スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート

力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストールで起動不可に陥ったBackTrack4が復帰でできました。

起動時にでてた
request_module runaway loop modprobe binfmt-464c
これでググったらどうやら32bitOSを64bitカーネルで動かそうとしている?(逆かも)
ような記述をいくつか。(英語サイトばっかなんで何となくしか分からなかったけどw)

つーことは、32bitなBT4と64bitなUbuntu9.04のカーネルとOS本体がどっかでごっちゃになってるらしい。
なぜこんなことになったのかはよくわからないけど。
後から入れたUbuntu9.04のGrubがsda2のBT4を起動してて、でもBT4のbootに制御移ってからエラー?
よくわからないのでとりあえずGrubの設定を疑ってみる。
したらこれがいきなりビンゴ。

/boot/grub/menu.listを見るとなぜかBT4のRootがsda1になってる・・・なんだよもう!!
で、ここをsda2に変更。リブートしたらあっけなく起動^^
何度かインストールしなおしたりしたのは意味なかったと・・・
しかもその後インストールしたUbuntuのアップデートしたらカーネル新しくなってて当然ここでGrub再インストールされて・・・・
その後のmenu.list

# This entry automatically added by the Debian installer for an existing
# linux installation on /dev/sda2.
title BT4 (on /dev/sda2)
root (hd0,1)
kernel /boot/vmlinuz root=/dev/sda2 ro vga=0x317 quiet
initrd /boot/splash.initrd
savedefault
boot


あれ??さっきまでhd(0,1)じゃなくてsda2って表現だったじゃん・・・

うーん。このアップデートの量はβ分がきたっぽいしα版でしか起こらなかったのかも。。。
すると俺の苦労は一体・・・
いや、まあトリプルブートは無事完了したのでよしとしましょうか。

Screenshot--dev-sda - GPartedScreenshot--dev-sdb - GParted
一応完了後。
sdaにUbuntuとBackTrack。MBRにはGrubでsdaから起動すればUbuntu、BackTrack4、Vistaが選択可能。
sda1 70G ext4 Ubuntu9.04 /
sda2 20G ext2 BackTrack4
sda3を拡張パーティションでその中に
sda5 140G ext4 Ubuntu 9.04 /home
sda6 3.5G linux-swap

sdbにVistaとデータ。MBRにはVistaのろだ。こっち単独でVistaのみ起動可能。
sdb1 100G Vista
sdb2 400G データ

あー疲れたw
ちなみにUbuntu8.10でとったSBackUpのバックアップデータは移植しても読み込んでくれなかったのでどうやら残ってるデータを元に最初から設定し直しなようです。
FireFoxだけはFEBEですぐだったけど。
さて、今晩か明日にはUbuntu9.04βのレビューが書ける・・・かな?
とりあえず8.10で問題だった動画再生のちらつきっていうか点滅はなくなってるっぽいですよ^^

関連記事
パーティションコピーでHDDの構成変更の準備
力技トリプルブートその1 Vistaパーティションコピーで引っ越し
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
Ubuntu 9.04 βがかなりいい感じ。
BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したり
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
Gpartedでパーティションリサイズ
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール

BackTrack4は難しかったです。。。非常に。しかもあとからUbuntu入れたらまた起動できなくなってるし・・・

参考にしたのはまずこれ。
http://www.offensive-security.com/documentation/bt4install.pdf
でもなぜかブートできず。どうやらパーティション分けなくてもいけるっぽい?ので↓を参考に。
http://royalwin.blog.so-net.ne.jp/2009-02-17

パーティション切りなおして・・・
sda2をext2でフォーマットしてそこにインスコ。
BT4はISOが微妙にCD-Rに収まらない大きさなのでUnetbootinで作ったLiveUSBから起動。
最初ファイルコピーのとこでエラーが出て進めなかったんですが(たぶん)勝手にマウントしちゃってたのが原因っぽい?
ということでとりあえずアンマウント。

root@bt:~# umount /dev/sda2


で、一応BackTrack上からフォーマットしなおしてみる。

root@bt:~# mke2fs /dev/sda2


マウントされてるデバイスが置かれるフォルダmntにbtってフォルダ作ってそこにシステムファイルをコピーしていくらしい。

root@bt:~# mkdir /mnt/bt
root@bt:~# mount /dev/sda2 /mnt/bt
root@bt:~# cp --preserve -R \
/{bin,dev,home,pentest,root,usr,boot,etc,lib,opt,sbin,var} /mnt/bt


最初のアンマウントとフォーマットしなかったときはここのコピーでエラー吐いてましたがとりあえず無事突破。

fstabの編集。
Fix first line in /etc/fstab, and remove unnecessary mount lines. Add the swap partition to the fstab
so it gets loaded at boot time.
ってことは一行目を削ってブート時に読み込まなくていいデバイスけずっとけってことか?

root@bt:~# vi /etc/fstab



viの使い方はここを参考に。ZZで保存とかyyでコピーとか、めんどくさい・・・
http://www.cs.rit.edu/~cslab/vi.html
全く、今までUbuntuでNautilus gksuやらに甘えてviなんて使ったことねえしww

で、編集後はこんな感じ。

/dev/sda2 /mnt/sda2 ext2 auto,noatime,users,suid,dev,exec 0 0 # AutoUpdate
/dev/sda6 none swap auto,defaults,pri=1 0 0 # AutoUpdate
proc /proc proc defaults 0 0 # AutoUpdate
sysfs /sys sysfs defaults 0 0 # AutoUpdate
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0 # AutoUpdate
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0 # AutoUpdate



たぶんこれはブートローダーLiloの設定。Grubのmenu.listみたいなもんだと思います。たぶんだけど。

root@bt:~# vi /etc/lilo.conf


そのままだと
lba32
boot=/dev/sda
root=/dev/sda2
この辺がなんか違うとこさしてるようなので、sdaのBT入れたとこに直してやる。

で、Liloインストール?(たぶん)

root@bt:/# lilo -v


Exit→Reboot。

これでsdaから起動するとLiloのブートメニューが出て機動おkでした。

しかしこのあと安心してUbuntu9.04入れてみると・・・・
Grubの選択から選べるようになってたものの、BT4選択するとsda1がサポートされてない形式(ext4)でmodprobeがloopとかなんとか・・・
おい!!さっきfstabで編集したのは何だったんだよ!!
のぞいてみるとなぜかsda2のfstabはデフォルトのままだったのでUSBのBackTrackからもう一回書き直し。
そしてrebootしたんですが・・・・変らねえ・・・
なんなんだよもう!!
modprobeのblacklist設定かなんかでいけそうな気もするけど・・・とりあえずもう3時間以上格闘して疲れたので明日にしよう。Ubuntuの設定も・・・明日以降です・・・
あぁ。なんか9.04ベータはまだ公開されてない?のでα6でやっちゃいました。
どうせアップデートくるだろうといつものごとく適当な感じで。でももうだいぶん完成度高くなってますよ^^

関連記事
パーティションコピーでHDDの構成変更の準備
力技トリプルブートその1 Vistaパーティションコピーで引っ越し
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
Ubuntu 9.04 βがかなりいい感じ。
BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したり
BackTrack 4 Pre Final が出てたし。
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
Gpartedでパーティションリサイズ
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

力技トリプルブートその1 Vistaパーティションコピーで引っ越し

苦労しまくりw
↓の記事に構成あげてるんですがsdaが250GのVista+データ、sdbが500GのUbuntu+データのHDD2台構成。Linuxに慣れてない人はsdaってなんぞ?って感じだと思うので。
パーティションコピーでHDDの構成変更の準備で言ってたこれ。

今後の手順予定
1、sda2をext4でフォーマット。
2、Ubuntuパーティションをsda2にコピー。
3、Vistaパーティションをsda1→sdb1にコピー。(たぶんここでVistaのDVDからブートの修復が必要)
4、sda1をext4でUbuntu9.04インストール。



まず1、2で挫折。というかファイルシステム違うパーティションがコピー出来るわけねえじゃん。
コピーしようとしたらext4でフォーマットしてたsda2がext3に戻っちゃいます。
あたりまえですね。頭沸いてんのか、俺は・・・

というわけで飛ばして3。
EASEUSがめんどいのでUbuntuLiveCDについてるGpartedで。
まあsda1をコピーしてsdb1にPasteするだけなんですが。

これがコピー終わってsdaの接続きってsdbだけでブートするとGrub error17。
前もこんなのあったなーと軽く考えてVistaインストールDVDから「スタートアップの修復」
これでいけるはず・・・・・・・・・・・・・・・・・・だった。。。
修復完了してもGrubエラー。なぜ?もうVistaのブートローダーに上書きされてんじゃないの?
どうやら不用意にUbuntuパーティション削除(というかVistaに上書き)しちゃったのがいけないのか、
これは設定ファイル見失ったGrub本体がMBRに残って削除できない状況に陥ってるっぽい。

ちなみにここでGpartedを疑って一度EASEUSでやり直すも結果は同じ。
EASEUSってWin上のアプリでどーやってコピーするのかって思ってたらWin上でいったん設定して再起動するとOSより前にEASEUSが立ち上がってここでコピーしてくれるのね。。。けど時間かかりすぎじゃないかしら?
まあ、これでコピーエラーじゃなさそうってことがわかった。疑ってごめんよGparted・・・

と、いうことはだ。このsdbのMBRに居座ってしまったGrubを上書きせねばいけないようです。
うーん。修復が効かないとなると再インストールしかないか。
どうせこのまま起動できなきゃ再インストールだもんなー。Ubuntuあとから入れたらそのときに認識してくれてGrubから選択可能になる期待もあるけどできればここはsdb単独でVista立ち上がるようにしておきたいとこ。

というわけで再インストール。しかしこれでMBRが上書きされればVistaパーティションをあとからコピーしなおせば引っ越しできるはず!!
MBRはHDDの先頭セクタでOS選びに行く前に読み込むとこですからね。Vistaパーティションより前の部分に入ってるのです。
で、これがうまいこと成功。

Vistaをsdb1にクリーンインスコ→sdb1にsda1をコピー→スタートアップ修復って手順で復活です。
sdbのみつないでVistaインストール。インストール完了したら初回起動待たずにシャットダウンw
もうこの時点でブートローダーは入ってますから。
で、UbuntuLiveCDからGpartedでsda1をsdb1にパーティションコピー。で、完了したら「フラグの管理」で「Boot」にチェック。
小一時間で完了。sdbのみで起動するとスタートアップ壊れてるよってメッセージが。
ここでこれが出るのは予想外でしたがこれはWindowsのブートメニューのエラーなのでインストールDVDから「スタートアップの修復」で簡単に復帰可能です。
ここまでやって再起動。どうやら成功です^^
初回起動のみポインタがフリーズというお茶目なトラブルがあったもののこれは再起動してみたら治りました。なんでかわからんけどw
ファイルもざっとチェックしたところ壊れてるのはなさそう。
(旧)Dドライブのデータから直接設定してたとこ(おれの場合はアイコンの絵とか)だけちょっとおかしなことになってましたが(当たり前だとw)まあこの再設定はすぐだし。

教訓1:パーティションコピーはGpartedがわかりやすくて簡単でそこそこ早い。
LiveCDからのアプリなんで操作性もいいし。
教訓2:Ubuntuの削除は慎重にやれ。Grubが削除できなくなるのはかなりめんどくさい。

さて、あとはBackTrackインストールとUbuntuインストール後にHomeを復帰できるか・・・いやーこれもすんなりとはいかなそうだなー。(注:普通にUbuntuインストールしてデュアルブート構成するのはこんなに苦労しませんのでご安心を)

関連記事
パーティションコピーでHDDの構成変更の準備
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
Ubuntu 9.04 βがかなりいい感じ。
Gpartedでパーティションリサイズ
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。