BRAVIAで玉砕してたMediaTomb、設定がいみふだったPMSに引き続き、今度はminiDLNAというのを。
どうもこいつはBRAVIAとの互換もおっけーとの噂。
miniDLNAなるDLNAサーバを試す。(たわごとさん)

さて、そもそも何がなんだか分からないので下調べ。
公式はたぶんここ。http://sourceforge.net/projects/minidlna/files/
でも解説とかが見当たらない。

で、結局インストールに当たって参考にしたのはこの辺り。
CentOS 5.3 にminidlnaを突っ込んだ記録
ソースからminiDLNAのコンパイルを試みる
えぇ。凄まじく親切な解説でございました。感謝!!

/var/cvsというディレクトリ作って、以下に展開することに。(たぶん他のディレクトリでもおk
ディレクトリ作成して移動

$ sudo mkdir /var/cvs
$ cd /var/cvs



http://sourceforge.net/projects/minidlna/developのとおりにソースファイルげt

$ sudo cvs -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsrooot/minidlna login
sudo: cvs: command not found


おw 怒られちったw cvs入れ忘れww これ、先に入れときましょーね。

$ sudo apt-get install cvs



はい。改めて。

$ sudo cvs -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsrooot/minidlna login
Logging in to :pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:2401/cvsrooot/minidlna
CVS password:  ←ここ、参考にさせてもらったサイトでもEnterだけでおkとあったのでそのようにしました。
/cvsrooot/minidlna: no such repository


もう一個。

$ sudo cvs -z3 -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/minidlna co -P minidlna
cvs checkout: CVS password file /home/tmin/.cvspass does not exist - creating a new file
cvs checkout: Updating minidlna
U minidlna/INSTALL
U minidlna/LICENCE
U minidlna/LICENCE.miniupnpd
U minidlna/Makefile
U minidlna/README
U minidlna/TODO
U minidlna/albumart.c
U minidlna/albumart.h
U minidlna/daemonize.c
U minidlna/daemonize.h
U minidlna/genconfig.sh
U minidlna/getifaddr.c
U minidlna/getifaddr.h
U minidlna/icons.c
U minidlna/image_utils.c
U minidlna/image_utils.h
U minidlna/inotify.c
U minidlna/inotify.h
U minidlna/log.c
U minidlna/log.h
U minidlna/metadata.c
U minidlna/metadata.h
U minidlna/minidlna.c
U minidlna/minidlna.conf
U minidlna/minidlnapath.h
U minidlna/minidlnatypes.h
U minidlna/minissdp.c
U minidlna/minissdp.h
U minidlna/minixml.c
U minidlna/minixml.h
U minidlna/options.c
U minidlna/options.h
U minidlna/playlist.c
U minidlna/playlist.h
U minidlna/scanner.c
U minidlna/scanner.h
U minidlna/sql.c
U minidlna/sql.h
U minidlna/testupnpdescgen.c
U minidlna/tivo_beacon.c
U minidlna/tivo_beacon.h
U minidlna/tivo_commands.c
U minidlna/tivo_commands.h
U minidlna/tivo_utils.c
U minidlna/tivo_utils.h
U minidlna/upnpdescgen.c
U minidlna/upnpdescgen.h
U minidlna/upnpdescstrings.h
U minidlna/upnpevents.c
U minidlna/upnpevents.h
U minidlna/upnpglobalvars.c
U minidlna/upnpglobalvars.h
U minidlna/upnphttp.c
U minidlna/upnphttp.h
U minidlna/upnpreplyparse.c
U minidlna/upnpreplyparse.h
U minidlna/upnpsoap.c
U minidlna/upnpsoap.h
U minidlna/utils.c
U minidlna/utils.h
U minidlna/uuid.c
U minidlna/uuid.h
cvs checkout: Updating minidlna/linux
U minidlna/linux/inotify-syscalls.h
U minidlna/linux/inotify.h
U minidlna/linux/minidlna.init.d.script
cvs checkout: Updating minidlna/po
U minidlna/po/LINGUAS
U minidlna/po/Makevars
U minidlna/po/POTFILES.in
U minidlna/po/da.po
U minidlna/po/de.po
U minidlna/po/es.po
U minidlna/po/fr.po
U minidlna/po/ja.po
U minidlna/po/minidlna.pot
U minidlna/po/nb.po
U minidlna/po/nl.po
U minidlna/po/sv.po
cvs checkout: Updating minidlna/tagutils
U minidlna/tagutils/misc.c
U minidlna/tagutils/misc.h
U minidlna/tagutils/tagutils-aac.c
U minidlna/tagutils/tagutils-aac.h
U minidlna/tagutils/tagutils-asf.c
U minidlna/tagutils/tagutils-asf.h
U minidlna/tagutils/tagutils-flc.c
U minidlna/tagutils/tagutils-flc.h
U minidlna/tagutils/tagutils-misc.c
U minidlna/tagutils/tagutils-mp3.c
U minidlna/tagutils/tagutils-mp3.h
U minidlna/tagutils/tagutils-ogg.c
U minidlna/tagutils/tagutils-ogg.h
U minidlna/tagutils/tagutils-pcm.c
U minidlna/tagutils/tagutils-pcm.h
U minidlna/tagutils/tagutils-plist.c
U minidlna/tagutils/tagutils-wav.c
U minidlna/tagutils/tagutils-wav.h
U minidlna/tagutils/tagutils.c
U minidlna/tagutils/tagutils.h
U minidlna/tagutils/textutils.c
U minidlna/tagutils/textutils.h


おっけーならここにminidlnaってディレクトリができてるはずなので確認。

$ ls
minidlna


おっけー。ここまで無事進んでるようだ。

さて、コンパイル。

$ cd minidlna/
$ make
./genconfig.sh
-e
ERROR! Cannot continue.
-e The following required libraries are either missing, or are missing development headers:

-e libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3

make: *** [config.h] エラー 1


おっと。どうやらライブラリが足りないっ!!
そこでおバカな俺はそのままやってみる。

$ sudo apt-get install libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
E: パッケージ libavcodec が見つかりません


はい怒られたー。
どうやらライブラリは後ろにdevがつく、とのこと。で、全部やってみる

$ sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libvorbis-dev libogg-dev libid3tag-dev libexif-dev libjpeg-dev libsqlite3-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
E: パッケージ libid3tag-dev が見つかりません


はい怒られたー。
と、色々やってみて。

$ sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libvorbis-dev libogg-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libvorbisfile3
提案パッケージ:
libfaad-dev libgsm1-dev libschroedinger-dev libspeex-dev libtheora-dev
libx11-dev libxext-dev zlib1g-dev libraw1394-dev libdc1394-22-dev
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libogg-dev
libvorbis-dev libvorbisfile3
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,477kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 11.2MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y


とりあえずここまではおっけー。
あとはうしろのいくつか。libid3tag libexif libjpeg libsqlite3 の4つか。
さて、へたれなのでここでメイン機の方のSynaptic起動して検索かけてみると、それらしきものは引っかかります。それを参考に・・・

$ sudo apt-get install libid3tag0-dev libexif-dev libjpeg62-dev libsqlite3-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libid3tag0 pkg-config zlib1g-dev
提案パッケージ:
sqlite3-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libexif-dev libid3tag0 libid3tag0-dev libjpeg62-dev libsqlite3-dev
pkg-config zlib1g-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1,214kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,666kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?


おk。通ったっすね。libid3tag0-dev libjpeg62-dev この二つは検索せなわからんわー。他の二つは後ろに-dev付けるだけでしたね。

で、とりあえずmakeしたらPermission deniedっていくつかでたので、sudoつけてやり直し

$ sudo make
(中略)めっちゃ長いw
Linking minidlna
Compiling testupnpdescgen.c
Linking testupnpdescgen


実行ファイルとして、minidlnaとtestupnpdescgenができあがったようです。
でも、sudo make installとしないと正しい場所に格納されないようです。(ネット情報&Makefileの記述) これで、minidlnaが/usr/sbin下に格納され、/etc下にminidlna.confが格納されます。

とのことなので、make installしようか。

$ sudo make install
install -d /usr/sbin
install minidlna /usr/sbin
install -d /etc
install --mode=0644 minidlna.conf /etc


おっけー。

さてさて、今度は設定ファイル編集。設定ファイルは/etc/minidlna.conf

$ sudo nano /etc/minidlna.conf
以下ファイルの中身(デフォルト)
# port for HTTP (descriptions, SOAP, media transfer) traffic
port=8200

# network interface to bind to (this is the only interface that will serve$
#network_interface=eth0

# set this to the directory you want scanned.
# * if have multiple directories, you can have multiple media_dir= lines
# * if you want to restrict a media_dir to a specific content type, you
# can prepend the type, followed by a comma, to the directory:
# + "A" for audio (eg. media_dir=A,/home/jmaggard/Music)
# + "V" for video (eg. media_dir=V,/home/jmaggard/Videos)
# + "P" for images (eg. media_dir=P,/home/jmaggard/Pictures)
media_dir=/opt

# set this if you want to customize the name that shows up on your clients
#friendly_name=My DLNA Server

# set this if you would like to specify the directory where you want MiniD$
#db_dir=/var/cache/minidlna

# this should be a list of file names to check for when searching for albu$
# note: names should be delimited with a forward slash ("/")
album_art_names=Cover.jpg/cover.jpg/AlbumArtSmall.jpg/albumartsmall.jpg/Al$

# set this to no to disable inotify monitoring to automatically discover n$
# note: the default is yes
inotify=yes

# set this to yes to enable support for streaming .jpg and .mp3 files to a$
enable_tivo=no

# set this to strictly adhere to DLNA standards.
# * This will allow server-side downscaling of very large JPEG images,
# which may hurt JPEG serving performance on (at least) Sony DLNA produc$
strict_dlna=no

# default presentation url is http address on port 80
#presentation_url=http://www.mylan/index.php

# notify interval in seconds. default is 895 seconds.
notify_interval=900

# serial and model number the daemon will report to clients
# in its XML description
serial=12345678
model_number=1


port=8200を使うらしい。これ、変更可能かもね。
俺のとこのサーバー機は/home/public以下にLAN内で共有するメディア置いてるので、これを指定せねば。

media_dir=A,/home/public/音楽
media_dir=V,/home/public/Video
media_dir=V,/home/public/movie
media_dir=V,/home/public/anime
media_dir=P,/home/public/Pictures


こんな感じに書き加えて保存。

で、どうやらdaemonの起動スクリプトがあるらしい?というわけで確認してみる。

$ ls
CVS inotify.o playlist.h upnpdescgen.o
INSTALL linux playlist.o upnpdescstrings.h
LICENCE log.c po upnpevents.c
LICENCE.miniupnpd log.h scanner.c upnpevents.h
Makefile log.o scanner.h upnpevents.o
README metadata.c scanner.o upnpglobalvars.c
TODO metadata.h sql.c upnpglobalvars.h
albumart.c metadata.o sql.h upnpglobalvars.o
albumart.h minidlna sql.o upnphttp.c
albumart.o minidlna.c tagutils upnphttp.h
config.h minidlna.conf testupnpdescgen upnphttp.o
daemonize.c minidlna.o testupnpdescgen.c upnpreplyparse.c
daemonize.h minidlnapath.h testupnpdescgen.o upnpreplyparse.h
daemonize.o minidlnatypes.h tivo_beacon.c upnpreplyparse.o
genconfig.sh minissdp.c tivo_beacon.h upnpsoap.c
getifaddr.c minissdp.h tivo_beacon.o upnpsoap.h
getifaddr.h minissdp.o tivo_commands.c upnpsoap.o
getifaddr.o minixml.c tivo_commands.h utils.c
icons.c minixml.h tivo_commands.o utils.h
image_utils.c minixml.o tivo_utils.c utils.o
image_utils.h options.c tivo_utils.h uuid.c
image_utils.o options.h tivo_utils.o uuid.h
inotify.c options.o upnpdescgen.c uuid.o
inotify.h playlist.c upnpdescgen.h
$ cd linux
$ ls
CVS inotify-syscalls.h inotify.h minidlna.init.d.script


確かにある。これを/etc/rc.d/init.dにコピー。Debian向けに書かれてるらしいので、Ubuntu Serverな俺のとこじゃそのままで問題ないのかな?

$ sudo cp minidlna.init.d.script /etc/init.d/minidlna


おっけー。一応確認してみると、/etc/init.d/minidlnaってちゃんとできてます。
で、コレに実行権限つけていよいよ起動。

$ sudo chmod 755 /etc/init.d/minidlna
$ sudo /etc/init.d/minidlna start
* Starting minidlna minidlna [ OK ]


おっけー。

さて、今、我が環境では目的のBRAVIAがLAN接続されてないので、認識できるかは未確認!!
ちなみにminiDLNA Editorなるアプリもあるらしく、ぱっと見、コレ使うとMediaTombのブラウザからの管理画面みたく操作できるのかな?
miniDLNAを使いこなしていく ~MiniDLNA Editorを使う~
MiniDLNAデータベース情報変更PHP
ま、この辺はおいおいとやっていきましょうかね。
今日はとりあえず導入まで、と。

関連記事
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
Samba再び
MediatombでDLNAサーバー構築してみよー
PS3MediaServerってDLNAサーバがBRAVIA行けるらしいとかなんとか
Debian squeezeサーバーにMediatombでDLNAサーバー

総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次

全記事一覧

情報サイト新着RSS一覧
sponsored link
MediaTombで玉砕したDLNA構築でしたが(Bravia的に)、PS3MediaServerってDLNAサーバが、どうやらBRAVIA行けるらしいとのこと。
BRAVIA とUbuntuとDLNA

というわけで、まぁ、導入だけしてみようと。
公式サイトはここ。
http://code.google.com/p/ps3mediaserver/

まずは本体DL。サーバー機の方なので男気あふれるwget。

$ wget http://ps3mediaserver.googlecode.com/files/pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz
--2010-07-19 17:56:52-- http://ps3mediaserver.googlecode.com/files/pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz
ps3mediaserver.googlecode.com をDNSに問いあわせています... 64.233.183.82
ps3mediaserver.googlecode.com|64.233.183.82|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 7883683 (7.5M) [application/x-gzip]
`pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz' に保存中

100%[=================================>] 7,883,683 727K/s 時間 12s

2010-07-19 17:57:04 (649 KB/s) - `pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz' へ保存完了 [7883683/7883683]


DLしたファイル解凍。

$ tar zxvf pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz
pms-linux-1.20.409/linux/
pms-linux-1.20.409/renderers/
pms-linux-1.20.409/CHANGELOG
pms-linux-1.20.409/FAQ
pms-linux-1.20.409/LICENSE.txt
pms-linux-1.20.409/PMS.sh
pms-linux-1.20.409/README
pms-linux-1.20.409/WEB.conf
pms-linux-1.20.409/linux/tsMuxeR
pms-linux-1.20.409/linux/tsMuxeR_licence.txt
pms-linux-1.20.409/plugins/plugins.txt
pms-linux-1.20.409/pms.jar
pms-linux-1.20.409/renderers/Bravia4500.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Bravia5500.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/FreeboxHD.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Kuro.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/PS3.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Philips.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/PopcornHour.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Realtek.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Samsung.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/Streamium.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/WDTVLive.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/XBMC.conf
pms-linux-1.20.409/renderers/XBOX360.conf


$ ls
avast4workstation_1.3.0-2_i386.deb
avg85flx-r812-a3371.i386.deb
file.php?id=83
phc-k8_v0.4.2
pms-generic-linux-unix-1.20.409-BETA.tgz ←これDLしたファイル
pms-linux-1.20.409 ←これ解凍したファイル。
sharemedia
update.log



で、動作にはJava,mplayer,mencoder,ffmpegが必要とかなんとか。だけどsun-java6-jreはデフォで有効になってないので、リポジトリ追加。

$ sudo nano /etc/apt/sources.list


deb http://archive.canonical.com/ lucid partner ←これを追加して保存。

$ sudo apt-get install sun-java6-jre ffmpeg mplayer mencoder


これで動作環境は整ったはず。

$ cd pms-linux-1.20.409
$ ./PMS.sh
GUI environment no available
Switching to console mode
[main] TRACE 18:44:00.753 Starting Java PS3 Media Server v1.20.409
[main] TRACE 18:44:00.755 by shagrath / 2008-2010
[main] TRACE 18:44:00.755 http://ps3mediaserver.blogspot.com
[main] TRACE 18:44:00.755 http://code.google.com/p/ps3mediaserver
[main] TRACE 18:44:00.755
[main] TRACE 18:44:00.755 Java 1.6.0_20-Sun Microsystems Inc.
[main] TRACE 18:44:00.755 OS Linux i386 2.6.32-23-generic-pae-phc
[main] TRACE 18:44:00.756 Encoding: UTF-8
[main] TRACE 18:44:00.763 Temp folder: /tmp/javaps3media
[main] TRACE 18:44:00.895 Error in MediaInfo Library loading: Unable to load library 'mediainfo': libmediainfo.so: cannot open shared object file: No such file or directory
[main] TRACE 18:44:00.895 Make sure you have libmediainfo and libzen installed
[main] TRACE 18:44:00.896 The server will now use the less accurate ffmpeg parsing method
[main] TRACE 18:44:00.901 Loading configuration file: PS3.conf
[main] TRACE 18:44:00.928 Loading configuration file: XBOX360.conf
[main] TRACE 18:44:00.938 Loading configuration file: Kuro.conf
[main] TRACE 18:44:00.942 Loading configuration file: XBMC.conf
[main] TRACE 18:44:00.944 Loading configuration file: FreeboxHD.conf
[main] TRACE 18:44:00.947 Loading configuration file: Samsung.conf
[main] TRACE 18:44:00.950 Loading configuration file: Streamium.conf
[main] TRACE 18:44:00.953 Loading configuration file: Bravia4500.conf
[main] TRACE 18:44:00.960 Loading configuration file: PopcornHour.conf
[main] TRACE 18:44:00.965 Loading configuration file: WDTVLive.conf
[main] TRACE 18:44:00.970 Loading configuration file: Bravia5500.conf
[main] TRACE 18:44:00.978 Loading configuration file: Philips.conf
[main] TRACE 18:44:00.984 Loading configuration file: Realtek.conf
[main] TRACE 18:44:00.987 Checking font cache... launching simple instance of MPlayer... You may have to wait 60 seconds !
[main] TRACE 18:44:01.410 Done!
[main] TRACE 18:44:01.461 Registering transcoding engine FFmpeg Audio
[main] TRACE 18:44:01.484 Registering transcoding engine MEncoder
[main] TRACE 18:44:01.486 Registering transcoding engine MPlayer Audio
[main] TRACE 18:44:01.486 Registering transcoding engine MEncoder Web
[main] TRACE 18:44:01.487 Registering transcoding engine MPlayer Video Dump
[main] TRACE 18:44:01.487 Registering transcoding engine MPlayer Web
[main] TRACE 18:44:01.494 Registering transcoding engine TsMuxer
[main] TRACE 18:44:01.494 Registering transcoding engine Audio High Fidelity
[main] TRACE 18:44:01.496 Registering transcoding engine VideoLan Audio Streaming
[main] TRACE 18:44:01.496 Registering transcoding engine VideoLan Video Streaming
[main] TRACE 18:44:01.497 Registering transcoding engine Raws Thumbnailer
[main] TRACE 18:44:01.690 Scanning network interface eth0 / eth0
[main] TRACE 18:44:01.691 Using address /192.168.24.51 found on network interface: name:eth0 (eth0) index: 2 addresses: /192.168.24.51;
[main] TRACE 18:44:01.692 Created socket: /192.168.24.51:5001
[main] TRACE 18:44:01.786 Using following UUID: dc6308a4-a7cd-3310-ab36-826dfa3c3ce5
[main] TRACE 18:44:05.836 It's ready! You should see the server appears on XMB


いや、ちょっと。わけわかんないんすけど!!
一応この状態からCtrl+Cで抜けられる。

^C[Thread-5] TRACE 18:57:11.356 Sending BYEBYE...



さて、どうやら設定ファイル作ったりうんたらかんたらが必要っぽい。

$ touch PMS.conf
$ nano PMS.conf

folders=/home/public/Video ←公開するディレクトリのパス
hostname=192.168.24.XX ←サーバーのIPアドレス
network_interface=eth0


さて、これで共有フォルダが見れるはずなんだけど・・・とりあえずXBMCでやったらうまく繋がらず。VLCも。Braviaの方は未検証。
というわけでまだ全く使いこなせておらず。
つか、設定ファイルわかりにくっ!!
これ、ただDLNAクライアントならMediaTombの方が圧倒的に導入から設定から使い方から楽なんじゃ・・・
とはいえBraviaはMediaTombちゃんと認識してくれんからなー。んでもMediaTombでPS3使えるし。(持ってねぇけどw
ま、設定はぼちぼちやっていきましょうかね。

ちなみにメモリバカ食いしてるの?これ?

Linux tmin-server 2.6.32-23-generic-pae-phc #37~phc0-Ubuntu SMP Thu Jul 1 06:59:27 UTC 2010 i686 GNU/Linux
Ubuntu 10.04 LTS

Welcome to Ubuntu!
* Documentation: https://help.ubuntu.com/

System information as of Mon Jul 19 19:29:41 JST 2010

System load: 0.27 Swap usage: 0% Users logged in: 1
Usage of /home: 37.6% of 687.99GB Temperature: 40 C
Memory usage: 40% Processes: 125

Graph this data and manage this system at https://landscape.canonical.com/


まさかXないのに40%とか・・・2G積んでるのに・・・
まぁいい。まだ余裕はある。

参考にしてるとこ
BRAVIAの DLNA機能でパソコン内のMP4やTSファイルを再生する方法!
LinuxBoxにPS3 Media Serverをインストール.PS3で再生する
PS3 Media Server

関連記事
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
sambaでWindowsとUbuntu Serverのファイル共有を設定してみる
Sambaでの共有設定2 動画ファイルやら音楽ファイル置いてクライアント機で再生
ちょっとハマってたUbuntu9.04→Ubuntu Server(仮)9.04のSamba共有フォルダアクセス
WordPressのデータ移行してみるテスト
Samba再び
MediatombでDLNAサーバー構築してみよー
miniDLNAなるDLNAサーバーでBRAVIAがいけるとかなんとか。
Debian squeezeサーバーにMediatombでDLNAサーバー

総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次

全記事一覧

情報サイト新着RSS一覧
sponsored link
Sambaに続き、今度はDLNA構築。
これはメディアファイルを効率的に管理するメディアサーバー構築には手っ取り早いらしい。
一応これの最終目標は今にあるTV(Bravia)をLANにつないだら、DVDから取り込んだ映画を見たり、ができること。
録画もできるとありがたいけど、こっちは多分、サーバー側でも地デジ対応が必要になりそうな感じなので、まぁおいおいと。つか、俺の部屋のTVは10年前に中古で買ったブラウン管だしな。14インチのw
ま、今はPS3とかでつなげて見れるってを作りたい人にもいいでしょうね。(PS3も買おう買おうと思ってはや半年がたとうとしてるわけだがww

まずはMediatombインストール。
$ sudo apt-get install mediatomb
設定ファイル書き換え前にIPアドレスとネットワークデバイス確認。

$ ifconfig
eth0 Link encap:イーサネット ハードウェアアドレス 00:1d:60:fc:50:b0
inetアドレス:192.168.24.51 ブロードキャスト:192.168.24.255 マスク:255.255.255.0
(略)


(今のところ)サーバー機には192.168.24.51を固定で割り当ててるので、LAN内IPはこれで動かなくなってるはず。
重要なのはeth0になってるか、を確認しとくこと。たまーに勝手にeth1とか2になってることあるしね。フツーはeth0が割り当てられてるはず。これはeth0になってるのでおっけー。

/etc/以下のmediatomb設定ファイル編集してネットワークインターフェイス指定。
なんかディストリやVer.によってビミョーに設定ファイルの場所が違うのか?mediatomb.confだと思ってたけど、confはなかった。これ、Ubuntu Server 10.04ね。Fedoraだと/etc/mediatomb.confになってる?
なんか参考にしてる雑誌により違うんだよなー。

$ sudo nano /etc/default/mediatomb

# The network interface for MediaTomb to bind to and for which the multica$
# routing entry should be added; "" if the route shouldn't be added at all.
# For example: INTERFACE="eth0"
INTERFACE="eth0"←ここ、空欄だったのにeth0と書き加えて保存。



次は/etc/mediatomb/config.xmlを編集して、扱える動画、画像、音楽ファイルの種類を指定。
$ sudo nano /etc/mediatomb/config.xml
結構長いんだけど・・・


             ↓ここyesに。 ↓PS3サポートのときってこと。  
<protocolInfo extend="yes"/><!-- For PS3 support change to "yes" -->
まぁ、PS3はないわけだが。
付近にUncomment the lines below なんちゃらって記述がいくつかあるので、使用する機器やらにあわせて<!-- -->を削除するとその記述の指定が有効になる・・・のか?たぶん。

文字化け対策
<import hidden-files="no">
<filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset>← 
<metadata-charset>CP932</metadata-charset>  ←ここの2行書き加える。 
<scripting script-charset="UTF-8">

Uncomment the line below for PS3 divx support ←これ、さっきのUncommentのように。
<map from="avi" to="video/divx"/>
Uncomment the line below for D-Link DSM / ZyXEL DMA-1000
<map from="avi" to="video/avi"/>
</extension-mimetype>
<mimetype-upnpclass>
<map from="audio/*" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
<map from="video/*" to="object.item.videoItem"/>
<map from="image/*" to="object.item.imageItem"/>
<map from="application/ogg" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
</mimetype-upnpclass>
<mimetype-contenttype>
<treat mimetype="audio/mpeg" as="mp3"/>
<treat mimetype="application/ogg" as="ogg"/>
<treat mimetype="audio/x-flac" as="flac"/>
<treat mimetype="image/jpeg" as="jpg"/>
<treat mimetype="audio/x-mpegurl" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-scpls" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-wav" as="pcm"/>
<treat mimetype="audio/L16" as="pcm"/>
<treat mimetype="video/x-msvideo" as="avi"/>
<treat mimetype="video/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="audio/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660" as="dvd"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660-image" as="dvd"/>
<treat mimetype="video/x-matroska" as="mkv"/>
<treat mimetype="audio/x-matroska" as="mka"/>


<map from="avi" to="video/divx"/>って記述が、この場合avi形式のファイルをDivxな動画として扱いますよって記述。
なので、例えばPS3にmp4を動画として使わせたいときは、<map from="mp4" to="video/mp4"/>などと書きたしていけばおっけー。
まぁ、クライアント機どうこうはあとからまた確認すればいいや。というわけでここは結構適当にやってしまいましたが。
で、設定終了したらmediatomb再起動。
$ sudo seivice mediatomb restart

さて、今度はMediatombで公開するファイル、ディレクトリを設定。
http://IPアドレス:49152 にブラウザからアクセス。
あ、この前に$ sudo ufw allow 49152が必要、かも?
サーバー機自体から設定するときは http://localhost:49152/でおっけー。俺は別PCからリモートでやったので、http://192.168.24.51:49152/でアクセス。
Screenshot-MEDIATOMB - Mozilla Firefox-1左側にPCのディレクトリが表示されるので、ここから公開するディレクトリ選んで右側で+ボタン押してAdd。
当然ディレクトリ丸ごともできるし、ファイル毎に選ぶことも可能。
これをくり返してってScreenshot-MEDIATOMB - Mozilla Firefox左側のDatabaseに追加された項目が出るので、確認。

さて、とりあえずクライアント機、メインPCからちゃんと使えるか確認してみよー。
UbuntuでDLNA対応してる動画プレイヤーはVLCかTotem、らしい。
Ubuntu Weekly Recipe 第109回 HDDレコーダを使いこなす(1)DLNAクライアント

Totemの場合、追加プラグイン
$ sudo apt-get install totem-plugins-extra
んで、Screenshot-プラグインの設定「編集」→「プラグイン」から「コヒーレンス DLNA/UPnP クライアント」にチェック。
Screenshot-動画プレイヤーTotem起動して、右側の上の方、「コヒーレンス DLNA/UPnP クライアント」に切り替えると、認識されてればMediatombって項目が出てきて。
Screenshot-動画プレイヤー-1ここクリックすると公開されてるフォルダがツリー状に表示されるので、ここから選べば再生できます。

VLCの場合
「メディア」→「サービスの検出」→「ユニバーサルプラグ&プレイの検出」にチェック。
するとプレイリストのところに「ユニバーサルプラグ&プレイ」って出てくるので、これを選ぶと
Screenshot-プレイリストTotemと同じようにディレクトリが表示されます。
しっかし、VLCのツリー表示はなーんか見づらいんだよね。Directoryばっかで。
でも、TotemよりVLCの方が(うちの環境では)快適に再生できるから悩ましいところではあるんだが。

で、今のところなぜかXBMCだけうまくつながらないんだよねー。まぁ、これは別にいいと言えばいいんだけど。
クライアントソフトとしてはどれも一長一短、ではあるかな。
あー、そういやWindowsからの接続もまだ試してないや。

さーて、けど、これでとりあえずの設定はおっけーなはず。あとはTVの方からちゃんと認識されるか否か、これが問題っすね。

追記
ダメですた\ (^o^)/
つないでみたら「DLNAサーバーじゃねぇよ、そいつ」って怒られる。
調べてみたらどうやらMediatombはビミョーに規格が違っててダメとか何とか。
BRAVIA KDL-40V1

①BRAVIAが対応しているDLNAサーバーは、DLNA準拠のみでUpnpは対応せず
 ⇒ mediatomb等、多くのフリーDLNAサーバーが使えない
 ⇒ ちなみに、MediaPlayer11は対応している
②その上、対応しているフォーマットがmpeg2のみ
 ⇒ mpeg4に未対応とは。。。Playstation3と仕様が全然違うのだ


んでも、Mediatombのソース書き換えてうんたらかんたらして写せたって方もいらっしゃるようなので、もうちょい調べてみるお><;



関連記事
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
sambaでWindowsとUbuntu Serverのファイル共有を設定してみる
Sambaでの共有設定2 動画ファイルやら音楽ファイル置いてクライアント機で再生
ちょっとハマってたUbuntu9.04→Ubuntu Server(仮)9.04のSamba共有フォルダアクセス
Samba再び
PS3MediaServerってDLNAサーバがBRAVIA行けるらしいとかなんとか
miniDLNAなるDLNAサーバーでBRAVIAがいけるとかなんとか。
Debian squeezeサーバーでSambaとSwat
Debian squeezeサーバーにMediatombでDLNAサーバー

総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次

全記事一覧

情報サイト新着RSS一覧
sponsored link
アクセスランキング
 

スポンサードリンク

 
 

最新記事

 

AD:FLET'S はじめよう光
AD:Bフレッツ申し込むならフレッツタウン
AD:BIGLOBE◆フレッツ光で合計35,000円キャッシュバック
AD:@nifty 光ファイバー 只今キャッシュバックキャンペーン中!
 

ブログ内検索

 
カスタム検索
 

フリーエリア

 
クリックで救える命がある。
 

過去ログ +

 

2014年 09月 【3件】
2014年 08月 【8件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【4件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【8件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【4件】
2013年 10月 【1件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【1件】
2012年 04月 【1件】
2012年 03月 【5件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【5件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【12件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【22件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【29件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【15件】
2010年 05月 【20件】
2010年 04月 【18件】
2010年 03月 【23件】
2010年 02月 【27件】
2010年 01月 【29件】
2009年 12月 【33件】
2009年 11月 【23件】
2009年 10月 【24件】
2009年 09月 【21件】
2009年 08月 【24件】
2009年 07月 【25件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【25件】
2009年 04月 【25件】
2009年 03月 【21件】
2009年 02月 【20件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【56件】
2008年 11月 【56件】
2008年 10月 【31件】

 

アクセスカウンター

 
現在の閲覧者数:
 

プロフィール

 

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


 

メールフォーム

 

メールによる個別の質問にはお答えできかねます。 ご意見、苦情などは謹んでお受けした上で対応させていただく場合もあります

名前:
メール:
件名:
本文: