スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu関連は当面停止します。すみません。

今まで非常にお世話になってきましたが、Ubuntuからは当面離れることにしました。
というか、ここ数週間の記事見てもらえればわかると思うんだけど、もう使ってないです。やめました。

ま、理由は色々あるといえばいろいろあるんだけど。ちょっとネガティブな内容になっちゃうかなぁ。
Ubuntu自体は非常に出来が良くなってきてて、刺激的で、Linux初心者にはまずおすすめできるデストリビューションだと思います。で、Ubuntu自体に不満とか、そういうのじゃないです。好きでした。

前に一度書いたんだけど、日本のコミュニティがもう嫌になってしまった。
絡むのも、絡まれるのも嫌だし、俺は自由にやっていたい、ただそれだけのこと。
そして、俺にとってこのUbuntuを取り巻く日本の環境はもう我慢ができなくて、「楽しく使い続ける」ことはできないという、非常に個人的な判断。

いやいややってる人を見るのは不快なんです。
いやいややってる人の愚痴や八つ当たりはもう勘弁なんです。
いやいややってる人から強要されるのも、全て楽しくないんです。
今、Ubuntuに触れていると、そういうのが全てごっちゃになって、全く楽しくないんです。
なので、離れることにしました。

Ubuntuのシェアが伸びると・・・いいこと悪いこと。
前にここに書いてた不満、たぶん、俺の中ではこれを書いた時点で限界に来てた。それを押し殺して、なんとか自分が楽しめる方向を模索してきたけど、それももう限界に来てしまった。

実は、たわごとさんのエントリからひと悶着あって、それは俺にとって完全に限度を超えたものだった。
またgedit使えるかな?
いや、かおりんさんのせいではないです。

頭の中を整理するのに時間がかかってしまったんだけど。もとになったこれに関して。
Ubuntu 10.10でgeditを使用している際、予測変換でtabキーを押した場合tabが入る場合の対処法
俺のスタンスはかおりんさんとは全く違うもので。
Japaneseteamに期待してないので、彼らがフォーラムを見ようと見まいと、俺にはなんの問題もありません。
フォーラムの存在価値については、去年?kana、東京花子とそれに釣られた奴らが散々なことになって荒れてた時点で、俺にとって存在価値は大してなくなってた。だから、ほとんど見てなかった。見ても不快になるだけだから。

むしろ問題は、

お願いですが、なんか困ったことがあったらみんなが見ているところに書いてください。
ブログとかtwitterとかSNSとか2chとかに書かれても、見ませんし反応できません。特にリリース直後の情報が増大している時期はですね。


これ、よく言われてるんですけど。
別にブログに書いたって、2chでがやがややってたっていいじゃない、と。
見てもらおうとも、それで直してもらおうとも思ってない。ただ、対策のために色々試行錯誤してるのが楽しくて、そのメモをブログに書いてたんだし、それを2chで情報交換してた。
ibusの問題にしても、俺が気づいたときにはすでにフォーラムに上がってたし、バグ報告もされてた。で、すぐFixはされなそうな気配だったので、現状何とかならんものかと試行錯誤してた。それを楽しんでただけです。

で、このかおりんさんの記事の方、「リンクを貼って批判するのはテロ行為」と言われてたんですね。
「フォーラムの価値が低下」という表現は確かにまずかったかもしれないけど、公式ページ以外のこと、個人ブログですよね。そこでの批判を「テロ」と扱う「公式メンバー」がいることに愕然としました。
以上はTwitter上のことなので、余り詳しく触れたくはないんですけど。名誉のために言っておくと、いくやさんではありません。

原点に帰って、よーく考えてみましたが。
そもそも「自由なOS」だったはず。利用、改変、再配布自由と。
しかし、JaのWikiにはこういう記述があって。
https://wiki.ubuntulinux.jp/JapaneseTeam

増えつつある日本語でUbuntuを扱うサイトとの関係をどのように築いていくか

* 世界中でユーザ主導のサイトが増えているが、Ubuntuコミュニティとは離れたところで「Ubuntuをどうカスタマイズするか」を議論していることが多く、フィードバックがないことが問題となっている。
*

国の中には、匿名フォーラムなどでUbuntuユーザが活発に意見を交換しているにも関わらず、LoCoが機能していないため、その国の言語に特有な問題の解決策が、いつまでたってもUbuntuに取り込まれないという状況に陥っている所もある。日本をそのような状況にするべきではない。
* Ubuntuはオープンなプロジェクトであり、「問題や改善案をフォーラムやKaizenプロジェクトに報告することがUbuntuをより良くしていく」という認識を広める必要がある。


これが、多分暴走している。
それは、日経の「Ubuntuは変わってしまった」という心無いネタ記事と、それに対する過剰反応から。
数あるWeb上のUbuntuを扱うコンテンツにおいて、、批判めいたことが見かけられると、「こんなとこでグチグチいってないでバグ報告しろよ」
バグ報告したところで、直らないということになれば、「自分でビルドしろよ」

これは、かめたんさん曰く「あしき開発者の慣習」とのことですが。
例えばこれとか。
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/linux/1286850512/6

_hito_ : ちなみにmozcのバージョンアップ問題は気づきつつ、
野良ビルドしてる人たちは自力解決するだろうと思って放置してたら
炸裂するほど問題になっていた。
待て貴様ら、というのがかなり本音。

_hito_ : @ikunya さっき検索してみたら、
mozcのプリエディット出てこない何とかしろ的な記述が
結構見あたりますね。
ほぼ100%ご自身の実力不足なので頑張って頂きたいところですが。


いや、ビルドできない、するのがコワイって人がPPA使ってたと思うんですけど。
ま、Twitter上の発言なのでアレですけど。PPA作ったけどメンテできないで放置ってのはまぁ、仕方ないんだけど。あれ維持するの大変だと思うし。でも、ユーザーに押し付けて逆ギレってどうなのと。
「ごめん、メンテできないわ」でいいじゃん。
で、文句言われたらそれを「非難中傷」としか捉えずに、ただただユーザーを軽視する、そして自分の責任は放棄する、この姿勢は我慢ができなかった。

そもそも、改変自由として配布されたものが、どうカスタマイズされようがそれはユーザーの自由であって。
そのカスタマイズの方法を議論するのも当然に認められるべき自由であって。
バグ報告は義務ではなく、できる人ができるときに協力する、というものであって。
バグ修正も、翻訳も、できる人ができるときに、できるだけ協力してくれるとありがたい、というものじゃなかったのかな?
いつから義務付けられたのかな?
バグかどうかわからないときは?原因追求まで進めなかった人はどうすればいいの?Launchpadの使い方がわからない人は?ビルドできない人は?
これらを見捨てたコミュニティの、どこに思いやりがあるの?
そしてコミュニティ以外のところですら批判を封殺する姿勢、どこに自由があるの?
日本でのUbuntuを取り巻く環境に、自由はない、というのが俺個人の結論。

で、これはまた個人的に、トラウマに触れてて。
以前、職場で非常に厳しい上司についたとき、彼がこういう人だったんですね。
「なんでも相談してね」→相談する→「そんなことは自分でry」→自分で考えてやる→「なんで勝手に」とボロクソに叩きのめされる→相談する→「お前の判断は全て間違ってて、お前の存在が迷惑」→何も判断できなくなったことを相談→「自信全くなしっすね(笑)」→なんとか自分で試行錯誤してミス→「お前がやってきたこと全てが間違いだったと証明された」と。
こういう上司のもとで約2年、なんとか耐えてきたけどこれ、結構トラウマになってて。これを思い出すのです。構図的に近くて。
だからもう、触れたくなくなってしまった。非常に個人的な理由。

色々考えた。けど、俺はもう楽しめない。そういう結論。
干渉されたくないから干渉しなかったけど。
その代わりに本家フォーラムや、海外サイトからネタ拾ってきたりしてたけど。
ただ言葉だけ「自由」を語って、それは独善的偽善で、結局「感想」としての批判も意見も存在しないでほしい、そういうのは公式メンバーの関与するいろんな所に滲み出ている。道場とか、うぶまがとか。
使ってほしくないなら公開しなければいいのに。嫌ならヤメればいいのに。

そして、こんなことを考えているのも馬鹿らしくなった。
もう、しばらく離れます。
今使ってるのはDebianとSUSE。どちらも出来はいいです。
そりゃ、Ubuntuに比べれば多少の不便はあるけど、俺にとっては「いやいややってる人からの情報」に感情を刺激されずに使えるほうがメリットですから。
少なくとも、趣味でやってる分、俺には「楽しく」やれることのほうがよほど重要な要素。

そもそも俺は本家からDLして、本家フォーラムとPhoronixが主な情報源なので、Jaはほんとは関係ないんだけど。
でもどうしても考えてしまって。それは非常に憂鬱で、全く楽しくなかった。

ま数年後に、状況次第で戻ってくることもあるかもしれないけれども。
Ubuntuの記事目的でここに来てくれてた人たちには非常に申し訳ないです。
でもアプリレベルの記事は応用も聞くかもしれないから、気が向いたら来てくれると嬉しいです。

長々と愚痴っぽくなってしまってほんとすんません。
あぁ、Fedora14出たんだよなー。これも試すかなぁ・・・

あぁ、そうそう。Project Mikunchu♪はかおりんさんがある程度引き継いで下さる様で、セットアップヘルパも進行させてくださいました。SpecialThanks!!
みくんちゅ♪セットアップヘルパを更新
俺はデストリ安定したら、Ubuntu以外でも使えるTipsやら確立してこーかなー、などと思ってます。
関係各所にご迷惑おかけして非常に申し訳ないです。。。
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。

決め手になったのはVIVA!UBUNTU!!さんのこの記事。
Ubutun 10.10にもATI/AMD向け高性能グラフィックスドライバ「fglrx」、「Catalyst」がやってきた! 
http://viva-ubuntu.com/?p=4143
え?おkなんすか?
いや、本家フォーラムでも行けたり行けなかったりみたいな話だったのでためらってたんだけど。
fglrxがMarverickに対応する兆し?

というわけで行ってみましたUbuntu10.10Marverick!!
結果から言うと、無事動いてるよ!!うちの5670!!
U-bonさんとこのは4xxxシリーズだったらしいので,4xxx/5xxxともにいけるんじゃね?たぶん。
Screenshot-Additional DriversJockey(Additional Drivers)にて無事認識。
これ、βの初期状態では確か認識しないので、Update適用してからなら大丈夫じゃないかと。

で、再起動してっと
Screenshot-Catalyst Control Center#160;はい、おっけー。
Ver.は前の記事でも話題にした8.78。視覚効果もバッチリ。AWNもバッチリ。Compizもバッチリ。

Screenshot_20100926220332.pngはいはい。問題ナッシング!!

Screenshot-Synaptic パッケージ・マネージャSynaptic見てみると、xorg-driver-fglrxは入ってないのよね。ま、動いてるからいいけど。
しかも、動画再生も問題ないしね。とりあえず不便は感じない。あ、Mozc・・・これは後で。


で、まぁ、いつものごとくUbuntuTweak入れて、保存しといたインストールアプリのリスト使って、あと10.04のときにやったちょこちょこと追加したのも入れて。まぁ、前回のごとくとりあえず大体使えるようになるまで一時間ちょい。もう慣れちったからね。
あ、僕は/homeは別にしてるので、大体の設定は引き継いでくれてますよ。FireStarterくらいか。
あと、野良ビルドとか自己ビルドしたパッケージはちまちま入れなきゃいかんけれども。

で、まぁ、普段からよく使うのは大体動きました。Mikutterも無事起動。一回こけたけど、依存パッケージ入れなおしたらおっけー。
Gwibberがまだ不安定な感じ。ま、俺にはMikutterがあるからいいけれども。

さて、唯一今問題なのはMozc。しかもibus-mozcオンリー。
前にちらっと書いたけど、確定するまで入力中の日本語文字列が見えねぇの。いや、変換押すと変換候補は出てくるし、確定すれば即現れるんだけど。
というわけで、これだけ暫定的にSCIMに戻して使用中。
ま、scim-mozcインストールすると、依存関係で怒られて、後にSynaptic起動すると勝手にSCIM関連入れなおしてくれるので、入れるの自体は簡単だし。
Screenshot-言語とテキストあとはシステム>言語とサポートからSCIM-Bridgeを選択して再ログインでおっけー。
scim.png久々に見るとちょっとごちゃごちゃしてるなー。
ま、使い勝手としては大差ないし、これでMozcも無事使えるし。

今のところこれ以外、目立った不具合らしき不具合はないなー。
Update完了するまではいろんなアプリ落ちまくってたけどw

ま、新しものスキーな方はそろそろ行ってもいいかもね。かなり実用的なレベルに来てると思いますよー。(ま、俺はfglrxだけのために待ってたんだけどw

関連記事
Ubuntu10.04.1が出てましたね。
Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βReleased!
Ubuntu10.10 β 実機に入れるのははもう少し待ったほうがよさそうよ。
MarverickのXorgのVer.にATIドライバは対応してないとか何とか
fglrxがMarverickに対応する兆し?
Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と
Marverickにきたfglrxの性能やいかに
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Release Candidate Released!!
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Released!!
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

fglrxがMarverickに対応する兆し?

これだけのために未だ実機導入をためらっている俺にとっては結構重大。
ちょっと進展あり?
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/fglrx-installer/+bug/573748

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/fglrx-installer/+bug/573748/comments/37

This bug was fixed in the package fglrx-installer - 2:8.780-0ubuntu1

---------------
fglrx-installer (2:8.780-0ubuntu1) maverick; urgency=low

* New upstream release.
- Fix build issues with kernel fix for CVE-2010-3081 (LP: #642518).
- Add compatibility with 2.6.35 kernels (LP: #573748).
- Add compatibility with xserver 1.9 (LP: #630599).
* Make the driver Depend on the appropriate xserver-xorg-video-$ABI
(LP: #616215).
-- Alberto Milone Wed, 22 Sep 2010 18:28:32 +0200


fglrx-installer - 2:8.780-0ubuntu1で直ってるとかなんとか。
し・か・し。

No 64-bit build?

2:8.780-0ubuntu1: i386
2:8.723.1-0ubuntu4: amd64


x64版がまだ出来てないとか?


% uname -a
Linux limelight 2.6.35-22-generic #33-Ubuntu SMP Sun Sep 19 20:32:27 UTC 2010 x86_64 GNU/Linux
% lspci | grep -i radeon
04:00.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc RV730XT [Radeon HD 4670]

I have fglrx-installer 2:8.780-0ubuntu1

No evident errors on install. No evident errors in Xorg.0.log. Yet I still cannot enable desktop effects.


4670 カーネル2.6.35-22にてエラーなくインストールできたけど視覚効果はまだ有効に出来てないよ、とか?

ふむ、まだまだちと問題はありそう。

というわけで、とりあえずV-boxに入れてるMarverickでパッケージは今どんなもんなのか確認してみた。
Screenshot-marverick [実行中] - VirtualBox OSEいや、小さくてすまない・・・
当然仮想環境なので実際の動作は試せないんだけど。
fglrxで検索かけると、fglrx、amdcccはFix版と言われている2:8.780-0ubuntu1になってるんだけど、xorg-driver-fglrxがまだ2:8.723.1-0ubuntu4になっている。
これが原因じゃねぇの?

ちなみにXupdateのリポジトリ有効にしてみたけど、これもまだ。
Screenshot-marverick [実行中] - VirtualBox OSE-1fglrx、amdcccは2:8.780-0ubuntu1になってるんだけど、xorg-driver-fglrxがまだ2:8.771.になっている。
ちなみにこの8.771はCatalyst10.9と同じVer.。10.9がMarverickのXに対応してないことは判明してるので、これ、入れてもムダ。
(Xとgdmの旧Ver.を入れれば当然使えるんだろうが、XのVer固定してLucidからUpgradeやら、Marverickで一時的にLucidのリポジトリ有効にするやら、およそオススメできそうにない方法ばかり。
つか、まだβだし、正式版なら別だけど、できるだけデフォルトに近い状態で使ってバグレポおくってあげたほうが役に立つだろうし、のちのUpdateで改善もなされるだろうし、とか考えるとこの方法は気乗りしなくて・・・

ま、でもとりあえずfglrx本体はMarverickにちゃんと対応したのがきてるようなので、xorg-driverに反映されるのも近いんじゃないかな?
あ、今日25日。30日にRCか。RCに間に合うといいけどねー。
そういえば、16日にフリーズかかってるはずなのにけっこうUpdateも来てるんだよな。ま、大丈夫かこれ?と思ってるうちに、正式版までには何とかしてくるいつもの光景・・・

あぁ、そうそう。NVIDIAの方はちゃんとプロプラ動いてるらしい(検証できてないけどウワサ)ので、これ、関係あるのはAMD(ATI)の人だけね。AMDの方はもうちょい待ちましょうね。たぶんもうすぐだし。

9/26追記
やっぱもう大丈夫みたい?
Viva!Ubuntu!!さんでこんな記事が
Ubutun 10.10にもATI/AMD向け高性能グラフィックスドライバ「fglrx」、「Catalyst」がやってきた! 
http://viva-ubuntu.com/?p=4143
どうやら問題なく動作してる模様。もう行っちゃってもいいかな?



関連記事
Ubuntu 11.04 はNatty Narwhal そしてリリーススケジュールも。
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βReleased!
Ubuntu10.10 β 実機に入れるのははもう少し待ったほうがよさそうよ。
MarverickのXorgのVer.にATIドライバは対応してないとか何とか
ATI Catalyst 10.9 Released
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
Marverickにきたfglrxの性能やいかに
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。