スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remix CD リリース

Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remix CD リリース
日本語RimixCDがリリースされました。
ま、サーバーの負荷とか速度的にTorrentがオススメ。

ただ、相変わらずi386しかないので、俺はいつものごとく本家を使っていますが。

ちなみにいくつか前の記事で触れましたが、日本語Remixと同じ状態にすることは可能。
リポジトリ追加とUpdateで。これはamd64でもおっけー。
Ubuntuの日本語環境

GPG鍵とレポジトリを追加
Ubuntu 10.10の場合:
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/maverick.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
[システム]-[システム管理]-[言語サポート]を開きます。標準の言語が設定されていることを確認します。設定されていなければ、利用したい言語のチェックをONにし、標準の言語を選択
日本語 Remix CDに追加されているパッケージと同じものをインストール
sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja



ま、これで日本語版セットアップヘルパもメニューにでるし。

しかしながら、本家のCDでも特に不便なく日本語環境は最初の選択のみで大丈夫です。基本的に。
さらに、今のリポジトリにあるibus-mozcはほとんどメンテされていなく、かなり古いVer.のままです。(メンテする気がなさそう)
で、ibusのPython暴走に関しては、俺のとこではこのJaのリポジトリ追加したら収集つかなくなったのがつい先日。
ま、ibusに関してはすぐFixされそうな気配?
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/ibus/+bug/637671
ただ、昨日今日辺りに原因が分かったばかりとのウワサもあるのでちょっとなんとも・・・

で、Mozcに関しては、うちのブログの過去記事でもamd64でビルドしたものは配布してるし(i386の方ごめんなさい><
(ま、過去記事からでも別館)からでも。
憩いの場さんでもリポジトリ作ってメンテしてくれてます
http://linux.ikoinoba.net/index.php?mode=page&aim=file
辞書ツールなんかもあるし、i386もあるし、俺がテキトーに自分の環境でビルドしただけのものよりは頼りになるかとは思いますよ。

Mozcは最新のほうがいろんな不具合解消されてていい感じです。(確定前の文字列が表示されないとか、色々あったので。Marverick上だと。

ま、手軽にキッチリ日本語環境作るには日本語Remix、いいと思いますけどね。
今回はとりあえず、ibusのPython暴走の件、ちょっと見守ってから様子見て使うのがいいと思いますよ。

関連記事
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Released!!
ibus(/usr/share/ibus/ui/gtk/main.py)がなぜかCPU100%使ってるのをなんとか直してみた
Pythonの暴走を止めろ!!ibus-mozcとの闘い再び
MozcUpdate(0.13.499.102) Marverickで問題なく動作してるよー
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Released!!

Ubuntu 10.10 Maeverick Meerkat 正式版が先程リリースされました。
公式TOP
http://www.ubuntu.com/

サーバーの負荷的にミラーとか
http://www.ubuntu.com/getubuntu/downloadmirrors#mirrors

個人的にはこういうときこそTorrent推奨。負荷的にも速度的にも。
というわけで各エディション、オプション付きDLリスト
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/ubuntu/releases//10.10/

俺はさっきからKtorrentでDL始めたんだけど、まだシーダーがいねぇ(見つからねぇ?)。またもや。
ま、数時間後には爆速DLできるでしょう。もう実機に入ってるしな。そんなに急ぐこともねーし。
(とか記事を書いてる間にシーダー来たみたい。今そこそこ速度出てますよー

さて、とりあえず英語版だけどリリースノート
https://wiki.ubuntu.com/MaverickMeerkat/ReleaseNotes
特にKnown Issuesはよーく読んどきましょう。どうも今回、特定のハードでの問題が多そうな印象なんだけど。
ま、俺のとこはfglrxが解決されてからは特に問題なく動いてますけれども。

と、一応技術概要
MaverickMeerkat/TechnicalOverview

つか、RCの時よりKnownIssues増えてる気が・・・ま、該当するハードの人や、該当する構成作ろうとしてる人は注意してくださいね、っと。

10/11追記
技術概要とリリースノート日本語版でてますね。一部未翻訳が残ってるみたいだけど。
https://wiki.ubuntu.com/MaverickMeerkat/ReleaseNotes/ja
https://wiki.ubuntulinux.jp/Develop/Maverick/TechnicalOverview



Boot, installation, upgrade and post-install
・At end of installation, when the system goes to reboot, the CD-ROM is ejected and throws up lots of errors: "end_request: I/O error, dev sr0, sector 437628". Pressing Enter will reboot and resume normally. These errors are harmless and can be ignored. (539027)

・ In dual boot installs, after using Windows applications that use the FlexNet Publisher, as a license manager, such software will overwrite GRUB, effectively breaking the boot process. This has been fixed for applications including Adobe Photoshop (CS4), Dell Datasafe backup, Autocad 2009,Adobe Flash Builder 4,UtraISO. If you have this problem with a new application, see the bug report to add its signature to prevent future problems (441941)

・ The Wubi Windows installer was reported to be unable to open Windows' boot configuration data store in some (but not all) cases. Investigation of the problems are ongoing (613288)

・ You cannot upgrade if wubi is installed to a partition other than Windows. (610898,653134)

・ Lenovo S10-3 systems don't boot. Temporary workaround: add "intel_idle.max_cstate=0" as a kernel paremeter at boot (634702). A fix already exists that will be available only at release time (647071).

・ Macbook's with EFI will not be able to boot the 64bit (amd64) version of Ubuntu 10.10 live cd. The i386 CDs will work. (633983)

・ When the XHCI module is loaded for USB 3.0 operation the system cannot suspend. Manually unloading XHCI will allow suspend to complete normally. To avoid future suspend problems, the workaround is to add SUSPEND_MODULES="xhci-hcd" to /etc/pm/config.d/unload_module then the system can suspend normally. (522998)

・ Hibernation may be unavailable with automatic partitioning. The default partitioning recipe in the installer will in some cases allocate a swap partition that is smaller than the physical memory in the system. This will prevent the use of hibernation (suspend-to-disk) because the system image will not fit in the swap partition. If you intend to use hibernation with your system, you should ensure that the swap partition's size is at least as large as the system's physical RAM. (345126)

・ I/O error after CD is ejected at end of install. In some cases, ejecting the CD at the end of installation will leave errors on the screen such as:

end_request: I/O error, dev sr0, sector 437628

these error messages indicate that the system is still trying to access some files on the CD, and are harmless except that they obscure the message asking the user to press Enter to reboot. You can safely remove the CD from the tray and press Enter at this point to reboot to your new Ubuntu system. (539027)

・ Upstart jobs cannot be run in a chroot. Upstart jobs cannot be started in a chroot because upstart acts as a service supervisor, and processes within the chroot are unable to communicate with the upstart running outside of the chroot (430224). This will cause some packages that have been converted to use upstart jobs instead of init scripts to fail to upgrade within a chroot. Users are advised to configure their chroots with /sbin/initctl pointing to /bin/true, with the following commands run within the chroot:

dpkg-divert --local --rename --add /sbin/initctl
ln -s /bin/true /sbin/initctl


・ The version of upstart included since Ubuntu 9.10 no longer uses the configuration files in the /etc/event.d directory, looking to /etc/init instead. No automatic migration of changes to /etc/event.d is possible. If you have modified any settings in this directory, you will need to reapply them to /etc/init in the new configuration format by hand. (402759)

File Systems
・ Performance regressions with ext4 under certain workloads. The default file system for installations of Ubuntu 10.10 is ext4, the latest version in the popular series of Linux extended file systems. ext4 includes a number of performance tuning changes relative to previous versions such as ext3, the file system used by default up to Ubuntu 9.04. These generally produce improvements, but some particular workloads are known to be significantly slower when using ext4 than when using ext3. If you have performance-sensitive applications, we recommend that you run benchmarks using multiple file systems in your environment and select the most appropriate.

・ Use of degraded RAID 1 array may cause data loss in exceptional cases. If each member of a RAID 1 array is separately brought up in degraded mode across subsequent runs of the array with no reassembly in between, there is a risk that the disks will be reported as in sync when they are not, resulting in data loss due to inconsistencies between the data that has been written to each member. This is an unlikely occurrence during normal operations, but admins of systems using RAID 1 arrays should take care during maintenance to avoid this situation. (557429)

・ Avahi will always start even if a .local domain is present. The avahi-daemon package, which implements the mDNS "zeroconf" standard, formerly included a check to avoid running when a conflicting .local DNS domain is present, as it was reported that some ISPs advertise such a .local domain on their networks, leaving Ubuntu hosts unable to see names advertised on the local network (327362). In Ubuntu 9.10, avahi-daemon is started regardless. It is possible that this may cause other problems. If your network is configured this way, you can disable mDNS using the following command:

sudo stop avahi-daemon
sudo sed -e '/^start/,+1s/^/#/' /etc/init/avahi-daemon.conf


・ NSS resolution breaks with LDAP over SSL in Ubuntu Server. Upgrading systems configured to use LDAP via SSL as the first service in the NSS stack (in /etc/nsswitch.conf) leads to broken NSS resolution afterwards such that setuid applications like sudo would stop working. To work around this, switch to the libnss-ldapd package instead of libnss-ldap before the upgrade, or use nscd. (423252)


・ Cryptsetup is not by default compatible with the version in 10.04LTS. An encrypted disk set up under 10.04LTS will fail to properly mount under maverick. This is because, as documented in the /usr/share/doc/cryptsetup/NEWS.Debian.gz, defaults have changed. So to mount a disk which was created in 10.04LTS with cryptsetup, in 10.10 you must specify the cipher as such: cryptsetup -c aes-cbc-plain create h /dev/sdb1 (622762)

Graphics and Display

・ Connected DisplayPort monitors may prevent booting when using the nouveau video driver. (655795)

・ External monitor connected via DisplayPort is not recognized when using the nouveau driver. (655800)

・ Image distortion (vsync) on some AMD ATI cards with the proprietary drivers. (303697)

・ The new Xorg 1.9 available in Maverick is not compatible with nVidia based chipsets that use the (nvidia-96) and (nvidia-173) drivers. (626974)

・ The logo will not display during but when using the Nvidia proprietary driver. (653274)

・ The wrong display port is chosen during install of Apple iMacs (Core i5). If you plug a second screen on the mini display port, you can install ubuntu normally using this 2nd screen. (542660)

・ Non-mirrored dual-screen setups may provide incorrect display on secondary monitor. (619663)

Networking & WiFi

・ 802.11n support for the iwlagn driver has been temporarily disabled. Intel is actively working to get this properly fixed up in the firmware. This workaround should be reverted once updated firmware is available. (630748)

・ "Additional drivers" proposes b43, but the installation fails with "Not supported low-power chip". This affects some Dell Mini 9 models and potentially any system with BCM4312 adapters.(655111)

・ Ubuntu 10.10 does not support the XDMCP protocol for remote graphical logins. Users who require XDMCP support will need to install another display manager, such as wdm or xdm, for this functionality (408417).

・ New drivers preventing "sleep" problem for RTL8111/8168B gigabit network adapter (usually onboard) are missing. (573259)

Input devices

・ Some fingerprint readers normally supported by fprint are not fully supported yet. Installing fprint from the latest PPA may work (640083, 657017, 657031). See the current bug list for libfprint0 to see if your device is affected and possible workarounds.

Common Desktop

・ When running on battery, clicking on the battery icon permanently says "Battery life (estimating...)". This affects some HP, Compaq, Dell and System76 systems (629258).

・Resizing windows with the Ambiance theme by grabbing window borders is difficult. This can be mitigated by switching to the Dust or Clear Looks theme (160311).

・Several panel applets may be displayed twice or overlap. (439448).

Common Desktop Applications

・ It is not possible to create Ubuntu 10.04 USB disks from the Startup Disk Creator in Ubuntu 10.10 due to a backwards incompatibility in the syslinux program.

・Adobe Air is not available for 64-bit.(←いつもじゃねw ま、ライブラリかませばいけるんだけど

・GDM does not support XDMCP. The version of gdm included in Ubuntu 10.10 does not support the XDMCP protocol for remote graphical logins. Users who require XDMCP support will need to install another display manager, such as wdm or xdm, for this functionality. (408417)

・ When uploading a file to a website, the file browse window doesn't show a preview when an image is selected. This only happens on some websites, when Flash is installed. It appears such websites replace the Nautilus "Browse" dialog with a Flash version (613886).

・ The Gwibber micro-blogging client no longer permits synching of account details across computers. The client was switched to SQLite for back end storage and to make it faster, but means that syncing of account details across computers is no longer supported.

・The Cheese webcam application has video recording related performance regressions. (610600)

・The Nautilus file manager application will sometimes create a non-existent device after the mount and umount of a device. (548546)



ま、俺のとこではハードの問題がない分、安定してるように感じるけど。
9.10、10.04といまいち体感できなかった起動の高速化が、なぜか今回ははっきりくっきり分かるほどの爆速起動。
あとはGnome+ibus+MozcでPythonがCPU100%食ってるのが、まぁ問題らしい問題ではあるけど、これも一回プロセス停止して再ログインすれば直るようにはなったし、KDEなら問題なしだし。

8.04→8.10の時の記憶がアレなので、10.10、結構キツイのを覚悟してたんだけど、拍子抜けするほど出来はいいと思いますよ。ま、10,04も出来は良かったし、敢えて10.10にしなければならないほどの「これぞ新機能!」な部分が少ないんですけれどもね。
あぁ、そうそう。初期バグが気になる人は数日後くらいに入れるのがいいんじゃないかと。最初の数日で「なんだそりゃw」みたいなのはほとんど潰されますからね。
あ、そういやインストール中のUpdateとMP3のアレは直ったのか?

関連記事
初めて触ったときのUbuntuっていうと・・・
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu 11.04 はNatty Narwhal そしてリリーススケジュールも。
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
Ubuntuインストール後最初にやることっていうと・・・ on Ubuntu10.04
MozcUpdate(0.13.499.102) Marverickで問題なく動作してるよー(なくはないw
Ubuntu10.04でも手放せないアプリたち
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
Ubuntu 10.10 Desktop 日本語 Remix CD リリース
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)

前々から書いてますが、うちのメイン環境ではLucidからソフトウェアRAID0を組んでるので、今回もインストールはこのAlternateを使いました。
これ、テキストベースのインストールになるもので、GUI環境でのインストーラーがメモリ不足なぞで止まってしまう方もこれならイケルかも。(ただし、その後デスクトップ環境を快適に使うにはかなりの工夫が必要かと・・・
ウワサによると192MB以下のコンピュータでもインストール可能らしい。
そして、LVMとソフトウェアRAIDをインストーラー標準でサポートしてる。これはでかい。

というわけで、昨日の記事に続き、今日はAlternateでのインストール手順なぞを。
テキストベースなので、ぱっと見とっつきにくいけど、やってることはフツーのインストールと同じ手順。
あ、あとServer版もこんな感じ。(最後にSamba、SSHなどを入れるか聞かれる程度の違い

さて、まずは少ないメモリでもヨユー、とのことなので。VirtualBoxにてとりあえずメモリを256に設定。
Screenshot-Fedora - 設定システムのとこから。実機じゃなくてごめんねごめんねー。
で、いつものごとくCDというか、ISOをマウントして起動。
Screenshot_20101003181656.png Screenshot-1_20101003181655.png
最初の画面はフツーのとほとんど変わりませんね。「試す」がないだけで。あ、「破損したシステムの修復」があるか。

で、当然インストールを選んで・・・
Screenshot-2_20101003181655.pngキーボードモード。まぁ、適当でいいです。何度か違うの試したことあるけど、違いが分からなかった、そんな程度のもの。
Screenshot-3_20101003181654.png言語の選択。

ここまでで分かるとおり、GUIインストーラーでクリッククリックで進んでたのを、キーボードの上下左右&Enterで進んでくのです。
Screenshot-4_20101003181653.pngキーボードレイアウト。

ここまで進むと、システムの情報やらを勝手に集めてくれる時間。特に待ってるだけ。すぐに済みます。
Screenshot-5_20101003182400.pngシステム情報とか、ネットワークとかを確認してくれます。

Screenshot-6_20101003182359.pngホスト名。ま、自分のうちで使う分には気にしなくておっけー。あとから変更もできるし。

Screenshot-8_20101003182358.png時間の設定。これも勝手に集めてくれます。

Screenshot-9_20101003182357.pngさて、キモになるパーティショニング。
ま、こだわらない方はガイドでディスク全体とか選んどけばいいんだけど。
Screenshot-10_20101003182357.png手動にするとこのように、一つ一つのパーティショニングを細かく設定できます。
実はRAID設定済みだと、ここで自動でRAIDデバイスが検出されるので、(俺の場合mdadmで組んでるので、md0、md1ってのが出てきます)
それを選択して、通常のパーティショニングと同様に、初期化するか否か、/ /boot /homeなどの割り当て、ファイルシステムの選択をすればおっけーなのです。
もちろんここでRAIDのセットアップもできるし、パーティションのリサイズもできます。が、これはテキストモードで編集ということで、partedコマンド使うような感じ。視覚的に確認しにくいので、慣れない方は先にGpartedなんかでパーティション切るのだけは済ませといたほうが楽で確実にいけるように思います。
ま、数字でサイズ入力できるから、細かく設定は出来るんだけどね。

Screenshot-11_20101003183246.pngこれはLVMの設定をするとき。
これは使ったことないのでよくわからんのだけれども、各パーティションごとに設定の時はこれを使えばいいのかな?

Screenshot-12_20101003183245.pngこれは上で触れたように、初期化とかマウントポイントの設定。一つ一つ選んでEnter押して編集。
終わったら下の方のこのパーティションのセットアップを終了、で他にあれば他のパーティションも同じように。

Screenshot-12_20101003183245.pngすべてのパーティションの編集がおわったら「変更の書き込み」
ここ、書き込んでしまうともとに戻せないので、最後にしっっっっっっっっっかり確認してからね。

Screenshot-14_20101003183244.pngあとはしばらく自動でベースシステムインストール。

Screenshot-15_20101003183243.pngベースシステムのインストールが終わると、ユーザーネームとパスワード入力。

Screenshot-16_20101003183241.pngで、/homeを暗号化するかどうか。セキュリティ気にする環境なら暗号化したほうが無難かも。

Screenshot-17.pngで、あとはaptやらパッケージをインストール。

Screenshot-18.png途中で言語サポート入れるかどうか聞かれます。
ここではどっちでもいいでしょう。インストール後にも入れれるし。

Screenshot-19.pngGrubのインストール。
デフォルトでは一番目のHDDのMBRに入れられるようになってるけど、変更も可能。
「いいえ」を選んで、/dev/sdbとか指定してやればおっけー。
というか、実はβの時には、こいつ、USBからやったんだけど、USBをsdaと認識してやがって、HDDにGRUB入らなくてLiveUSBにインストールされやがったのさ!
ま、USB挿せばすぐ起動したので、起動後にHDDにインストールしなおして事無きを得たのですが。
なので、マルチブート環境、複数HDDの環境な方は上の方のパーティション切るときの画面で、GRUBを入れるべきHDDが同認識されてるかは確認しといたほうがいいですよ。ま、正式版じゃそんなこたーないだろうけれども。

Screenshot-20.pngこれで完了です。
「続ける」でリブートかかるし、「戻る」を選ぶとインストール手順の任意の箇所をやり直すこともできます。
なので、例えばGRUBが不安だったらここで「いいえ」で、「パーティショニング」で確認して、「GRUB」でもっかい入れなおすとかできますね。ま、何事もなければ「続ける」で再起動しましょう。

Screenshot-21.pngはい。無事再起動。そして初起動。
さすがに256MBじゃもっさりもっさり。快適に使うにはWMの変更とか、色々と手を入れなくてはいけないかも。

手順的には煩雑に見えますが、実はGUIインストーラーのメニューとほとんど変わらず、数回インストール経験がある方ならフツーにいけると思います。ただ、逆に初めてインストールって言うひとにはちとキツイかもしれない。sdaって何よ?みたいに。

ま、この環境で約30分~40分程度。回線状態とかで多少変わると思いますが。
少ないメモリでもインストール可能、LVM、RAIDの設定がデフォルトでできる、ってのが強み。あ、でもBtrfsが実用的なとこまできたらLVMとRAIDはそれで・・・
ま、環境次第、または構築したい環境のためにはこのAlternate版、試してみてもいいかもですよ。

関連記事
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Release Candidate Released!!
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
Ubuntu Alternate版のレスキューモードは結構使えるかも。
Gpartedでパーティションリサイズ
UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Released!!
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。