スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と

今日の夕方のUpdateでMarverickのNautilusが吹っ飛びますた\(^o^)/
ま、部分的なアップグレードでやられたんだけれども。

ubuntu-desktop:
依存: evince しかしそれはインストールされません
推奨: totem しかしそれはインストールされません
推奨: totem-mozilla しかしそれはインストールされません


&NautilusとNautilus-dataが今、Ver.違いで依存関係が・・・
で、ログインしてもデスクトップアイコンが表示されない。確かこれはNautilusが立ち上がってないと、とか言う話を聞いたような記憶。試しに適当なフォルダ開いてみようとしても、端末から $ nautilus 打ってもダメ。やっぱね。
とりあえずパネルと起動メニューが生きてるので、問題ないといえばないんだが、カーソルずっと回ってるのうっとおしいしなー、と。
まぁ、たぶん数時間で解決されることだろうし、とりあえずKDEに逃げてみた。
が、これが結構いい感じ、ではある。

導入はいつものごとくコマンド一発
$ sudo apt-get install kubuntu-desktop
依存関係上、かなりのパッケージが導入されるので、多少時間はかかります。
終わったらログアウトして、ログイン画面の下の方、セッションからKDE選んでログイン。

まぁ、基本的には以前と大して変わらないんだけど、Conkyがいつのまにやら擬似透過じゃなく本物の透過になっているとのウワサを。
Conkyで擬似透過ではなく真に透過をする方法と画像表示をする方法

background yes
own_window yes
own_window_type normal
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
own_window_transparent yes
own_window_argb_visual yes←これが追加すべきオプション


らしい。

というわけで、/home/.conkyrcにこれを書き加える。

background yes
font Bitstream Vera Sans:size=9
xftfont Bitstream Vera Sans:size=9
use_xft yes
xftalpha 0.1
update_interval 1.0
total_run_times 0
own_window yes
own_window_transparent yes
own_window_argb_visual yes ←ココ
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
double_buffer yes
draw_shades no
draw_outline no
draw_borders no
draw_graph_borders yes
minimum_size 300
maximum_width 310


他の部分は前と一緒。

さてログインしてみると。。。ダメじゃん。。。Conkyのバックが真っ黒です。どうしたことか。
はい、これはですね。デスクトップ効果が有効じゃないとダメなんですね。

スナップショット1Compiz
スナップショット2Kwin
ビミョーですねー。これ、Kwinだとうっすらとテーマと同じ色?がついてるんですね。Compizは完全透明。
あぁ、ちなみにCompizとKwinの切り替えは、Compiz fusion iconを入れて、これ起動するとタスクトレイにアイコンが出るので、ここを右クリック→Select Window Managerで選択します。

さて、KDEといえば「KDEシステム設定」でほとんどの設定ができるんだけども。
ちょっとハマったのが、最初音が出なかったw
これは、まぁ、元々見当は付いてたんだけどね。
スナップショット6KDEシステム設定から「マルチメディア」
スナップショット7そう。出力デバイスがグラボになってたの。
これはGnomeでも過去何度かあったことで。
うちの環境では玄人5670には音声出力はなく!で、MBの音声出力使ってるんだけど、たまに検出時にグラボ出力が優先になってしまうんですね。
なので、ここの「音声出力」のとこの優先順位変えればおっけー。
あ、これはまぁ、Gnomeの「サウンド」のとこでも同じだったと思う。

あとはまぁ、外観の設定を適当に。
スナップショット3これはウィンドウの装飾。
テーマもそうなんだけど、この画面の右下、「新しい装飾を取得」すると
スナップショット4そのまま設定画面上でアップされているアイテムが見られて、そのままインストールできるのです。
これは便利便利。ん?Gnomeでもあったか?確か。
ま、こういうのは凝りだすと止まらないものなので、サイト回って選ぶのもまた楽しみの一つではあるんですけど、設定の続きとしてDL、インストールがあるってのはラクですね。

そしていつものごとく、KickOffはどーも使いにくいので「以前のメニューに切り替え」で古いアプリ起動メニューに変えてっと。
ま、とりあえずのところはフツーに使えるところまで。
あ、まだPlasmaウィジェット試してないんだよなー。

あととりあえず、現状、うちの環境では。
Kwinは結構もたつくことが多いですね。特に日本語入力、変換などが絡むと。まぁ、視覚効果抑えろよって話ですが。
Conkyのバックに薄く色ついてたほうがかっこいいなーとか思ってたんだけど、この表示速度・反応速度はちょっとストレスがたまります。
これ、Compizに切替えたらサクサク。今のところこっちのほうが圧倒的に実用的かな。

などと記事を書いている間に件のUpdateはちゃんとVer.揃ってリポジトリに来たようで。

さて、これでGnomeがまともに立ち上がってくれるといいんだが。ま、いろんなデスクトップ環境手軽に試せるのもまた楽しみの一つ、そしてβ使ってる間のこの程度のトラブルもまた楽しみの一つ、っと。


関連記事
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
Ubuntu9.10のKDEが話題になってるみたいなので試してみた。あとFluxbox,Xfce,LXDEも。
9.10のKDEはかなり面白いかもしれない。ということでちょっとカスタマイズ
KDE4.3.2はすごいかも。Plasmaも充実してるし。
KDEでCompiz&Emerald
8.10でconky起動
conky追記
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
スポンサーサイト
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

KDEでCompiz&Emerald

当然Ubuntu10.04β1での設定ですが。
KDEでCompiz使うとどうも不安定だったのがなんとかなったのとEmerald Thema Manager入れていくつかテーマ入れてみたのでそのメモ。
とりあえず俺の今の環境ではfglrx入れないとCompiz有効にしたときにWindow decoratorがまともに動かなかったのですが、fglrx入れてからはこれは解消。
というわけで本格的にKDEのCompizの設定にはいることにしてみました。
一応結果としては大体のところうまくいったんだけど、なにぶんKDE自体にあまり詳しくないので、いらん手順がいくつか入ってるかもしれないけれども。

Window DecoratorのKDE4は現状落ちてしまうので、今までとりあえずGTKを使ってたんですが、これじゃああまりにGnomeと代わり映えしなくていまいちな感じだったので、KDEの方ではEmeraldを使ってみることに。
これがか・な・り・いい感じなので、Gnomeの方でも使ってみたくなったりなどしているのですがw

まずSynapticから入れたのはemerald libemeraldengine-dev libemeraldengine0 oxygen-cursor-theme-extra。
「Emerald」で検索すると引っかかるので、それを導入。
で、Compiz Fusion Iconを起動すると、タスクバーの右クリックメニューのWindow decoratorにEmaraldが追加されてます。
スナップショット37もしかしたらこのために再ログインが必要かも。

で、Emerald自体はこのEmerald Thema Managerで設定できるんですが、これは後ほど。
なぜならまだCompizが不安定過ぎる!!もうね、ウィンドウ固まって操作できないなんてのは日常茶飯事。これはなんとかせねばやる気に関わります。
Compizの詳細設定で不必要なの削りまくってもダメだもんなぁ。
ということで、先日のKDEの記事で教えていただきました、KDEシステム設定から再挑戦。
スナップショット19デフォルトのアプリケーション>Window managerからCompizを選ぶとこまでは同じなんだけど。
ここで右側の「設定」ってボタンクリックすると・・・
スナップショット20簡易版Compiz設定マネージャーが起動するので、ここで適当に設定します。
結論から言えば、この操作が足りなかったっぽい。とりあえず俺としてはGnomeでいう通常効果相当があれば必要にして充分なので、「中」を選んで各タブから適当に設定足しましたが、たいしたことはしてません。
これでCompiz Fusion Icon起動して、Select Window ManagerからCompizを選択。
これで固まらなければとりあえずのところは成功。

さて、ではEmeraldの設定に。
まずはKDE.lookにでも行って素材を調達してきましょう。
Window decorationのBerylってのがEmeraldのテーマなので、いくつか気に入ったのをDL。
拡張子が.emeraldになってるので、これをそのままEmerald Thema Managerで開けばOK。
スナップショット21インストールに成功すれば、このように選択可能になります。
スナップショット23他にもタブの「テーマを編集」から細かい設定は色々出きるので、この辺はお好みで。
スナップショット24色なんかも設定できるし、「フレーム、影」からは透明度なんかも設定できます。

ちなみにこれでまともにCompizが動くようになったので、Konsoleの透過表示も可能に。
スナップショット39「設定」→「今のプロファイルを編集」から。下の方が透明度の設定。上の方は色とかね。
スナップショット38これでGnome terminalと同じように透過表示できます。
前は透過表示をサポートしてません、とか言って怒られちゃったんですよね。


スナップショット40ここまでやってかなりいい感じに。
テーマも好みだし、下の方、パネルのタスク表示のとこ、サムネイル表示も有効にできたし。
もはやWindows7にも負けない!!(まぁ勝負する気もないけどw

ちなみにこのテーマはSlicknesS Emerald。まぁ他にもいくつか入れたけど、やっぱなんかKDElook.orgはセンスいいのが多いっすね。
EmeraldであればBerylからhighest rated(評価がいい順)とか、Most Downloadedとかで並び替えるといいかもよ。
Emeraldに限らず、さらにKDE lookに限らず、カテゴリ選択したらこんな感じで並び替えるといいのが見つけやすいと思います。なにせ広いし、膨大な数がアップロードされてるからね。なんとかうまく目的のものにたどり着かないと、迷っちゃうもんw

ま、これでKDEの方もまだ詰めるところはあるものの、かなり快適&納得の行く感じになってきました。
週末これでつぶれたりしてなww

あ、肝心のLucidβ1ですが、毎日100近いアップデートが来つづけてて、これはかなり開発陣も本気出してきてるんじゃないでしょうかね。
β2のころには、細かいバグはそりゃたくさん残るでしょうけど、大分形になりそうな感じがします。
今、すでに常用に差し支えないレベルまであとちょっと、って感じかな?まぁ、人によりですが、ある程度使えればいいから早く試したい、って方はβ2辺りから使ってみるのもいいかもしれません。
今はまだ、不具合やらトラブルと戦うことや、日々変わっていくのを楽しめる人じゃないとキツいんじゃないかなぁ?と思いますよ。

関連記事
Ubuntu10.04 LucidLynx β1 Rereased!!
Ubuntu 10.04 β1 実機突貫!
Ubuntu10.04 β1の実機導入はまだ時期尚早だったかもしれない。
KDE始まったな on Lucid
LXDEもいけてるね。on Lucid
ATIドライバfglrxをLucidに投入。
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
これはいいかも。Nautilus Elementary 2.30 for Ubuntu 10.04 Lucid Lynx
Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu9.10でCompizのビューポイントの切り替えをマウスホイールで。

9.04まではデフォルトで効いてたんだけどなぁ・・・
えー、俺はCompizは展開で仮想デスクトップ2つというたいして面白みもない設定で使ってるんですがw
ま、実用性重視ってことでね。

で、9.10にしたらマウスホイールのスクロールでの仮想デスクトップ切り替えが効かなくなっとる!
この辺は地味に便利だったので使い勝手が変わると結構響きます。
で、設定してみようと思ったんだけど、このボタン割り当てが分かりにくいす・・・
ということで調べてみました。

「Compiz Fusion」の設定の仕方 うんぬんネット
[Button1]が左クリック、
[Button2]がホイールクリック(ミドルクリック)、
[Button3]が右クリック、
[Button4]がホイールの上スクロール、
[Button5]がホイールの下スクロール、


なるほどね。ボタン4、5を割り当てれば良かったらしい。

ということで設定。
システム>設定>Compizconfig設定マネージャー
Screenshot-CompizConfig 設定マネージャ展開をクリックして・・・
Screenshot-CompizConfig 設定マネージャ-1「割り当て」タブから。
「次のビューポート」「前のビューポート」のとこにボタン4、5をそれぞれ割り当てればOK。

Screenshot_20091118073050.pngはい。無事効くようになりました。マウスホイール。

ちなみにもうひとつ。UbuntuTweakで設定できるんですが(つかCompizの設定マネージャー項目多すぎて分かりにくくてw)、俺的に便利だなと思うのは
Screenshot-Ubuntu Tweakタイトルバーダブルクリックでロールアップ。
使ってないウィンドウはこれでロールアップしとけば邪魔にならないんですよね。
これに病みつきで、たまにWindows起動したときに思わずダブルクリックしちゃったりww

もっと凝りたい方は↓が参考になりそうかと思います。
3Dデスクトップ(Compiz Fusion)関連(Ubuntu 8.10編)
8.10での設定だけど、かなり細かいとこまで説明されてますよ。

関連記事
Ubuntu 9.04でもUbuntuTweak。そしてchromium
Ubuntu 9.10α6復旧にUbuntuTweakとフォント適用と
Ubuntu9.10デスクトップカスタマイズ・Gnomeの場合
Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。