズされたこのtopLinuxも選択肢の一つとしてはいいんじゃないでしょうかね。
うん。そういうわけで、まだ大して設定もできてないんですが(俺のスキル不足のためww)、結構可能性がある印象でした。
HDDに入れて本格運用してみたいとこだけど・・・どーしようかな?BackTrackと入れ替えるか、とりあえず余ってるUSBに入れて使ってみようか、この辺はちょっと迷ってます。
もうちょいVirtualBoxで操作を学んでから決めようかな。

関連記事
初めての軽量Linuxってどう選ぶべきなんだろう?
How to install Ubuntu (9.04)
TOPLinux再び。USB使ってみるもネット接続ができなく・・・
TOPLinux再挑戦。ネット接続はDHCPサーバーの固定アドレスが原因?
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

         
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。